8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ヴェノム』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『ヴェノム』の概要:地球外生命体シンビオートに寄生されたエディ・ブロック、その融合体であるヴェノムは果たして正義なのか?悪なのか?マーベル屈指の人気キャラクター、ヴェノムの映画化。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム』の作品情報

ヴェノム

製作年:2018年
上映時間:112分
ジャンル:SF、アクション
監督:ルーベン・フライシャー
キャスト:トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド、スコット・ヘイズ etc

映画『ヴェノム』の登場人物(キャスト)

エディ・ブロック / ヴェノム(トム・ハーディ)
サンフランシスコで働いている敏腕記者。地球外生命体シンビオートに寄生されてしまう。
アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)
エディの元恋人。エディと別れた後は医者であるダンと交際。弁護士。
カールトン・ドレイク / ライオット(リズ・アーメッド)
ライフ財団のCEO。裏と表の顔を持ち、裏でホームレスなどを利用した人体実験を行っている。
ダン・ルイス(リード・スコット)
エディと別れたアンが新たに交際を開始した医者。アンと共にエディを救おうとする。
ドーラ・スカース(ジェニー・スレイト)
ライフ財団の女性科学者。エディに財団の告発を依頼する。
マリア(メローラ・ウォルターズ)
ホームレスの女性。エディの知り合いである。

映画『ヴェノム』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ヴェノム』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ヴェノム』のあらすじ【起】

宇宙を探索中に4つの謎の物質=シンビオートを発見したライフ財団の探査船。しかし、地球へ帰還途中に探査船はマレーシアへと墜落してしまう。

4つのシンビオートの内、3つを回収することに成功するも、その内の1つが行方知れずとなる。実はその内の1つが現場作業員へと寄生し、地球に降り立ってから逃亡していたのである。

残る3つのシンビオートを使い、ライフ財団のCEOカールトン・ドレイクの指揮のもと、財団は人体実験を開始する。

一方、サンフランシスコでは熱血漢の記者、エディ・ブロックが怪しい噂のあるライフ財団について密かに調査を行っていた。ライフ財団の顧問弁護士でもある恋人アンのパソコンを彼女が寝ている間に盗み見ると、ライフ財団が人体実験を行っており、死者を出しているという情報を発見する。

体当たり取材が信条の彼は、密かに入手したその情報をもとにアンを通じて、ライフ財団のCEOカールトン・ドレイクを取材。しかし、エディの度を越えた質問に怒ったドレイクは取材を中止し、エディはその場から追い出されてしまうのであった。

映画『ヴェノム』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『ヴェノム』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『ヴェノム』のあらすじ【承】

ライフ財団CEOドレイクへの無謀な取材により、エディは会社を解雇される。さらに恋人のアンも情報漏えいのため、ライフ財団を解雇されてしまうのであった。

激怒したアンはエディに別れを告げ、エディは仕事も恋人も家も失うことになってしまい、ボロアパートで自暴自棄の生活を送ることとなる。

その後、エディはなかなか仕事を見つけることもできず、気が付けば半年が過ぎていた。すると、そんな彼のもとにライフ財団の科学者であるという女性、ドーラが訪れる。ドーラ曰く、財団は社会的弱者であるホームレスを誘拐しては地球外生命体であるシンビオートとの融合を試みる人体実験を行っているというのであった。

世間に真実を伝えてほしい、と懇願するドーラの頼みを一度は断るものの、真相を追求することを決意し、ドーラの助けを借りて、研究所へと忍び込む。

研究所へと忍び込んだエディはそこで人体実験が行われているという証拠を手に入れる。すると、研究所の一室に囚われている旧知のホームレスであるマリアを発見。エディはマリアを助けようとするが、逆にエディはシンビオートに寄生されてしまい、マリアは息絶える。

映画『ヴェノム』のあらすじ【転】

研究所から逃げ出すエディ。しかし、彼の身体には異変が起きていた。彼の体内に寄生したシンビオートの力で彼の身体能力は異常なまでに高まっていたのだ。エディは超人的な力で追手から逃れることに成功する。

一方でライフ財団のドレイクは秘密を洩らしたドーラを殺害。ドレイクはエディと融合したシンビオートを捕獲するよう、部下に命令する。

研究所での一件以来、エディは頭の中で鳴り響く別の声に悩まされる。エディはアンに相談し、アンの新しい恋人で医者のダンに検査を依頼する。MRIの検査中に発せられる4000~6000ヘルツの超音波にエディの体内のシンビオートは苦しみ、悶絶する。その後、エディは逃げるようにして病院を後にし、自宅へと帰るのだった。

が、しかしライフ財団の追手たちがエディの自宅を急襲。エディは驚異的な力を発揮し、次々と追手を撃退して逃走する。そして、ついにヴェノムがエディの前に姿を現し、この地球でエディに寄生して生きていくと告げるのであった。

映画『ヴェノム』の結末・ラスト(ネタバレ)

