「天河伝説殺人事件」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

天河伝説殺人事件の概要:新宿の高層ビルの前。多くの人がいる中、一人の男が突然倒れて死亡した。男は天河神社の御守り「五十鈴」を持っていた。男が何者かに毒殺されたことが判明したため、仙波警部補と倉田刑事は天河神社を訪れ調査を開始した。

天河伝説殺人事件の作品情報

天河伝説殺人事件

製作年:1991年
上映時間:109分
ジャンル:ミステリー
監督:市川崑
キャスト:榎木孝明、岸恵子、日下武史、財前直見 etc

天河伝説殺人事件の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『天河伝説殺人事件』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

天河伝説殺人事件の登場人物(キャスト)

浅見光彦(榎木孝明)
ルポライター。兄の陽一郎は警察庁刑事局長。事件が起きると放っておけず、探偵の真似事をしてしまう。
長原敏子(岸恵子)
旅館・天河館の女将。美しい女性。孤児で、苦労しながら生きてきた。とある秘密を抱えている。
水上和憲(日下武史)
能楽の名家・水上流の宗家。息子の和春は他界している。和春のための追善能を機に、引退を表明する。
水上秀美(財前直見)
水上和憲の孫。能の才能に溢れた人物。だが、水上流の宗家になるつもりはない。気が強い性格。
水上和鷹(山口粧太)
水上和憲の孫で、秀美の異母兄妹。水上流の宗家になるつもりはない。天河神社の巫女である福本千代栄と愛し合っている。

天河伝説殺人事件のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『天河伝説殺人事件』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

天河伝説殺人事件のあらすじ【起】

新宿の高層ビルの前。多くの人がいる中、一人の男(川島幸司)が突然倒れて死亡した。同じ頃、奈良県吉野郡天河村の山深い場所で、一組の若いカップル(福本千代栄と水上和鷹)が会っていた。一方、東京の田園調布の屋敷内で、四人の男女が激しく対立していた。やはり同じ頃、旅をしていた浅見光彦は、吉野の町外れで亡くなった鳥を拾っていた。浅見は鳥を埋める場所を探していたのだが、密猟に間違えられ警官に連行されてしまう。困っていたところを、浅見の行いを見ていた女性・長原敏子に助けられる。

12年前に急逝した水上家の元後継者・和春のための追善能を催すため、話し合いが行われた。能楽の名家・水上流の宗家である水上和憲は、当日に行う予定を話した。孫の和鷹と秀美には能の曲目・二人静を披露するよう指示した。どちらが主役を務めるかは、二人の稽古を見て決めるつもりだった。さらに、和憲は追善能を終えた後、引退することを表明する。

和憲が跡継ぎにと望んでいるのは、秀美の方だった。和鷹はそれで文句はなかったが、秀美は跡を継ぎたくなかったので嫌がった。一方、川島を司法解剖した結果、毒殺されたことが分かった。死亡したとき、川島は天河神社の御守り「五十鈴」を持っていた。仙波警部補と倉田刑事は天河神社を訪れた。購入者の名簿はあったが、1000人分もあった。一方、天河神社の巫女である千代栄は、和鷹との交際を両親に反対されていた。

天河伝説殺人事件のあらすじ【承】

浅見は能についての旅情ルポを書くため、天川村を訪れた。そこで、敏子が女将を務める旅館・天河館に宿泊することを決める。その後、浅見は天河神社を訪れ、宮司から話を聞いた。天河神社では例年、薪能が行われていた。そして、能に使われる様々な面が宝物庫に保管されていた。

水上流の長老である高崎義則が何者かに殺された。高見は林道で高崎に会っていたため、犯人と間違えられてされて捕まってしまう。しかし、アリバイがあったことから、すぐに釈放された。和鷹と秀美は現場を確認した後、天河館に宿泊した。

「五十鈴」の購入者名簿を調べたが、川島幸司の名前はなかった。仙波警部補達は天川村に来たのは無駄足だったとがっかりするが、浅見に全ての事件が繋がっている可能性があると言われる。仙波警部補達は浅見と新宿で会い、分かったことを教えた。仙波警部補達の調べにより、川島と高崎が喫茶店で会っていたことが分かった。仙波警部補は高崎が川島を殺し、その復讐のために高崎が殺されたのだろうと推理した。

