映画『ボヘミアン・ラプソディ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ボヘミアン・ラプソディ」のネタバレあらすじ結末と感想

ボヘミアン・ラプソディの概要:伝説のロックバンド、クイーンのフロントマン、フレディ・マーキュリーの生涯を描く。音楽総指揮にはクイーンのメンバー、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが参加している。

ボヘミアン・ラプソディの作品情報

ボヘミアン・ラプソディ

製作年:2018年
上映時間:135分
ジャンル:ヒューマンドラマ、音楽
監督:ブライアン・シンガー
キャスト:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ etc

ボヘミアン・ラプソディをフルで視聴できる動画配信サービス

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を今すぐフルで視聴できる動画配信サービス(VOD)は以下の通りです。各サービスには無料期間があり、期間内にキャンセルすれば料金は発生しません。詳しくは各リンクからご確認ください。
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

ボヘミアン・ラプソディの登場人物(キャスト)

フレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)
クイーンのリード・ボーカリスト。圧倒的な歌唱力と独特なライブ・パフォーマンスで人々を魅了。インド系移民で本名はファルーク・バルサラ。
メアリー・オースティン(ルーシー・ボイントン)
フレディ・マーキュリーの元恋人。彼の生涯を通じての友人でもあった。
ブライアン・メイ(グウィリム・リー)
クイーンのギタリスト。カーリーヘアがトレードマーク。大学院では宇宙工学を専攻していた。
ロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)
クイーンのドラマー。ブロンドヘアの持ち主。学生時代は歯科医学を専攻していた。
ジョン・ディーコン(ジョゼフ・マゼロ)
クイーンのベーシスト。温厚で寡黙な性格の持ち主。名曲「地獄へ道づれ」の作曲者。

ボヘミアン・ラプソディのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ボヘミアン・ラプソディのあらすじ【起】

1970年、イギリス、ロンドンのヒースロー空港。インド系移民の若者が荷物の積み下ろし作業の仕事をしていた。彼は自分の名前が嫌いだったため、自らフレディと名乗っていた。

仕事が終わり、フレディは自宅へ帰ると、そのままライブハウスへと向った。ライブハウスではスマイルというバンドが演奏しており、彼らのライブを見たフレディは彼らの演奏に魅了され、ライブ後にスマイルのメンバーを探す。その場に居合わせたメアリー・オースティンという美しい女性から彼らの居場所を聞いたフレディは彼女に一目惚れしてしまう。

スマイルのメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーを見つけ、彼らに話しかけるフレディ。聞けば、スマイルのボーカリストがその日限りで脱退してしまい、途方に暮れているのだという。そこでフレディはその場でアカペラを始め、自分を彼らに売り込むのであった。

フレディの並外れた歌唱力に驚いたブライアンとロジャーは彼と組むことを決め、次のライブからは新しいベーシストとしてジョン・ディーコンも参加。フレディがクイーンと命名し、新しいバンドが始動する。

ボヘミアン・ラプソディのあらすじ【承】

ブティックで働いているメアリーと再会したフレディは彼女と徐々に親密な関係になっていく。その一方でクイーンは音楽の既成概念を打ち破ろうと実験的な試みを重ね、アルバム制作をするため、曲作りに没頭。

やがて、彼らの評判は音楽業界関係者の耳にも届くこととなり、エルトン・ジョンのマネージャーを務めたこともあるジョン・リードが彼らのデモテープを聴き、衝撃を受ける。クイーンの可能性に惚れ込んだリードは彼らのマネージャーとなるのであった。

その後、リードは彼らにもうひとりのマネージャーとしてポール・ブレンターを招き入れるとともに、リードの口利きでクイーンは英国国営放送局BBCのライブ番組に出演。生演奏がNGだったため、仕方なく口パクで披露した「キラー・クイーン」が英国中で話題となり、一気に人気を博していく。

フレディはメアリーにプロポーズをし、全米ツアーへと旅立っていく。アメリカでもクイーンは熱狂的に迎え入れられ、ツアーは大成功。イギリスへと帰国した彼らは名プロデューサーのレイ・フォスターと共に新しいアルバム『オペラ座の夜』を作ることが決まった。

ボヘミアン・ラプソディのあらすじ【転】

バンドはシングル用の曲として6分超えの大作曲「ボヘミアン・ラプソディ」を制作。長尺かつあまりに実験的すぎるこの曲はプロデューサーの反対に遭いながらも、やがて評価を得、クイーンの人気を世界的なものしていくのであった。

その一方でフレディはマネージャーのポールと親密になっていく。自身の内なるセクシュアリティに葛藤しながらも、フレディはメアリーにバイセクシュアルであることを告げる。しかし、メアリーはフレディに「あなたはゲイよ」と言い放ち、やがて二人は破局してしまう。

1980年代に入り、短髪になったフレディは、自身の住む豪邸でポールと共に知り合いのゲイや取り巻きとともに自堕落なパーティ三昧の日々を送り、バンド・メンバーからも疎まれるようになる。また、この頃、フレディの邸宅でウェイターとして働いていたジム・ハットンとも深い関係になってしまう。

そんなフレディにリードが破格の契約金でソロ・アルバムの話を持ちかけるが、怒ったフレディはリードを解雇してしまうのであった。

ボヘミアン・ラプソディの結末・ラスト(ネタバレ)

フレディはポールにそそのかされて、ゲイ・コミュニティに入り浸りだったが、その頃、同性愛者の間でエイズという病気が流行し始めていた。

更にフレディはついにソロ契約を交わしてしまう。そして、彼はメンバーと衝突し、一時的に彼らと袂を別つのであった。

その頃、クイーンに大規模なチャリティ・イベント「ライブ・エイド」へ出演しないかという話が持ち上がる。ソロに転向したフレディはポールから、その話を聞かされていなかったため、激怒してポールを解雇する。

2枚目のソロ・アルバムを制作していたフレディの体調は急激に悪化。咳き込んで血を吐いたフレディはエイズを患っていることが判明する。ソロ活動をしたことでクイーンの仲間たちと共に音楽を奏でることが、どれほど自分にとって大切なことであったかを痛感させられたフレディはクイーンのメンバーに詫びを入れ、自身がエイズであることも告白する。

復活したクイーンは1985年7月13日、ライブ・エイドが行われるウェンブリー・スタジアムのステージに立ち、伝説となった。

ボヘミアン・ラプソディの感想・評価・レビュー

企画の段階から、実際に映画が完成するまで紆余曲折のあった本作。実際、監督のブライアン・シンガーは作品完成間近にキャストやスタッフと揉め、監督を降板するなど、実際に本作を鑑賞するまでは期待よりも寧ろ不安のほうが大きかった。

しかし、実際に完成した映画はクイーンの楽曲の素晴らしさはもちろんのこと、キャストの熱演もあり、極めて完成度の高い音楽伝記映画に仕上がっている。特にクライマックス、ウェンブリー・スタジアムでのライブ・シーンは圧巻の一語に尽きる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする