「ハイジ アルプスの物語」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ハイジ アルプスの物語の概要:ハイジは山小屋に一人で暮らす、祖父のアルムおんじの元に預けられることになった。始めはぎくしゃくしていた二人だったが、家族として大切に思うようになる。そんなある日、叔母に騙され、ハイジはフランクフルトのお屋敷に引き取られることになった。

ハイジ アルプスの物語の作品情報

ハイジ アルプスの物語

製作年:2015年
上映時間:111分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:アラン・グスポーナー
キャスト:アヌーク・シュテフェン、ブルーノ・ガンツ、イザベル・オットマン、クィリン・アグリッピ etc

ハイジ アルプスの物語の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ハイジ アルプスの物語』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ハイジ アルプスの物語の登場人物(キャスト)

ハイジ(アヌーク・シュテフェン)
両親が他界しており、叔母のデーテに育てられていた。デーテが育てられなくなったことで、アルムおんじの元に預けられる。元気で明るい性格。
アルムおんじ(ブルーノ・ガンツ)
ハイジの祖父。人嫌いで、山小屋に一人で暮らしている。頑固者。ぶっきらぼうだが、本当は心優しい人物。
クララ・ゼーゼマン(イザベル・オットマン)
母が他界してから病気になり、足が不自由になった。父は仕事が忙しく、家にほとんどいない。友達がおらず、孤独な日々を送っている。
ペーター(クィリン・アグリッピ)
ヤギ飼いの少年。父は他界しており、母と祖母と一緒に暮らしている。食いしん坊。勉強は苦手。
ロッテンマイヤー(カタリーナ・シュットラー)
ゼーゼマン家の執事兼教育係。厳しい性格で、ちょっとのミスも許さない。教養がないハイジを目の敵にする。

ハイジ アルプスの物語のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ハイジ アルプスの物語』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ハイジ アルプスの物語のあらすじ【起】

ハイジは両親を失い、叔母のデーテに育てられていた。だが、デーテが新しい仕事に就き育てる余裕がなくなったことから、祖父のアルムおんじに預けられることになる。アルムおんじは人嫌いで、村ではなく山の中で一人生活していた。アルムおんじは引き取ることを拒否するが、デーテはハイジを置いて帰った。

アルムおんじはハイジの引き取り手を斡旋してもらうため、牧師の元を訪ねた。牧師は三日後に町に行く用事があるため、農家を当たってみることを約束した。もしそれで見つからなければ、ハイジは施設に行くことになった。ハイジは施設に行きたくないことを告げるが、アルムおんじは何も言わなかった。

アルムおんじはヤギ飼いの少年・ペーターに、ハイジに山を案内してやって欲しいと頼んだ。ハイジに食事を持たせ、見送った。家から離れた後、ペーター達が休憩していると、ヤギ同士が喧嘩を始めた。喧嘩をするとお乳の出が悪くなってしまうため、ペーターは鞭で叩いてお仕置きをした。ハイジはヤギが痛めつけられることに心を痛め、自分の食事を半分あげる代わりに鞭で叩かないことをペーターに約束させた。

ハイジはペーターから、アルムおんじが人殺しだという噂を聞く。ハイジは激しく動揺した。アルムおんじはいつもと違うハイジの様子を見て、噂を聞いたことに気づく。人殺しであることを否定しなかったが、肯定もしなかった。噂を信じるかどうかは、ハイジの判断に委ねた。ハイジは自分が感じた、不器用だが優しいアルムおんじを信じることにした。

ハイジ アルプスの物語のあらすじ【承】

アルムおんじはハイジを育てることを決め、彼女のための椅子を作った。冬の間、ペーターは学校に行かなければいけなかったため、山に行くことはできなかった。牧師はハイジも学校に通うことを勧めるが、アルムおんじは行く必要がないと拒否した。冬に子供一人で村に通わすのは危険だと考えたからだった。

ハイジはペーターもおらず、一人でいることを寂しがっていた。アルムおんじはソリに乗ってハイジをペーターの家まで送り届けた。ペーターの母や祖母はハイジを温かく迎え入れた。ペーターの祖母は歯がなく目が見えなかった。ハイジは学校に通わなくても、歯で物を食べ目で見ることができる自分を幸せ者なのだと感じた。

春が訪れたある日、デーテがハイジを迎えに来た。フランクフルトの大富豪ゼーゼマンが娘
・クララの話し相手を探しており、ハイジを引き取ることになったのだ。ハイジはアルムおんじの元を離れたくなかったため、嫌がった。デーテは嘘を吐いてハイジを無理矢理連れ出し、汽車に乗せた。

ハイジはお屋敷でクララと出会った。クララは足が不自由で、車椅子で生活していた。ハイジとクララはすぐに仲良くなるが、屋敷にはとても厳しい教育係のロッテンマイヤーがいた。ロッテンマイヤーは礼儀作法を知らないハイジに怒りを覚える。