和憲は能の曲目・二人静の主役を和鷹に任せることを決定した。それは、和鷹が後継者に決まったのも同然だった。秀美はその決定に満足していたが、秀美を後継者にしたかった母の菜津はショックを受ける。秀美は母を慰めた。その時、和鷹が異母兄妹だと教えられる。菜津は和鷹が誰の子か知らなかった。

天河伝説殺人事件のあらすじ【転】

追善能が行われた。そこで、和鷹が毒殺される。和鷹は和憲が演じるはずの『道成寺』を披露しようとしていた。和憲の代わりを務めることは、和鷹と和憲以外、誰も知らされていなかった。浅見は小道具の「雨降らしの面」の裏に毒が塗られていたのではないかと推理する。仙波警部補は面を探すが、何者かに持ち去られた後だった。

和鷹に使われた毒は、川島に使われた物と同じものだった。秀美は和鷹を疎んでいた母の犯行ではないかと危惧していたが、浅見はそれを否定した。和鷹と和憲の入れ替わりを誰も知らなかったため、本当は和憲が命を狙われていた可能性が高いと推理したのだ。浅見は和鷹の生みの母の存在に着目する。

浅見は天河館を訪れた。敏子は薪能の準備の手伝いで、天河神社に行っていて不在だった。仲居の石渡ユリは浅見を部屋に案内しながら、少し前に敏子が突然寝込んだことを話した。一方、天河神社の宝物庫で「雨降らしの面」が保管されていたため、宮司が犯人ではないかと警察に疑われていた。

敏子は秀美を連れて天河神社の神輿蔵を訪れた。そこは人気がなく、秘密の会話をするのに最適の場所だった。敏子が秀美と話していると、慌てた様子で浅見が駆け込んできた。浅見は川崎と敏子が同郷だと知り、川崎の同窓会名簿を調べていた。川崎と敏子は中学の同級生だった。

天河伝説殺人事件の結末・ラスト(ネタバレ)

敏子は和鷹の生みの母だった。敏子は孤児で、引き取り先でも大切にされず苦労していた。それを中学の担任が不憫に思い、天河館の主人に託した。敏子はそこで和春と出会い、愛し合うようになった。そして、和鷹を身籠った。だが、生後間もない和鷹を水上家に奪われてしまう。その代わり、和鷹を宗家にするという約束の証として「五十鈴」を渡されたのだ。

川島は能衣装などを扱う会社に勤めており、その販路を広げたいと野心を抱いていた。敏子と水上家に繋がりがあることに気づき、敏子に近づいて「五十鈴」を奪った。川島は「五十鈴」を見せ、自分の会社と取引するよう高崎を脅した。秀美は高崎が川島を殺したのかと危惧するが、敏子がそれを否定した。川島を毒殺したのは敏子だった。薬と毒薬を入れ替えたのだ。

高崎は敏子の犯行に気づき、会いに行った。高崎は秀美ではなく男の和鷹が跡を継ぐべきだと考えていた。しかし、敏子が人を殺したことで、跡を継がせることができなくなった。敏子は咄嗟に高崎を崖から突き落として殺してしまったのだった。敏子はそれ以上犯行について語ることができず、神輿蔵を立ち去った。浅見は和鷹を毒殺してしまったのは、敏子だと秀美に教えた。本当は和憲を殺すつもりだった。そして、和憲は敏子の犯行に気づき、面を隠したのだった。

薪能の後、和憲は敏子と会った。和憲は敏子の犯行を知り、約束を破って秀美に跡を継がせようと考えていたことを後悔していた。そして、和鷹に跡を継がせることを決めたのだ。その結果、敏子に我が子を殺させてしまったのだった。敏子は和鷹を手放したことを後悔していた。和憲から「雨降らしの面」を受け取り、和鷹を思いながら自殺した。その後、秀美が宗家に選ばれた。

天河伝説殺人事件の感想・評価・レビュー

「浅見光彦・事件簿ファイル第一号」として制作された作品で、雰囲気としてはフジテレビ系列で放送されていた『浅見光彦シリーズ』そのままという印象である。金田一耕助などのミステリーものが好きな方なら、楽しんでみることができるのではないかと思う。母子の悲しい別れが描かれていて、長原敏子の気持ちを思うと辛くなった。和鷹と敏子が親子だと知った後に二人が会話しているシーンを振り返ると、敏子がとても愛おしそうに和鷹を見ているのがよく分かる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする