映画『アンクル・ドリュー』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「アンクル・ドリュー」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

アンクル・ドリューの概要:ダックスはある出来事からバスケットボールの選手になる夢を諦め、ストリートバスケットボールチームのコーチの道に進んだ。しかし、因縁の相手であるムーキーに、選手達を引き抜かれてしまう。そんな時、元スター選手のアンクル・ドリューと出会う。

アンクル・ドリューの作品情報

アンクル・ドリュー

製作年:2018年
上映時間:103分
ジャンル:コメディ
監督:チャールズ・ストーン三世
キャスト:カイリー・アーヴィング、リルレル・ハウリー、シャキール・オニール、クリス・ウェバー etc

アンクル・ドリューの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『アンクル・ドリュー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

アンクル・ドリューの登場人物(キャスト)

アンクル・ドリュー(カイリー・アーヴィング)
ストリートバスケットの元スター選手。ある問題を起こし、消息を絶つ。プライドが高く、こだわりが強い一面がある。
ダックス・ウィンスロー(リルレル・ハウリー)
孤児院で育つ。マイケル・ジョーダンに強い憧れを抱き、バスケットボール選手を目指す。しかし、試合中にボールをブロックされた経験がトラウマとなり、夢を諦める。現在は靴屋で働く傍ら、ストリートバスケットチームのコーチとなる。
ビッグ・フェラ(シャキール・オニール)
ドリューと同じチームに所属していた。現在は道場を開き、子供達に武術を教えている。ある出来事がきっかけで、ドリューと険悪な関係になる。
ムーキー・バス(ニック・クロール)
ダックスの因縁の相手。ストリートバスケットチームのコーチ。卑怯な手段を厭わない人物。ラッカーで行われた大会で、7回優勝したことがある。

アンクル・ドリューのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アンクル・ドリュー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アンクル・ドリューのあらすじ【起】

ニューヨークのハーレムの一角にあるバスケットコート、ラッカー・パーク。そこは数々の伝説が生まれた場所だった。そこで戦う選手の中でも、ひときわ存在感を放っていたのがアンクル・ドリューだった。ドリューが所属するチーム「ハーレム・バケッツ」は、1968年に開催されたラッカー・クラシック大会で勝ち進んだ。しかし、ドリューがチームメイトの恋人を寝取り、問題を起こす。「ハーレム・バケッツ」は決勝戦に現れず、ドリューは消息を絶った。

孤児院にいたダックスは、孤独を抱えていた。そんな時、マイケル・ジョーダンの試合をテレビで見る。ダックスはジョーダンに強い憧れを抱き、選手になる夢を見た。しかし、試合でスリーポイントを決める瞬間、ムーキー・バスという選手にブロックされてしまいトラウマとなる。ダックスは選手になる夢を諦め、ストリートバスケチームのコーチになった。

ダックスは選手に高級靴を贈り、必死に繋ぎとめようとした。しかし、ムーキーに選手達を奪われてしまう。せめて靴だけでも取り戻そうと暴れるが、その様子がテレビで報道されて笑い者になる。ダックスは恋人のジェスに愛想を尽かされ、家を追い出された。ダックスの居場所はどこにもなかった。

ダックスはチームに入ってくれる選手を探すが、なかなか見つからなかった。そんな時、老人となった現在でも素晴らしいプレーを見せるドリューと出会う。ダックスはドリューに助けを求めた。ドリューはダックスを受け入れ、1つだけ条件を突きつけた。それは、ドリューが選手を集めることだった。

アンクル・ドリューのあらすじ【承】

ドリューはかつての仲間で現在は牧師をしているプリーチャーに会うため、ダックスと共に車でD.C.に向かった。ドリューはこだわりが強く、車の運転、暖房の調節、オーディオの選曲をダックスには任せなかった。ダックスとドリューは大きな年代の隔たりがあり、音楽の趣味も話も全く合わなかった。

ドリューはプリーチャーを仲間に誘った。かつてはパワーフォーワードとして活躍していたが、プレーをしなくなって35年ほど経っていた。ダックスとプリーチャーの妻のベティは復帰を反対するが、プリーチャーはやる気だった。プリーチャーはドリュー達の車に乗り込み、ベティの追跡から逃れた。

ドリューはダックスがかつて選手だったことを見抜いた。辞めた理由を尋ねるが、ダックスは頑なに話そうとはしなかった。ドリューは話題を変え、ダックスに運転を任せることにした。次に向かったのは、老人ホームだった。そこには、元シューターのウィルバー・ウォレス(通称ライツ)がいた。しかし、ライツはほとんど目が見えていなかった。

ドリュー達は元チームメイトのブーツに会いに行った。しかし、重い精神病を患っており、孫のマーヤが話しかけても何の反応も示さなかった。ドリューはブーツの手が動いていることに気づき、バスケットボールを投げた。すると、ブーツはボールを受け止めた。ブーツはここ数年立とうともしなかったため、マーヤはボールを受け止めた祖父に驚く。

