映画『ワンダーウーマン(2017)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ワンダーウーマン(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

ワンダーウーマン(2017)の概要:『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で華々しい登場を飾ったスーパーヒーロー、ワンダーウーマンの主役作。爆発的ヒットを誇り、既に第2作の作成も決定している。

ワンダーウーマンの作品情報

ワンダーウーマン(2017)

製作年:2017年
上映時間:141分
ジャンル:アクション
監督:パティ・ジェンキンス
キャスト:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン etc

ワンダーウーマンの登場人物(キャスト)

ダイアナ / ワンダーウーマン(ガル・ガドット)
誇り高きアマゾン族の王女。人間を愛し、彼らを苦しめていると思われるアレスを深く憎んでいる。スティーブと共に人間界に向かうことになる。
スティーブ・トレバー(クリス・パイン)
アメリカ陸軍のパイロットで、連合国のスパイとして活動していた。恐るべき毒ガスのノートを盗んだことで追われる身となる。
パトリック・モーガン卿(デヴィッド・シューリス)
イギリス軍の人物。密かに活動を開始したスティーブ達を、資金援助という形で支援するが…?
エーリヒ・ルーデンドルフ将軍(ダニー・ヒューストン)
ドイツ軍の総監。戦争を心から愛しており、戦争が終結しつつある現状に不満を抱いている。イザベル博士と手を組む。
イザベル・マル博士(エレナ・アナヤ)
毒物を取り扱わせれば右に出るものはいないマッドサイエンティスト。ルーデンドルフと手を組み、新たな毒ガス兵器を作り上げている。

ワンダーウーマンのネタバレあらすじ

映画『ワンダーウーマン(2017)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ワンダーウーマンのあらすじ【起】

現在ルーヴル美術館で勤務するダイアナという女性には大きな秘密があった。実は彼女は人間ではなく、アマゾン族という誇り高き女戦士たちが暮らすセミスキラ島の姫として生を受けたのだ。アマゾン族は、かつて偉大なる神、ゼウスに牙を剥いたアレスという神が復活を遂げた際に対抗するため日々訓練を積んでいた。そして、ダイアナはその中でも類稀なる戦闘のセンスを持っていたのである。

そんなある日、セミスキラ島に古い飛行機に乗った一人の男が辿り着く。しかし、この男はなぜか軍に追われており、その軍も男を追いかけセミスキラ島に上陸してしまうのだった。軍とアマゾン族の戦いは、多大な犠牲を払いながらもアマゾン族の勝利で幕を下ろした。

上陸した男、スティーブ・トレバーは外の世界でスパイとして活動しており、その際にイザベル・マル博士が開発した、殺人ガスについて纏められたノートを盗んだという。人間界で起きている戦争の話を聞き、これこそアレスが起こしていることに間違いない、とダイアナは確信する。そして、人間界に行きたいと母親に懇願するのだった。母親は反対したものの、ダイアナの意思は固かった。

ワンダーウーマンのあらすじ【承】

ダイアナはスティーブと共に人間の世界へと旅立った。そして、ダイアナはロンドンへと降り立った。初めての人間界に興味津々なダイアナ。必要な物を揃えた二人は会議場へと向かう。しかし、今まさにドイツと停戦交渉を行なっているイギリス軍は、ここにきて新たな厄介ごとを増やしたくない、とスティーブの報告を聞き流すのだった。

軍は頼りにならないことを悟ったスティーブは、仲間を集め、自分達の力でなんとかしようと画策するのだった。また、毒ガスを使用しようとしているルーデンドルフ大佐こそがアレスが変化した姿であると考えているダイアナもまた、彼を討つために戦場に行く決心をする。

そして、集まったのはスティーブの知り合いである語学に長ける潜入のプロ、サムイール、狙撃手のチャーリーだった。また、軍の中でもスティーブ達に力を貸してくれる存在がいた。モーガン卿というその人物は、スティーブ達の活動のための資金を提供してくれるのだった。一方、ドイツ内でも毒ガスの使用について意見が割れていた。

ワンダーウーマンのあらすじ【転】

ルーデンドルフは毒ガスの使用に反対する将官達を、なんと皆殺しにしてしまうのだった。スティーブ達は戦場へと辿り着いた。傷つき疲弊している兵士達の姿を見て、耐えかねたダイアナが飛び出した。そして、見事イギリス軍に勝利をもたらしたのだ。スティーブ達は人々から歓迎され、そこで短い幸せなひと時を送る。

そこに、近くの城でドイツ軍のパーティが開かれるという情報がモーガン卿から入る。スティーブとダイアナはそのパーティに潜入し、ルーデンドルフへの接触を図った。ダイアナの美貌に目を奪われたルーデンドルフ。そして、ルーデンドルフは戦争についてダイアナに語るのだった。その語りを聞いて、ダイアナは彼こそがアレスだという考えをさらに強くする。

そして、アレスを殺し全てを終わらせるため、アマゾン族に代々伝わる、アレスを殺すための剣『ゴッドキラー』を抜こうとするのだった。しかし、ここで騒ぎを起こしてはまずい、とスティーブがダイアナを止める。

ワンダーウーマンのあらすじ【結】

その時、毒ガスが先程までスティーブ達がいた村へと発射されたのだ。多くの人々の死にショックを受けたダイアナ。そして、ルーデンドルフが今度はロンドンに向けて毒ガスを放とうとしていることを知り、その発射場へと急いで向かうのだった。

そこで、とうとうルーデンドルフにとどめを刺したダイアナ。しかし、戦争は止まらない。愕然とするダイアナに、神だけではなく、どの人間の心にも悪の心が存在し、その心が今回の戦争を引き起こしたことをスティーブが伝える。人間に夢を抱いていたダイアナは大きなショックを受ける。

しかし、彼女はそこでいるはずのない人物を見るのだった。それは、モーガン卿だった。モーガン卿こそが、ダイアナの追い求めていたアレスだったのである。モーガン卿とダイアナが激しい戦いを繰り広げる中、スティーブ達はガスを搭載した輸送機を食い止めようとしていた。そして、スティーブは自らその輸送機に乗り込むと、空中でその輸送機を爆発させたのである。スティーブの自分を犠牲にした行動に、再び人間への信頼を取り戻したダイアナ。そんな彼女は本当の神の力に目覚め、とうとうアレスを下す。そして、戦争は終結した。ダイアナはその後も人間界での生活を続け、常にスティーブ達のことを思い続けるのだった。

関連作品

次作 ジャスティス・リーグ
前作 スーサイド・スクワッド