映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のネタバレあらすじ結末

オール・ユー・ニード・イズ・キルの概要:大人気俳優、トム・クルーズが次に挑むのはタイムループを繰り返しながら強敵を倒していく、という本格SFアクション。原題はなんと日本のライトノベル「All you need is kill」。

オール・ユー・ニード・イズ・キルの作品概要

オール・ユー・ニード・イズ・キル

公開日:2014年
上映時間:113分
ジャンル:アクション、SF
監督:ダグ・ライマン
キャスト:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン etc

オール・ユー・ニード・イズ・キルの登場人物(キャスト)

ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)
UDFで広報を担当していたが、上司の反感を買い最前線で戦う事となる。その途中タイムループの能力に目覚め、リタと共にギタイ殲滅に挑む。
リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)
かつてヴェルダンで目覚ましい活躍をした女性兵士。実はケイジと同じくタイムループの力を持っていたが、現在では既に喪失している。
カーター博士(ノア・テイラー)
リタとケイジの協力者で、オメガの居場所を探る逆探知装置を開発した功績者。

オール・ユー・ニード・イズ・キルのネタバレあらすじ

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

オール・ユー・ニード・イズ・キルのあらすじ【起】

今より未来の世界で、人間は史上最悪の敵と対峙していました。その敵とは「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者達です。巨大な金属製のイソギンチャクのような形をしたギタイは、人間相手に猛威を振るい、次々と人間が殺されていきました。そのギタイに相対するべく、東郷防衛軍、UDFが立ち上がりました。

ウィリアム・ケイジ少佐はそのUDFで広報を担当していました。しかし、とある上司の反感を買ってしまった彼は、戦場の最前線へと送られることになります。その戦場には、以前ヴェルダンの戦場で目覚ましい活躍を見せ多くのギタイを撃退した、リタという女性の兵隊も編成されていました。UDF所属の兵達は特別に製造された高機能スーツを着用して戦いますが、一方のケイジはそのスーツの扱い方も知らないまま、最悪な事に敵地でギタイと鉢合わせてしまいます。

不意をついた複数のギタイによる攻撃に、兵隊達は成すすべもなく次々と倒れていきます。そして、ケイジ、そして実力者であるリタも、その混乱の中命を落としてしまうのでした。

オール・ユー・ニード・イズ・キルのあらすじ【承】

しかし、ケイジの意識が再び戻りました。そして時間は、何故かこの現状に出撃する前へと遡っていたのでした。死んだはずの自分が生きている事、そして過去に戻っている事にケイジはパニックに陥りますが、強制的に再びあの戦場へと連れ戻されていきます。その戦場で、やはり彼は再び命を落としました。しかし、再び同じ時間、場所でケイジは意識を取り戻すのでした。

そのタイムループは2度では終わらず、彼が命を落とす度に幾度も繰り返されていきます。ケイジは同じ戦場を渡り歩いた事で、どこに敵が出てくるか、どう動けば自分が死なないかといった事を学習していきます。そしてとうとう、そのギタイを撃破し、生き延びる事に成功したのでした。

そして、そのケイジの活躍を見たリタは、自分とケイジを重ね合わせます。実はリタもケイジと同じくタイムループをした経験があり、彼女のヴェルダンでの活躍はその経験があったからこそなのです。ケイジとリタは互いにギタイの青い体液を浴びた経験があり、その体液によりタイムループという特殊な現象に巻き込まれていたのです。

オール・ユー・ニード・イズ・キルのあらすじ【転】

しかし、リタは一度戦場で大怪我を負った際に受けた輸血によってその能力を失っていました。彼女はカーター博士という研究者と共に、独自にギタイの研究をしており、新たにタイムループの能力に目覚めたケイジをその仲間に入れる事にしました。リタと博士は、地球上に数多く出現しているギタイは実は一つの生命体で、それぞれが母体であるオメガと更新しながら別個に活動しているといいます。

カーター博士が作成した逆探知装置によってオメガの居場所を突き止めるべく、彼らは行動を開始します。そして一つのギタイからオメガに同調する事に成功した3人は、オメガの居場所がパリのルーヴル美術館の地下という事実に辿り着くのでした。そしてこれから

その本拠地に乗り込もうとしたその矢先、ケイジが大怪我を負ってしまいます。ケイジが命を落とせば自動的に発動するタイムリープの能力も、瀕死の状況でまだ命がある場合発動しません。瀕死の状態で病院に運ばれたケイジは病院先で輸血を受け、リタと同じくタイムループの能力を喪失してしまうのでした。

オール・ユー・ニード・イズ・キルのあらすじ【結】

復活したケイジとリタは、事態が自分達の手だけではあまるという判断をし、ケイジの所属しているJ分隊の仲間に協力を仰ぎます。ケイジとリタという数々のギタイを駆逐してきた実力者の言葉を受け、J分隊のメンバーは協力を承諾し、全員でルーヴルに乗り込みます。

しかしそこは敵陣の本拠地、そう易々と突破はできません。途中隊員の命を失いながらも、ケイジはとうとう母体、オメガと一騎打ちに雪崩れ込みます。ケイジはオメガとの相打ちを覚悟し、手榴弾を用いオメガを撃退します。その手榴弾で命を落としたはずのケイジでしたが、直前にオメガの青い体液を再び浴び、タイムループの能力を取り戻していたのでした。

次にケイジが目覚めたのは、自分達がオメガ退治に向かうよりも少し前の時間でした。しかし、母体であるオメガがすでに倒された為、自分の知っている現場とは少し異なり、人類はギタイに勝利した、という事になっていました。ケイジは胸を撫で下ろしながらも、再びリタに出会う為リタのいる戦場へと向かうのでした。

Amazon 映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の商品を見てみる