ドリューは老人ホームからブーツを連れ出すことを決め、コーチとしてダックスに作戦を立てるよう頼んだ。ダックス達が車で作戦を立てていると、自力で抜け出してきたブーツが現れる。

アンクル・ドリューのあらすじ【転】

ドリューは皆を車に残し、1人で元チームメイトのビッグ・フェラに会いに行った。ビッグは道場を開き、子供達に武術を教えていた。指導が終わった後ドリューは話しかけるが、殴られて倒れてしまう。ダックス達はドリューの元に急いだ。ドリューではビッグを説得できなかったため、ダックスが間に入って交渉した。ビッグは仲間になることを承諾した。

ベティが車に乗って現れる。運転席にはライツが座っていたため、ドリューは移動するよう指示した。しかし、シートベルトが外れず、移動することができなかった。ドリューは仕方なく運転するよう指示した。滅茶苦茶なライツの運転に振り回されるが、何とかベティの追跡から逃れることに成功する。

ダックスはクレジットカードが使えず、ガソリンを入れることができなかった。そこで、偶然いたバスケットボールのチームに、賞金を懸けて勝負を挑むことにした。皆には練習試合が必要だと説明し、試合を行った。その結果、負けてしまう。ダックスはドリュー達を怒鳴りつけ、ガソリン代を払えず賞金を懸けたことを話した。ドリューはダックスを責めず、1人で抱え込まないよう諭した。

ドリュー達は夜のラッカー・パークに足を踏み入れた。そこで、ドリューはライツに眼鏡を渡した。ライツはクリアになった視界を喜んだ。さらに、ドリューは9歳の頃に「底力が出せるネックレス」だとプレゼントされたものをプリーチャーに返した。ドリューはブーツにもプレゼントを用意していた。それは当時履いていた靴だった。ブーツは靴を履き、車椅子から立ち上がった。マーヤはバスケットボールを行う祖父の姿を見て喜ぶ。ドリューは15歳のときに2人で初めて勝ち取った記念像をビッグに渡した。しかし、ビッグは喜ばず、記念像を踏み潰して立ち去った。

アンクル・ドリューの結末・ラスト(ネタバレ)

ラッカー・フィフティー・トーナメントが開幕した。優勝チームには、賞金10万ドルが贈られる予定だった。ドリュー達は試合に出場するが、ビッグとドリューが険悪な雰囲気になってしまう。ダックスは仲を取り持ち、チームとして気持ちを1つにするよう諭した。試合には勝利するが、ドリューに対してのビッグの怒りは収まっていなかった。

ビッグとドリューはジェニファーの墓を訪れた。ジェニファーはビッグの恋人で、ドリューが決勝前夜に浮気をした相手だった。ビッグはなぜ浮気をしたのかドリューに尋ねた。ドリューはジェニファーのことを愛していたからだと明かした。そして、ずっと後悔していたことを打ち明け、謝罪した。ビッグは謝罪を受け入れ、ドリューと和解した。

ドリューは賞金のことを知り、隠していたダックスを責めた。そして、生活のために利用しているだけで、バスケットボールに対しての愛がないと非難した。ダックスはバスケットボールを深く愛していたが、選手を諦めたことを打ち明けた。ドリューは初めて本音を語ったダックスを受け入れた。

ダックスはドリュー達に対して家族のような絆を感じる。マーヤとは良い雰囲気になるが、あと一歩を踏み出すことができなかった。そんな中、準決勝が行われた。ドリュー達は勝利し、決勝に勝ち進む。しかし、ビッグが倒れてしまい、入院することになった。ベティは病院に駆けつけ、落ち込む夫を励ました。

決勝戦はムーキーのチームと対戦することになった。ビッグの代わりに、ベティがメンバーに加わった。ビッグは病院で試合を見守った。ドリュー達は苦戦するが、思いを1つにして必死に点を稼いだ。しかし、ブロックをしようとして、ライツが足を痛めてしまう。ドリューはダックスに出場するよう頼んだ。ドリューに説得されたダックスは、出場することを決める。相手チームも選手が怪我をしたため、ムーキー自身が出場することになった。

ダックスはムーキーからボールを奪うが、シュートすることができずタイムを取った。皆にボールを回してシュートを打ってもらおうとするが、自分で打つよう説得される。ダックスは皆に励まされ、試合に戻ってシュートを打った。ボールはゴールの中に入り、ドリュー達は勝利する。ダックスはマーヤにキスをした。

ドリューはウイニングボールをダックスにプレゼントした。ダックス達は皆でビッグの見舞いに行った。

アンクル・ドリューの感想・評価・レビュー

コメディではあるし予定調和なところもある作品だが、ダックスの思いやドリュー達の頑張りに感動させられた。バスケットボールを詳しく知らなくても、試合のシーンはスピード感があって盛り上がれた。笑い合い、涙あり、興奮ありの素晴らしい作品だと思う。何より、特殊メイクによって老人に扮したカイリー・アーヴィング達が凄いと思う。顔だけでなくしゃべり方や動きなど、老人であることに全く違和感を感じなかった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする