「地上最大のショウ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

地上最大のショウの概要:サーカス団の監督を務めるブラッドは、低下する興行収入を食い止めるため、空中ブランコ乗りのセバスチャンを仲間に迎える。同じく空中ブランコ乗りで、ブラッドの恋人であるホリーは、セバスチャンが来ることで自分が主役を奪われることにヤキモキする。この三人の繰り広げるさまざまな恋模様を描きつつ、サーカスを生で観ているような気分を味わわせてくれる、豪華絢爛なエンターテイメント作品。

地上最大のショウの作品情報

地上最大のショウ

製作年:1952年
上映時間:152分
ジャンル:コメディ
監督:セシル・B・デミル
キャスト:チャールトン・ヘストン、ベティ・ハットン、ジェームズ・スチュワート、コーネル・ワイルド etc

地上最大のショウの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『地上最大のショウ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

地上最大のショウの登場人物(キャスト)

ブラッド(チャールトン・ヘストン)
サーカス団の監督を務める。サーカスを本当に大切に考えており、厳しく熱心に団員の教育に当たっている。ホリーと付き合っており、彼女のことも大切に思っているが、恋愛に関しては少々不器用なところがある。
ホリー(ベティ・ハットン)
空中ブランコ乗りの女性。ブラッドと付き合っており、彼が大好き。勝ち気で乙女なところがある。
セバスチャン(コーネル・ワイルド)
女たらしな空中ブランコ乗りのスター。我が道を行き、型にはまらない性格。同じ空中ブランコ乗りで、一生懸命なホリーに恋をする。

地上最大のショウのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『地上最大のショウ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

地上最大のショウのあらすじ【起】

ブラッド率いるサーカス団の興行収入の低下が問題視されていた。ショーの回数を減らそうという意見が多く集まる中、ブラッドは少しでも多くの人にサーカスを楽しんでもらいたいため反対する。そして、セバスチャンという一流のブランコ乗りを仲間に迎え入れたらどうかと話を持ちかける。結果、ブラッドは、成功を約束し、セバスチャンを仲間にすることとなる。

ブラッドの恋人であり、空中ブランコ乗りであるホリーは、ブラッドがセバスチャンを連れてくることにひどく怒る。自身が努力で勝ち取った、ブランコ乗りのスターの座をセバスチャンに取られてしまうからだ。しかし、ブラッドはサーカスが命。仕事に私情を持ち込まない性格のため、ホリーの言い分を聞こうとしない。ホリーは、ブラッドが自分よりもサーカスを優先することに落ち込んでしまう。

地上最大のショウのあらすじ【承】

セバスチャンがブラッドのサーカス団にやってくる。女たらしで自分の道を行くセバスチャンは、交通ルール違反で警察に追われながら、ド派手に登場する。サーカスに所属するさまざまな女性がセバスチャンと親しげに話す。そんなセバスチャンに見向きもしないホリーに、セバスチャンが気に留めて話しかける。セバスチャンはホリーが、同じ空中ブランコ乗りだと知り、センターのブランコをホリーに譲ろうとするが、それを聞いたブラッドが即却下する。ホリーはまた怒り、セバスチャンからセンターの座を奪ってみせるわ!と意気込む。

サーカス本番。ホリーとセバスチャンは隣に並びながら空中ブランコのショーを披露する。安全ネットなしの真剣勝負となる。皆がハラハラしながら見守る中、ブラッドは、二人の競い合うようなパフォーマンスに、すぐに辞めさせろと怒る。しかし、全てを無視して二人は人間離れした技を披露し、競い続ける。なんとか無事にショーが終わる。

ショーを終えたホリーは、セバスチャンとの真剣勝負に達成感を覚える。自分の成功に大喜びするホリーを、ブラッドが競争は辞めろとひどく叱る。しかし、この気持ちはセバスチャンのような空中ブランコ乗りにしか分からないわと言うホリーであった。

