映画『東京の合唱』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「東京の合唱」のネタバレあらすじ結末と感想

東京の合唱の概要:不良少年だった男は、立派に成長して保険会社に勤め始める。しかし、老社員を不当解雇した社長に文句を言って、自らも解雇されてしまう。不況下の東京を生きる誠実な男と、それを支える家族の物語。

東京の合唱の作品情報

東京の合唱

製作年:1931年
上映時間:90分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:小津安二郎
キャスト:岡田時彦、八雲恵美子、菅原秀雄、高峰秀子 etc

東京の合唱の登場人物(キャスト)

岡島伸二(岡田時彦)
岡島家の父。保険会社に勤めていたが、老社員を不当解雇した社長に文句を言って解雇されてしまう。不景気で再就職が決まらず、中学校時代の教師である大村が営む食堂の手伝いをする。大村から、地方での教師の仕事を紹介される。男気があって、曲がったことが大嫌い。
岡島すが子(八雲恵美子)
伸二の妻。肩身の狭い思いはしたくないと思っていたが、伸二の必死な姿に胸を打たれ、なりふり構わず伸二についていくことを心に決める。世話好きの良き妻。
岡島美代子(高峰秀子)
岡島家の長女。やんちゃ娘で、饅頭を食べて腹を下してしまう。いつも長男と一緒にいて、仲が良い。
山田(坂本武)
保険会社の老社員。新規契約者が次々と死に、責任を問われて解雇される。その後、再就職を決める。なよなよとした性格。
大村(斎藤達雄)
元教師。伸二の先生で、厳しくて有名だった。教師を辞め、カロリー軒という食堂を営んでいる。伸二に再会し、伸二にお店を手伝ってもらう。伸二に、教師の仕事を紹介する。

東京の合唱のネタバレあらすじ

映画『東京の合唱』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

東京の合唱のあらすじ【起】

東京にある中学校。厳しい教師が、生徒達に校庭で指導をしている。その教師は、しきりにノートを出して、不真面目な生徒のチェックをしている。そんな中、岡島伸二という生徒は怯むことなく教師をからかい続ける。不良少年の彼は、平気でタバコを吸ったりもする。

そんな学生時代を経て、立派に成長した伸二は保険会社に勤め出す。彼は今、妻のすが子と三人の子供達と共に暮らしている。

伸二の長男が、自転車を買いたいと伸二に頼む。外を見れば、同級生達はみんな自転車に乗っていた。母に聞いてみなさいと長男に言う伸二。長男が母に尋ねると、今日は伸二のボーナスの日だから買ってもらいなさいと母は答える。

出勤した伸二は、ボーナスを貰うために社長室の前に並ぶ。ボーナスを受け取った伸二は、トイレに行って金額を確認しようとする。しかし、人目が気になって中々確認できないでいる。

伸二は席に戻り、買い物リストを制作することにする。ふと前を見ると、元気のない老社員の山田の姿があった。山田は、新規のお客が次々に死んでしまったことで、クビになってしまったのだ。

東京の合唱のあらすじ【承】

伸二は山田の話を聞き、納得がいかないと言う。周りの社員にそれを伝えると、みんなそれに納得がいかないと同意する。しかし、社長に解雇の不当を直談判しようとなると、みんな腰が引けてしまう。それでも伸二だけは、納得がいかないと言って社長室に入って行く。

社長に強気な態度で挑む伸二。小競り合いにまで発展した二人の言い合いは、伸二の解雇という形で決着することになる。

自転車を買う余裕のなかった伸二は、代わりにキックボードを買って長男に渡す。自転車を楽しみにしていた長男は怒り、そんなものいらないと言って泣いてしまう。

長男は、家で暴れまわる。伸二は注意するが、長男は全く聞く耳を持たない。とうとう伸二は長男を捕まえて、長男のお尻を引っ叩く。泣いた長男は、すが子のもとへと駆け寄って事情を話す。すが子は、伸二が悪いと言って長男を慰める。

拗ねてしまった伸二は、すが子に事情を説明する。複雑な表情を浮かべるすが子。伸二が解雇されたことを知った彼女は、キックボードを手に取って、これで我慢しなさいと長男に言う。

東京の合唱のあらすじ【転】

伸二は、再就職の決まった山田と遭遇する。不況のせいで、伸二の再就職先は決まらずにいた。

伸二の家の長女である美代子が、クツマンジュウを食べてお腹を下し、寝込んでしまう。すが子は、お金がないことから入院させることを躊躇していた。それに怒った伸二は、家族みんなで急いで病院へと向かう。

医者に、心配ないと診断された美代子。伸二達はそれを聞いて安心する。すが子を病院に残し、伸二と長男は家に帰る。

元気になった美代子が家に帰ってくる。伸二は、美代子と長男と一緒に遊ぶ。すが子は、タンスの中の着物がなくなっていることに気づく。何かを悟り、伸二を見るすが子。伸二は、着物はなくなったが、美代子が元気になったのだから良いじゃないかと言う。

伸二は道端で、中学時代の厳しい教師だった大村に再会する。大村は教師を辞めて、カロリー軒という食堂を営んでいた。伸二が職を失ったことを知った大村は伸二に、ぜひお店を手伝って欲しいと頼む。

東京の合唱のあらすじ【結】

そのまま大村のお店へと向かった伸二。カロリー軒は、ライスカレーを提供する食堂で、チラシ配りの人手が足りないでいた。それで大村は、伸二にチラシ配りを依頼する。

電車に乗っていたすが子と子供達。長男が外を見ていると、そこにはチラシを配る伸二の姿があった。すが子は長男に、あれはお父さんじゃありませんと言う。

家に帰った伸二。すが子は伸二に、電車の中で伸二を見たと伝える。どんなに困っても、肩身の狭くなるようなことはして欲しくないとすが子は言う。必死になったら、頼れそうにない口でも頼りにしてしまうのだと伸二は話す。それを聞いたすが子は、私も手伝いに行きますと伸二に伝える。

すが子は、伸二と一緒に大村のお店を手伝うようになる。伸二の旧友が集まった同窓会の日、大村は伸二に就職口を紹介する。それは教師の仕事だった。しかし、その就職先は栃木県で、東京を離れなければならない。迷う伸二にすが子は、また戻ってくれば良いじゃないかと励ます。伸二はそれを聞いて笑顔になる。そして、旧友達と一緒に寮歌を合唱するのだった。

この記事をシェアする