映画『誰よりも狙われた男』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「誰よりも狙われた男」のネタバレあらすじ結末

誰よりも狙われた男の概要:9.11のアメリカ同時多発テロがドイツで計画を立てられたことが発覚して以後、ハンブルグには、世界中の諜報員が終結していた。ドイツに密入国をした、チェチェン人とロシア人のハーフであるイッサを巡って、各国の思惑が衝突する。

誰よりも狙われた男の作品概要

誰よりも狙われた男

公開日:2013年
上映時間:122分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:アントン・コルベイン
キャスト:フィリップ・シーモア・ホフマン、レイチェル・マクアダムス、ウィレム・デフォー、ロビン・ライト etc

誰よりも狙われた男の登場人物(キャスト)

ギュンター・バッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)
テロ対策を担当するドイツの諜報員。過去に情報提供者を命の危険に晒してしまい後悔している。
イッサ・カルポフ(グリゴリー・ドブリギン)
ドイツに密入国した、チェチェン人とロシア人のハーフ。父親の遺産を受け取るために、ドイツにやって来た。
アナベル・リヒター(レイチェル・マクアダムス)
人権派の弁護士。イッサが難民としてドイツ国籍を得られるよう助力する。
トミー・ブルー(ウィレム・デフォー)
銀行家。
マーサ・サリヴァン(ロビン・ライト)
CIAの職員。ドイツ当局と組んでイッサを追っている。
ファイサル・アブドゥラ博士(ホマユン・エルシャディ)
アラブ人の活動家。イスラム過激派との関連が疑われている。

誰よりも狙われた男のネタバレあらすじ

映画『誰よりも狙われた男』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

誰よりも狙われた男のあらすじ【起】

2001年9月11日。アメリカ同時多発テロの首謀者、モハメド・アタはドイツのハンブルクで犯行を計画した。しかし、当局はそれを察知できず、現在のハンブルクでは各国の情報機関が前轍を踏むまいと躍起になっていた。

一人のアラブ風の男が海沿いの廃車置場に上がった。男は辺りを気にしながら、車の影に身を潜める。人通りがないことを確かめた男は、どこかへと消えていった。

ギュンターは机に沢山の写真を広げ、電話で指示を送った。電話を切ったギュンターは写真に写る男の顔を眺めながら、煙草を燻らせた。

海から現れたアラブ風の男は、パーカーで顔を隠し、人混みに紛れる。通行人と肩がぶつかり、罵声を浴びせられても男は騒ぎを起こさないに、じっと耐えた。

イスラム教の印象を改善するための会合の客席にギュンターはいた。その帰り、駅で不審者を目撃したという通報があったと、部下から連絡が入る。チェチェン出身のイッサ・カルポフという男だった。イッサはパーカーのフードを深く被って顔を隠し、同じく顔を伏せた男たちとメモ書きのようなものをやり取りしていた。

誰よりも狙われた男のあらすじ【承】

イッサ・カルポフ。イスラムの名を持ち、ロシアの姓を持つその男のことが気にかかり、ギュンターは部下に捜査を命じた。

ギュンターはイッサの調査を進める一方で、アブドゥラという男の消息を追っていた。ギュンターはドイツ内のモスルに送り込んだスパイから、アブドゥルの渡航履歴に関する情報を入手した。アブドゥラはドバイからの帰り、直通線があるにも関わらず、キプロスを経由していた。更に、アブドゥラはセブンスフレンズというキプロスの海運会社とも関係があるらしい。ギュンターは部下にその会社の実態を調査させると共に、部下の調査によって判明した、イッサの取引相手が通う店に向かった。

ジルバーザックという店で、ギュンターがイッサの取引相手に話を聞くと、彼はすんなりイッサについて語った。イッサは銀行家のトミー・ブルーという男を探しているということだった。