ライフ財団の追手は再びエディを襲撃するが、これを難なく返り討ちにする。しかし、ヴェノムがエディの身体へと戻る瞬間をアンに見られてしまう。

アンはダンに協力を頼み、超音波を利用してエディの身体からヴェノムを排除することに成功。ヴェノムは逃走し、超人的な力を失ったエディはついに財団の追手に捕まってしまう。

ドレイクと対面するエディ。実はドレイクにはマレーシアからやって来たシンビオートの親玉、ライオットが寄生しており、ライオットはライフ財団が所持する宇宙船で仲間を地球に移住させようと計画していたのだ。

エディがライフ財団の手によって殺されそうになるが、間一髪のところでアンに寄生したヴェノムに助けられる。キスを交わすアンとエディ。すると、再びヴェノムはエディの体内へと戻るのであった。

一方でドレイクは宇宙船の発射準備を進める。それをヴェノムが阻止しようとするが、ライオットと化したドレイクはあまりにも強く、歯が立たない。機転を利かせたアンが高周波の音をスピーカーから流すと二体のシンビオートは宇宙船もろとも粉々になった。

命からがらエディは助かり、アンとの復縁を期待するエディ。しかし、そんなエディに「アンはお前に気はないから期待はするな」と、どこからか聞き覚えのある声がするのであった。

映画『ヴェノム』の感想・評価・レビュー

とにかくトム・ハーディ演じるエディ・ブロックと彼に寄生したシンビオートの二人羽織的バディ感が楽しい!もちろん肝心のアクション・シーンやヴェノムへと変身に至るまでの映像も強烈なインパクトがあり、迫力満点である。

マーベル・シネマティック・ユニバースとは切り離された単体作品とのことでアベンジャーズなどとの絡みは期待できそうにないのだが、もともとはスパイダーマンの人気悪役であったヴェノムだけに今後、可能であればスパイダーマンとの絡みは是非、観たいところである。(MIHOシネマ編集部)


『スパイダーマン』のヴィラン、ヴェノムのスピンオフ作品。公開前の情報では「MARVEL史上最も残虐」というキャッチコピーが付いていたのでとても期待していましたが、鑑賞後の感想としては「期待を上回る可愛さ」でした。トム・ハーディ演じる主人公エディ。そのエディの身体に寄生し、一心同体となってしまうのがヴェノムです。エディの意思とは関係なく自由に動き回るヴェノムが本当にお茶目で可愛い。だんだん居心地が良くなってきて、2人の間に「友情」のようなものが芽生えてくるのもすごく良い。
CGを駆使した迫力満点の映像をぜひ、大画面で観て欲しい作品です。(女性 30代)


シリアスでどちらかというとホラー映画のようなイメージを持っていたが、実際に見てみるとアメコミらしくポップなエンタメ作品。ストーリーの軽さから批判的な意見が多いようだが、街中でのカーチェイスやヴェノム独特のアクション、そして魅力的なキャストで私はとても楽しめた。

怖い見た目の反面、意外とチャーミングなヴェノムと、同じくヴィランっぽい風貌だが正義感の強いジャーナリストのトム・ハーディ演じる主人公コンビが面白く、2人のやりとりをずっと見ていたくなった。(女性 20代)


「残虐な悪」という触れ込みの割には、ヴェノムは物分かりが良く、目立って残酷なことはしないのでグロテスクなものが苦手な人も見ることができる。逆にダークなキャラクター像を期待していた人は、肩すかしを受けるかもしれない。

はみ出し者の宇宙人と人間のバディもので、主演のトム・ハーディは演技は達者なのだが今作の主人公とキャラがあっているかといわれると疑問が残る。どうしても、彼の演じた『マッドマックス 怒りのデスロード』のワイルドなキャラクターのイメージが拭えないのかもしれない。

もう少し、ヴェノムと主人公の心の通じ合いが明確に描かれたら文句なしだったのだが、同胞を裏切って人間側につく過程が若干唐突に思えた。それでもヴェノムは可愛いし、続編があったらぜひとも視聴したい。(男性 30代)


エイリアン版スパイダーマンのようなビジュアルとヌメヌメしていそうな気持ち悪いテクスチャーは、ヒーローという言葉が全く似合わないが、段々と変化していくエディと地球外生命体シンビオートの関係性と少しユーモラスなヴェノムに好感を持てる。

悪なのにヒーローというミスマッチと、新たな敵を恐怖で落とし込んでいくヴェノムのアクションにはスカッとした。『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』という恐ろしいサブタイトルがついた次回作にも期待したい。(女性 20代)


スパイダーマンの宿敵として知られるヴェノムを映画化した本作品。アメリカでの評判は悪いが、日本ではヴェノムの憎めないキャラクターとトム・ハーディの演技力がウケているようだ。
ホラーテイストかと思いきや、全体的にコミカルで粗雑なストーリー構成だ。アクションシーンはマーベルらしい迫力ある映像で、ダークヒーローならではのかっこ良さがある。
ヴェノムとトム・ハーディのテンポの良い掛け合いも見どころのうちの一つだ。
2021年9月公開予定の第二作目も期待が高まる。(女性 20代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF映画アクション映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました