映画『アマルフィ 女神の報酬』あらすじネタバレ結末と感想

アマルフィ 女神の報酬の概要:『アマルフィ 女神の報酬』は、イタリア・アマルフィを舞台にして、少女誘拐事件を描くサスペンス映画。フジテレビ開局50周年記念作品として制作された。主演は織田裕二。

アマルフィ 女神の報酬 あらすじネタバレ

アマルフィ 女神の報酬
映画『アマルフィ 女神の報酬』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

アマルフィ 女神の報酬 あらすじ【起・承】

ローマの日本大使館では、G8外相会談の準備に追われていた。その頃、外交官の黒田康作はあるテロ予告を受けて赴任していていた。
時季はクリスマス直前。同じころ旅行でローマに訪れていた矢上紗江子から娘がいなくなったという相談を受ける。イタリア語に不安のある紗江子は、黒田と新人外交官である安達の二人の協力を得て娘を探すことになる。

娘は、美術館で誘拐されていた。犯人からの身代金要求電話を受けた黒田は、自分が父親だと名乗ったために事件に関わらざるを得なくなった。身代金は10万ユーロ。犯人が示す場所は観光地。イタリアでは身代金を用意することも禁じられているが、二人は犯人の言う通りに行動する。
ところが、警察が介入していることが知られてしまい、取引はできなくなる。
紗江子は娘を案じ、娘よりも犯人確保を優先させた警察にも黒田にも不信感を抱く。そんな彼女を勇気づけたのは、紗江子の知り合いの商社マン藤井だった。
一方、黒田は自分の外交官としての立場を顧みず、邦人の命のために独自で捜査することを決める。

アマルフィ 女神の報酬 あらすじ【転・結】

黒田は知り合いのフリーライターの協力を得ながら一人で捜査を始めるが、現地警察に咎められる。外交官には捜査権限はないのだ。しかし、黒田の意志は変わらない。捜査を続けていくうちに、犯人の目星がついた。
犯人の意図は、身代金ではない。G8外相会談に訪れる外務大臣だ。犯人は藤井。藤井は昔、中東地域でボランティアをしていた。その際、軍事政権の市民への攻撃で仲間と妻を殺されてしまった。ボランティア団体の仲間とともに、軍事政権に資金援助した日本の川越外務大臣を恨み、彼に復讐することが狙いだったのだ。

黒田は藤井がいるであろうレセプション会場へ向かった。藤井は川越に罪を自白させ、殺そうとしていた。
その頃、紗江子の娘の居場所がわかり、無事保護することができた。巻き込まれた紗江子は、自分たちにしたことを償いながら生きてほしいと黒田づてに藤井に訴える。黒田はそう藤井を説得した。

事件収束後、独断で動いた黒田はウルグアイに左遷されることとなった。

アマルフィ 女神の報酬 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:125分
  • ジャンル:サスペンス
  • 監督:西谷弘
  • キャスト:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市 etc

アマルフィ 女神の報酬 批評・レビュー

映画『アマルフィ 女神の報酬』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

イタリアの観光地を楽しめる

映画のタイトルには「アマルフィ」とあるが、本編の大半がローマで撮影されている。犯人の指示も観光名所ばかりなので、美しいイタリアの街を見るだけでも楽しい。
が、肝心のアマルフィである。アマルフィが登場するのはほんの数十分なのだが、アマルフィで撮影しなければならない理由も特にないように思った。なんでアマルフィが舞台なのか?
アマルフィ海岸は、世界一美しい絶景とも言われるくらいなので、それ目当ての観客を集めるためか?それにしても説得力に欠ける。
まあイタリアの絶景を堪能できるのはいいし、サラ・ブライトマンが本人役で出演し、テーマソングとなっている「Time To Say Goodbye」も素晴らしい。

映画としては微妙

この映画は、フジテレビ開局50周年記念作品なので、フジテレビが制作しているわけだが、映画というよりもちょっと時間とお金をかけたスペシャルドラマという感じ。サスペンスとしてストーリーもよくできているけれど、事前に大げさに宣伝されていた割には満足感はない。なんでもったいぶって映画にしてしまったんだろうかと首をひねってしまう。
この映画は続編の『アンダルシア 女神の報復』もあるが、さらに「黒田康作」シリーズとしてドラマシリーズに続いている。ドラマシリーズを作るなら最初からドラマにした方がよっぽどいいと思う。
ロケ地や出演者が豪華なので、お金をかけていることだけはよくわかるのだが、良くも悪くもフジテレビだなあ……と感じた。

アマルフィ 女神の報酬 感想まとめ

イタリアの絶景をサラ・ブライトマンの歌声で楽しむことができる贅沢な映画である。(ストーリー上イタリアで撮影する必要があったかは疑問)
開局記念作品なだけあってかなり力を入れていて、主演の織田裕二もはまり役だと思う。ドラマシリーズに映画続編まで作られたのはわかる。多数の伏線もあってストーリーはよくできていて、サスペンスとして面白い。
はまり役ではあっても、やっぱり「踊る大捜査線」シリーズには及ばないなあと思うのが本音。

Amazon 映画『アマルフィ 女神の報酬』の商品を見てみる

関連作品