イッサの居所が遂に判明した。ギュンターは彼の目的を掴むため、イッサを泳がせることにした。その折、ギュンターは当局からアメリカが動き出したという報せを受ける。

ギュンターに面会を求めてきたのは、CIAのマーサという女性だった。彼女の目的は、イッサの調査だった。

誰よりも狙われた男のあらすじ【転】

ドイツ警察とCIA、そしてギュンターたち情報局による合同会議が始まった。ドイツ警察はロシアからの情報を基にイッサをイスラム過激派の構成員と断定し、早急な逮捕を提案した。しかし、ギュンターはイッサが本当にイスラム過激派であるならば、彼をドイツ内のイスラム共同体に入り込ませて情報源にするチャンスだと訴えた。マーサはギュンターの意見に賛同する。ギュンターは72時間の猶予を与えられた。

イッサはメリクという青年の家に匿われていた。メリクは人権派の弁護士アナベルに、イッサのことを相談した。アナベルは亡命を望むイッサの手伝いを請け負った。話が決まると、イッサはアナベルにトミーの捜索を依頼した。アナベルがトミーと接触すると、イッサには莫大な遺産があることが発覚した。

マーサからの要請を受けて、ギュンターは彼女と会った。マーサはギュンターに手を組もうと持ちかけてきたが、ギュンターはCIAのことを信用していなかった。

アナベルの指示でイッサは隠れ家を変え、ギュンターたちはイッサを見逃してしまう。

誰よりも狙われた男のあらすじ【結】

セブンスフレンズという会社はアルカイダのフロント企業で、テロの資金調達を行っており、アブドゥラがそこに財産を注入していることが発覚する。イッサに残された遺産を狙ってアブドゥラが彼に接触すると考えたギュンターは、イッサの捜索を急いだ。

ギュンターはアナベルを拉致し、独居房に監禁する。そして、イッサの居場所を教えるよう、何度か説得を続けると、アナベルは協力に応じた。

イッサは遺産をアブドゥラの活動に寄付するつもりでいた。しかし、それはイスラムのためではなく、汚いことをして金を稼いだ父親と決別するためだった。イッサがドイツに悪影響を与えることはないと判断したギュンターは、内務省とCIAにその旨を報告する。それから、彼はアブドゥラ逮捕に向けて動き出した。ドイツ国籍を与えることを条件にイッサを協力者として迎え入れてはと提案するギュンター。内務省とCIAは渋々ギュンターの提案を受け入れた。

アブドゥラ逮捕の作戦が実施された。イッサと共に車で動き出したアブドゥラを捕まえるため、ギュンターたちは陣形を整えた。しかし、そこに黒塗りの車が数台現れた。それは、CIAの車だった。CIAはアブドゥラたちの車に追突し、乗っていったアブドゥラとイッサを引き摺り降ろすと、自分たちの車に乗せて連れ去ってしまった。

Amazon 映画『誰よりも狙われた男』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    格スパイ映画なのにわかりやすい。脚本家の腕が光っています。フィリップ・シーモア・ホフマンの演技力で魅せるシーンも多く、たまに出てくるジョークは笑えます。観ないと損しますよ。やっぱり、スパイ映画はテレビ画面で見るよりも、劇場の大スクリーンで見たほうがいいです。

  2. 匿名 より:

    主人公を演じるのはフィリップ・シーモア・ホフマン。ヤクのやり過ぎで死んだ名優です。「あの頃ペニー・レインと」での演技が有名ですね。国際指名手配中の男を淡々と追いかけ、徐々に追い詰めていく。『007』なら女と都合のいい設定でどうにかする問題なのに、なんて偉いんだ!と思ってしまうのは、映画ファンならではの感情でしょう。

  3. 匿名 より:

    彼の死が悔やまれます。ロビン・ウィリアムズも薬がきっかけで亡くなっているし、ハリウッドの薬物汚染はどうにかならないものなのでしょうか?名優をこんな形で失ってしまうのは惜しい。