ハイジ アルプスの物語のあらすじ【転】

ハイジはクララと一緒に、家庭教師の授業を受けることになった。しかし、文字を読むことができなかった。ロッテンマイヤーは教育がないハイジに衝撃を受け、ゼーゼマンが帰宅次第ハイジを山に帰すことにした。

クララの足が不自由になったのは、母が亡くなった後病気になったからだった。父はクララのことを心配していたが、仕事でほとんど家にいなかった。クララは屋敷の中で、孤独に耐えていた。

ハイジはアルムおんじと暮らしていた山を恋しがっていた。屋敷からは見ることができなかったため、高い塔に上るためにクララと一緒に町へと出かけた。クララは階段を上ることができなかったため、ハイジ一人で塔に上った。ハイジは見晴らしのいい場所で山を探すが、見つけることができなかった。

ハイジ達が屋敷を抜け出したことがバレ、騒動になっていた。ロッテンマイヤーはハイジを強く非難した。罰として、ハイジに食事を与えなかった。ハイジは屋敷での窮屈な生活に嫌気が差していた。山に帰ろうとするが、ロッテンマイヤーに止められる。そして、ペーターの祖母のために集めておいた柔らかいパンを奪われてしまう。

ハイジしか友達がいないクララは、ずっと傍にいて欲しいとお願いした。山を恋しがるハイジは勉強に身が入らず、本来の元気で明るい性格も失ってしまう。そんな時、ゼーゼマンがクララの祖母(おばあさま)を連れて帰ってくる。

ハイジ アルプスの物語の結末・ラスト(ネタバレ)

ロッテンマイヤーはハイジのダメなところをゼーゼマンとおばあさまに報告した。おばあさまはロッテンマイヤーの話を鵜呑みにせず、自分の目でハイジを見て判断することにした。おばあさまは羊飼いの物語をハイジに途中まで読み聞かせた。そして、続きが気になるのなら字を覚えるよう、優しく諭した。

おばあさまはハイジと接し、優しい子だと感じていた。そして、ここでの生活に合わず、窮屈な思いをしていることを見抜く。あばあさまはそのことをゼーゼマンに話した。しかし、クララがハイジのお陰で明るくなっていたため、ゼーゼマンはハイジを山に返すのを嫌がった。

ハイジは文字が読めるようになったが、その表情は明るくなかった。あばあさまはハイジを心配しながらも、屋敷を出て帰っていった。そんな時、ハイジが夢遊病を発症していることが発覚する。山を恋しがっており、心が参っていることが原因だった。医師はハイジを山に返すべきだとゼーゼマンに伝えた。悩んだ末、ゼーゼマンはハイジを返すことにした。クララは寂しさからハイジに辛く当たり、部屋に籠ってしまう。

ハイジはいつか山にクララを連れて来て欲しいとゼーゼマンにお願いし、山へと帰っていった。ハイジはペーターの家に行き、柔らかいパンやソーセージをお土産として渡した。そして、家に帰ると、アルムおんじと抱き合って再会を喜んだ。ハイジは本来の明るい性格を取り戻し、ペーターと一緒に山を登った。

ハイジは冬の間学校に通うため、アルムおんじと一緒に村に引っ越した。ハイジは作家になるという夢を抱いていた。クララに手紙を書き、返事を待った。春のある日、クララとおばあさまがアルムおんじの家を訪ねてくる。ハイジは再会を喜んだ。クララはハイジと一緒にしばらく生活することになった。ハイジが帰って元気を失くしていたクララは、明るさを取り戻す。

ペーターはハイジとクララが仲良くしていることに拗ね、クララの車椅子を壊してしまう。アルムおんじはそのことに気づく。クララを背負ってハイジと一緒に山を登ると、ペーターに二人のことを任せた。

クララは立ち上がれるようになり、ペーターとハイジに支えてもらいながら歩いた。クララを迎えに来たおばあさまとゼーゼマンは、歩いているクララを見て驚く。おばあさまは物語を書くためのノートをハイジにプレゼントした。クララはハイジに別れを告げ、おばあさま達と帰っていった。

ハイジ アルプスの物語の感想・評価・レビュー

実写映画だが、アニメのアルプスの少女ハイジと雰囲気が変わらず楽しめた。むしろ、壮大な自然やハイジの自然な明るさと可愛い笑顔が見られて、個人的には実写映画の方が好きだなと思った。屋敷から山に戻ったハイジが、アルムおんじと再会する場面は思わず泣いてしまった。二人のお互いを大切に思う気持ちが伝わってきて素敵だった。登場人物の中で、特にクララのおばあさまの性格が好きだった。人の意見に惑わされず自分の目で見たことを信じるところは、参考にしたいと思う。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする