映画『アフター・ウェディング』あらすじネタバレ結末と感想

アフター・ウェディングの概要:マッツ・ミケルセン主演の人間ドラマ。インドで孤児を支援する男と巨額の富で人生を操る実業家が出会い、予想もしない悲劇を招く。共演はロルフ・ラッセゴード。スサンネ・ビア監督の2006年デンマーク映画。

アフター・ウェディング あらすじネタバレ

アフター・ウェディング
映画『アフター・ウェディング』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

アフター・ウェディング あらすじ【起・承】

インドで孤児院を運営しているヤコブ(マッツ・ミケルセン)は、孤児の世話で忙しく働いていた。しかし、財政難で孤児院の運営が回らなくなってしまう。そんな折、デンマークの富豪から寄付の申し出があった。

それには条件があり、CEOと面会しなくてはならない。ヤコブはインドからデンマークに飛び、CEOヨルゲン(ロルフ・ラッセゴード)と会う。しかし、豪華なホテルのスイートに通され、面食らってしまう。

すぐに寄付が貰えると思っていたが、ヨルゲンに後日、返事をすると言われます。納得がいかないヤコブだったが、ヨルゲンから娘の結婚式に招待されるのだった。

娘アナの結婚式当日。遅刻してしまったヤコブは、結婚式で約20年ぶりに元恋人ヘレネ(シセ・バペット・クヌッセン)と再会した。ヘレネは、ヨルゲンの妻だった。

娘アナ(スティーネ・フイッシャー)は、結婚式のスピーチで、自分がヨルゲンの娘でないこと、ヘレネの元恋人の娘であることを告白します。これに驚いたヤコブは、元恋人ヘレネを問い詰めます。

ヤコブは、娘アナが実子であることを知り、アナを家族として熱く抱きしめるのだった。

アフター・ウェディング あらすじ【転・結】

ヨルゲンは、ヤコブにヤコブ・アナ基金を設立し、3000万ドルを与えるという。それには条件があり、まずインドの孤児に役立てること。それから、ヤコブがインドではなくデンマークに住むことだとした。

しかし、インドに実子同然の孤児がいたヤコブは悩み、怒って出て行ってしまう。ヤコブを追う、ヨルゲン。そこで、はじめてヨルゲンは自分の死期が近いこと。自分の死後、家族をどうしたいか話すのだった。

ヨルゲンには、妻ヘレネとの間に双子の男の子がいた。その双子を含めて、家族として面倒を見て欲しいとヨルゲンは言う。ヤコブはすぐに受け入れることができず、ホテルへ戻った。

ホテルには、結婚早々に夫に浮気されたと泣く娘アナがいた。翌朝、ヘレネもホテルに来て、はじめて3人は親子水いらずの時間を過ごした。そこで、ようやくヨルゲンの条件を受け入れることに決めた。

ヨルゲンが迎える、最後の誕生日。家族で楽しい時間を過ごすが、急にヨルゲンが”死にたくない!”と泣き出してしまう。数ヶ月後、ヨルゲンの葬式が行われた。

インドに戻ったヤコブは、実子同然の孤児に”一緒にデンマークで暮らさないか?”と話したが、断られてしまう。こうして、ヤコブはデンマークに住むことになった。

アフター・ウェディング 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:119分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:スザンネ・ビア
  • キャスト:マッツ・ミケルセン、ロルフ・ラッセゴード、シセ・バベット・クヌッセン、スティーネ・フィッシャー・クリステンセン etc

アフター・ウェディング 批評・レビュー

映画『アフター・ウェディング』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

家族の絆を再構築する物語

娘アナの結婚式をきっかけに、家族の秘密が明らかになります。スサンネ・ビア監督は、重要な事を小出しでぶっこんでくるので展開が面白くてやめられません。

マッツ・ミケルセンを目当てに観始めた人も、気が付いたら渋くていい演技をする、ヨルゲン役のロルフ・ラッセゴードに釘づけになってるかも。もちろん、マッツ・ミケルセンも負けていません。

改めて彼がイケメンだということが発見できますし、感情のふり幅に共感できます。ちょっとだらしないくらいの役柄がよく似合っています。

それぞれの心理状態が反映され、謎解きのような面白さもあります。役者の目や口が強調されて映るので、観ている方は人物により深く入り込めます。

ただ、ヤコブとヨルゲンの立場の違いが強烈すぎて、頭の中ではこんなことありえないなと思いました。この映画を観て、終活しなくちゃ!と思う人は注意してね。

スサンネ・ビア作品の常連!マッツ・ミケルセンの魅力

マッツ・ミケルセンが、TVドラマ「ハンニバル」シリーズのレクター博士役で大ブレイクしたのが2013年。ハリウッドでも大活躍していますが、彼の魅力は北欧映画にあります。

本作「アフター・ウェディング」をはじめ、「しあわせな孤独」(02)でもスサンネ・ビア監督作に欠かせない俳優です。

ハリウッドでは、「007 カジノ・ロワイヤル」(06)のル・シッフル役などクールな殺し屋というイメージが強いが、北欧ではクールよりもダメ男を演じています。

コミカル路線もしくは、「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」(12)のようなセクシーな役に分かれるようです!また兄ラース・ミケルセンも俳優です。

この2人が共演したらどうなるのだろう?観たいような、観たくないような複雑な気持ちになります。(実はデビュー作の短編で共演あり)

アフター・ウェディング 感想まとめ

北欧の至宝と呼ばれる、マッツ・ミケルセン。彼の魅力は、甘い顔から怖い顔まで変幻自在な演技力だと思う。特にスサンネ・ビア作品と相性がいい。

本作「アフター・ウェディング」は家族の物語だが、困窮していた男が大金を掴むシンデレラ・ストーリーでもあります。特にお金持ちの実業家ヨルゲン役を演じる、ロルフ・ラッセゴードが魅力的。

彼の人間的弱さが光る、死への態度や真剣な生き方には考えさせられます。北欧映画の優れた人物描写や演技にこれからも注目していきたいと思います。

Amazon 映画『アフター・ウェディング』の商品を見てみる