『エイリアン』あらすじとネタバレ映画批評・評価

エイリアンの概要:「エイリアン」(原題:Alien)は、1979年のアメリカ映画。エイリアンのデザインは、シュルレアリスムの巨匠、H.R.ギーガー。監督はリドリー・スコット。主演はシガニー・ウィーバー。
エイリアン

エイリアン あらすじ

映画『エイリアン』のあらすじを紹介します。

地球への帰還中であった宇宙貨物船ノストロモ号は、船の統括管理コンピューター「マザー」より、異星からの電波信号を傍受したとダラス船長に報告。科学主任のアッシュによると、クライアントの企業は知的生物からの電波を傍受した場合は要調査と契約書に記していた。発信源の小惑星へと調査に向かったリプリー(シガニー・ウィーバー)らのメンバーは、そこで宇宙船と異星人の化石を発見する。やがて調査を進める中、巨大な卵が並ぶ空間へ進入した副船長の防護ヘルメットに孵化した生物が飛び付いて附着する。一方、船で電波を解析するリプリーは、その信号が何かの警告であることを知って不安に駆られる。

船長の一行が探査から戻り、副船長の顔に張り付いた生物にメスを入れると、酸のような体液が床に落ち船体に穴を空ける。危険を察知したメンバーは船長を隔離し、数日が経ち生物は息絶えていた。生物の死骸を棄てるか持ち帰るかで船内は揉めるが、結局持ち帰るという決定が下された。その後、副船長も回復の兆しが見えたが、食事中に突然苦しみ出した彼の胸部を食い破って奇怪な生物が飛び出し、そのまま船内へと逃走した。そして乗組員たちのエイリアン捜索が始まるが、脱皮を繰り返し成長したエイリアンは、次々とクルーたちを襲い喰い殺してゆく。

クルーが半分ほど殺されても、何もしようとしない科学主任のアッシュにリプリーは不満を抱き、直接「マザー」に解決策を尋ねるも、クライアントの意向は「エイリアンの捕獲と回収」が最優先とされ、乗員の命は後回しという条件だった。アッシュは真相を知ったリプリーを殺害しようとするが、リプリーに反撃を受け自己崩壊を起こした後にとどめをされ、首だけになりながらアンドロイドとしての正体と航行目的を明かす。やがて他のメンバーも全て襲われ、独り生き残ったリプリーは宇宙船の自爆装置を起動し、愛猫を連れシャトルへと逃げ込むが、その眼前にエイリアンが立ちはだかった。

エイリアン 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1979年
  • 上映時間:116分
  • ジャンル:SF、ホラー
  • 監督:リドリー・スコット
  • キャスト:シガーニー・ウィーバー、ベロニカ・カートライト、トム・スケリット、イアン・ホルム、ハリー・ディーン・スタントン etc…

エイリアン 批評 ※ネタバレ

映画『エイリアン』について、2つ批評します。※ネタバレあり

リドリー・スコット自身の2作目にして開花した執念の一作

カンヌ映画祭で「デュエリスト/決闘者」を観て、リドリー・スコットの才能を評価したFOXヨーロッパの社長が、監督の決まっていない「エイリアン」の脚本を持ちかけたという異例の監督抜擢である。ヘビメタの世界観をSF映画で表現したかったというスコット監督には打って付けの話でもあり、脚本家のダン・オバノンからH.R.ギーガーの「ネクロノミコンⅣ」を見せられ、その世界観と監督の世界観が独特の映像を作り上げた。

この映画の主役はリプリー役のシガニー・ウィーバーではなく、「エイリアン」だという概念から、制作に至るまでのギーガーとの出逢いがなければ完成されなかった映画であろう。「ネクロノミコン」というギーガーの画集は、悪魔崇拝を思わせるような古代の彫刻に似た象徴が、錆だらけの冷徹な金属の機械に刻まれ、でき物や腫れ物にまみれ腐乱しかけた肉体や性器が、動くことないオブジェのように、その機械の中へ拘束され佇んでいるだけの地獄絵図なのである。ただ単に荒涼とした宇宙の異星というイメージではなく、凶悪極まりないエイリアンの、無機質な文明の成れの果てをイメージするには、ギーガーの世界観ほどこの映画の背景にマッチするものはなかったのではないだろうか。

さほど洗練されていない宇宙船の船内描写にもあえてその世界観を導入することにより、暗くて陰湿なエイリアンの出現に恐怖感を増大させる、計り知れない効果が生まれた。正しくリドリー・スコットの執念とギーガーの怨念の成せる業だろう。

映画監督としての突出したカラー

この作品はロードショーで観ている。あまりにも凄いインパクトに心臓バクバクで、鳥肌が立ったのを覚えているが、今、観直してもその余韻が蘇ってくる。ストーリーが分かっていながらも、緊迫感や澱んだ空気感がシミのようにこびりついた暗い画面から、変な汁が飛んできそうな気がしてやはり気持ちが悪い。後から作られた数本のリドリー・スコット作品にも同じ空気が流れている気がするのだが、「ハンニバル」とか「ブラックホーク・ダウン」なんかはそのいい例だろう。

ヘビメタの世界観というのがイマイチあやふやであるが、役者に頼ることなく映画のカラーが楽しめる希な監督だろう。

まとめ

こんな完成された映画に続編はいらない。と思っていたら瞬く間にシリーズ4作まで作られ、とうとうエイリアン5の登場も現実味を帯びてきたらしい。しかしながら、ジェームズ・キャメロンの2を観たときにその苦し紛れの内容に辟易としたものだ。何故ならこれは人が主役なのではなく、エイリアンが主役なのだから、その世界観を体験した後に、どんな展開になろうが恐怖感は半減なのである。お気に入りだった店の料理が、次に行ったら何故か料理人が変わっていたりで落胆するっていうアレ。この一本でお腹いっぱいです。

Amazon 映画『エイリアン』の商品を見てみる

関連作品