映画『ビッグ』あらすじ・ネタバレ結末と感想

ビッグの概要:『ビッグ』は、大人になりたいという願いが叶い、突然少年の姿から大人になってしまった少年を描くコメディ映画。主演のトム・ハンクスは、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した。

ビッグ あらすじ

ビッグ
映画『ビッグ』のあらすじを紹介します。

12歳の少年ジョッシュは、少年野球やゲームに夢中。
ある日カーニバルで乗り物に乗ろうとしたが、身長が足りないために乗れず、はやく大人になりたいと願った。その時、端にひっそりと置かれている「ゾルダー」という機械を見つける。硬貨を入れて「大人になりたい」と願うと、翌朝なんとジョッシュは35歳になっていた。

その姿では家にいられず、親友のビリーの力も借りて、ニューヨークのおもちゃ会社で働き始めた。最初は簡単な仕事を任されたが、ある休日におもちゃ屋で社長と会い、おもちゃのアイデアの才能を見出され、副社長に任命される。
ジョッシュは中身が子供だからこそ思い付くアイデアを次々に発表し、社長に気に入られる。
そんなジョッシュに興味を持ったのが、美人キャリアウーマンのスーザンだった。スーザンは型破りだが優しく誠実なジョッシュに惹かれ、二人はすぐに恋人関係になる。

大人として、また会社員としての暮らしに慣れ始めた頃、ジョッシュはこのままでいいのか悩む。スーザンに事実を告げるが、信じてはもらえなかった。

そんな中、ビリーが「ゾルダー」のありかが分かったと知らせる。

ビッグ ネタバレ結末・ラスト

元に戻るか、このまま大人として暮らすか悩むジョッシュだったが、「ゾルダー」で元に戻ることを決める。
スーザンはジョッシュを追いかけ、彼は本当に子供だったのだと気づき、置いていかないでくれと頼む。しかし時は遅く、ジョッシュが戻りたいと願った後だった。

二人は名残惜しく思いながらも別れた。
スーザンは車でジョッシュの家まで送りとどけ、35歳から少年の姿に戻り、大きな服を引きずって家に入っていくジョッシュの姿を見届けた。

ビッグ 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1988年
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ファンタジー
  • 監督:ペニー・マーシャル
  • キャスト:トム・ハンクス、エリザベス・パーキンス、ロバート・ロジア、ジャレッド・ラシュトン etc

ビッグ 批評・レビュー

映画『ビッグ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

子供と大人

ジョッシュは、35歳の姿になっても中身は12歳(中盤で13歳になるが)の少年である。まあ12歳の少年にしては、子供すぎる面もあるように感じるが、ゲームやスポーツで親友のビリーと遊ぶのが大好きな子供である。
面白いのが、大人の姿になったジョッシュがパフェを食べながらふざけて遊ぶのに対して、ビリーは真剣にジョッシュの仕事を探してやる場面だ。ふざける35歳のジョッシュをいなす12歳のビリー。ビリーはもともとジョッシュよりは大人びた印象はあったが、どっちが大人かわからないくらいだ。
35歳の大人がオレオのクリームだけなめたり、ヤングコーンの外側だけ食べたりする様子は笑える。

ジョッシュは、おもちゃ会社で働き始めて恋人もでき、仕事に慣れ始めると子供っぽいところが少なくなっていくが、ジョッシュを演じたトム・ハンクスはこの時33歳くらい。はじめの辺りはどこに行ってもキョロキョロしたりして落ち着かない様子で、子供らしい演技が本当にうまいなと思った。

切なくも幸せなラスト

ジョッシュは、恋人スーザンを置いていくことにためらいながらも、最後は13歳の姿にもどって二人は別れる。
ラブストーリーとしてみると切ない終わり方ではあるが、これから10数年後にまたスーザンに会うことがあったとしたらどうなるんだろうとか考えると、ただ悲しいだけの終わり方ではないなあと思う。

子供から大人になって、不慣れながらも頑張って出世して、恋人には正体をかくして……と、ハラハラする要素もあるし、笑えるところもある。いろんな要素がつまったハートフルコメディである。

ビッグ 感想まとめ

トム・ハンクスは、今でこそハリウッド映画界を代表する俳優の一人で、シリアスな作品にも数多く出演する俳優だが、若いころはコメディアンだった。出演する映画でもこの映画のような役柄を得意としていた。この映画は、ただ笑えるだけのコメディではなく、切なくて心温まる場面もある。その後有名俳優になるトム・ハンクスの出世作でもあるのだ。
この映画は反響を呼び、ミュージカルやドラマなど複数リメイク作が存在する。映画では、おもちゃ屋でジョッシュが社長と一緒に巨大な鍵盤の床の上ではねて演奏するという印象的なワンシーンがあって、記憶に残るシーンの一つである。笑って泣けるストーリーといい、ミュージカルになるというのも納得である。

Amazon 映画『ビッグ』の商品を見てみる