地上最大のショウのあらすじ【転】

サーカス団は、次から次へと場所を移動し、さまざまな都市でサーカスを披露する。また新たな場所でショーが始まるのだ。ホリーとセバスチャンの戦いは、最高潮を迎える。ホリーが新記録に挑戦し、紐一本で回転を続ける。それを見たブラッドは、無理やりホリーを地上へ降ろす。地上へ降ろされたホリーは、あと少しで新記録だったのにと、ブラッドに怒りを爆発させる。しかし、実は紐が切れる寸前で、あと少しでホリーは大怪我を負っていたかも知れなかったのだ。ブラッドはそのことを言えずにいた。

セバスチャンは、勝ち気で一生懸命なホリーに惚れはじめていた。ホリーに甘い言葉を掛けて誘い出そうとする。しかし、ブラッドのことが好きなホリーは、なかなかなびかずにいた。そんなホリーも、今回のブラッドのショー中の対応への怒りから、ブラッドにセバスチャンに誘われていることを話す。そこで仕方なく、ブラッドはホリーに紐が切れかけていたことを話すのであった。ホリーのことが心配なんだと言うブラッドに、ホリーは感謝し、感激する。そして、もうセバスチャンとは勝負しないと言うのであった。

地上最大のショウの結末・ラスト(ネタバレ)

またまたサーカスが始まる。ホリーは、セバスチャンにもう競わないと告げる。ネットがないだけで満足だと言うホリーに対し、セバスチャンは、ネットなしで大技を披露してやると言う。

皆がドキドキ見守る中、セバスチャンは大技の輪くぐりをネットなしで披露する。しかし、失敗して、空中から地上へ落ちてしまう。命は助かったがひどい怪我を負う。そのままセバスチャンはサーカスを去ってしまう。ホリーは自分のせいだと泣きじゃくる。そんなホリーをブラッドは抱きしめる。

数日後、セバスチャンが戻ってくる。皆大喜びして迎え入れるが、サーカスはもう辞めると言うセバスチャン。セバスチャンの性格から、辞めると言うなんて何か理由があると踏んだブラッドは、セバスチャンの右手が動かないことに気がつく。それを知ったホリーは自分をひどく責める。手の怪我を隠そうとしたセバスチャンに、ホリーは自分への優しさを感じる。そして、ホリーは、ブラッドと別れてセバスチャンと付き合うこととする。

数日後、またサーカス団が列車で移動していると、途中で強盗団に狙われてしまい、列車が大事故となる。サーカスの動物たちが逃げたり、怪我をする人が続出したりと大変な惨事となる。そして、ブラッドは瓦礫の下敷きとなり、ひどい怪我を負ってしまう。心配したホリーは、ブラッドを必死に支える。また、セバスチャンも、自分の血をブラッドに輸血して彼を助けようとする。それでもサーカスのショーのことばかり心配するブラッド。そこで、ホリーはブラッドを励まそうと、皆をやる気にさせて、できる限りのサーカスを披露しようと計画する。

列車は街から離れた場所で止まってしまっているため、ホリーはサーカス団を引き連れて街までパレードをすることにする。仲間たちと歌って踊って、芸を披露して、パレードを続けたところ、街の人が大勢ついてきてくれるのであった。ブラッドの待つ列車の元へと客を連れて行く。たくさん集まってくる客たちを見たブラッドは大喜びし、元気を取り戻す。そして、ホリーに心から愛していると伝えるのであった。

地上最大のショウの感想・評価・レビュー

サーカスのショーとしての面白さと、その裏方の物語の両方を楽しませてくれる作品だと感じた。団員たちのハラハラドキドキするようなパフォーマンスに、時々映る観客たちと同じような顔をしながら、私も見入ってしまっていた。また、ブラッドとホリー、セバスチャンの複雑な恋の三角関係には、一喜一憂させられた。皆ぶつかり合いながらも温かく、お互いを尊重しあっている関係性が素敵だと思った。しかし、素敵すぎてどの恋を応援しようかと悩んでしまうほどであった。恋もショーも楽しめるこの作品は、最高のエンターテインメント映画だと思う。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする