映画『ダンボ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ダンボ」のネタバレあらすじ結末

ダンボの概要:とてつもなく大きな耳ゆえに、笑い者にされ母親からも引き離されたサーカスの子象・ダンボが、一躍人気者になるまでを描いた感動作。1941年に公開された、ウォルト・ディズニー制作の長編アニメーション。

ダンボの作品概要

ダンボ

公開日:1941年
上映時間:64分
ジャンル:ファンタジー、ミュージカル、アニメ
監督:ベン・シャープスティーン
キャスト:エドワード・ブロフィ、ハーマン・ビング、ヴァーナ・フェルトン、スターリング・ホロウェイ etc

ダンボの登場人物(キャスト)

ダンボ
生まれたばかりのサーカスの子象。耳がとてつもなく大きく、そのせいで母親以外の他の象からは除け者にされ、観客からも馬鹿にされている。母親のジャンボが檻に閉じ込められたため、独りぼっちになってしまう。生まれたばかりの子象なので言葉は話さない。
ティモシー(エドワード・ブロフィ)
サーカスに住んでいる鼠。独りぼっちのダンボを気の毒に思い、友達になった。ダンボをショーの人気者にしてあげようと画策している。お調子者で兄貴気質。
ジャンボ(ヴェルナ・フェルトン)
ダンボの母親で、サーカスの象。待ち望んだ我が子を心から愛し育てる。しかしダンボが子供達に悪戯をされそうになっているのを見て暴れ出し、鎖に繋がれ檻に入れられてしまった。

ダンボのネタバレあらすじ

映画『ダンボ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ダンボのあらすじ【起】

コウノトリが赤ん坊を授けるため飛んで来た。フロリダにいるサーカスの動物達にも、次々と赤ん坊がやってくる。しかし象のジャンボの元には、いくら待っても赤ん坊は来ない。彼女はがっかりしてしまう。

次の日、一足遅れて1羽のコウノトリが飛んで来た。彼はサーカス団を乗せた汽車に飛び乗り、ジャンボの元にかわいい子象を授ける。しかしこの子象には他の象と違うところがあった。耳がとてつもなく大きかったのだ。そのせいで、子象は皆から「ダンボ」と呼ばれるようになった。ジャンボだけは決してダンボの事を馬鹿にせず、たっぷりの愛情を注ぐのだった。

サーカス団は新しい街に着いた。街の子供達がダンボの耳をからかう。ダンボを虐めはじめた子供達に、ジャンボは攻撃し暴れはじめた。ジャンボは危険な象として鎖に繋がれ、隔離されてしまった。ダンボは他の象達から爪弾きにされ、母親と引き離された悲しみで孤独に泣いていた。それを見ていたのは鼠のティモシー。ダンボを気の毒に思ったティモシーは、ダンボを虐める象達を脅かし、ダンボと友達になるのだった。

ダンボのあらすじ【承】

ティモシーはダンボをショーの人気者にしようと考えを練っていた。サーカスの団長が象のピラミッドのショーを思いついたのを漏れ聞き、ダンボをショーの主役にするよう、寝ている団長に考えを吹き込んだ。象達のピラミッドの上に、ジャンプ台からダンボが飛び乗るのだ。しかしダンボは自分の耳に躓いて、ジャンプを失敗してしまった。ショーは台無しになりテントは倒壊、象達も大怪我をしてしまった。

ダンボは罰として、笑い者のピエロ役をさせられることになってしまった。ダンボは火事の建物から飛び降りるパフォーマンスをすることになった。観客はこれを見て大笑い。ピエロ達はショーの成功を喜ぶが、笑い者にされたダンボは1人泣いていた。ティモシーはダンボを勇気付けようと、ジャンボの檻にダンボを連れて行く。檻の小さな窓からはお互いの姿は見えず、鼻でしか触れ合うことができない。ジャンボは鼻でダンボを揺らしながら、優しく子守歌を歌うのだった。

ダンボのあらすじ【転】

ピエロ達はショーの成功を祝って酒盛りをしていた。その酒が、水の入った桶に落ちてしまう。ダンボはしゃっくりを止めようとその桶の水を飲んでしまった。酔っぱらったダンボとティモシーは、ピンクの象の幻覚を見る。ピンクの象が躍る幻覚に気分が良くなったダンボとティモシーは、いつの間にか眠ってしまった。

次の日の朝。目覚めたダンボとティモシーは、いつの間にか高い木の上にいた。カラス達に起こされた2匹はビックリ仰天。どうやらダンボが酔っぱらっている間に、木の上まで飛び上がってしまったようだ。ダンボの大きな耳が翼の役割を果たしたのではと、ティモシーは大喜び。カラスたちは初めそれを信じずダンボを馬鹿にしていたが、ダンボの不幸な身の上を聞いて、飛ぶ練習に付き合ってくれることになった。カラスはダンボに「魔法の羽」と言って羽を一本くれた。ダンボが耳を大きく動かすと、本当にダンボは空を飛び上がることができた。ダンボは鳥のように空を飛びまわる。

ダンボのあらすじ【結】

次の日のショーが始まった。演目は前日と同じく、火事の建物からダンボが飛び降りるというものだ。前日の成功に味を占めたピエロ達は、ダンボが飛び降りる建物の高さを3倍にしていた。ダンボとティモシーは皆を驚かせようと、カラスからもらった魔法の羽を鼻で掴み、飛ぶ準備をしていた。ダンボは飛び降りるが、風に煽られて魔法の羽を落としてしまう。魔法の羽を失ったダンボは怖くて耳を広げることができず、どんどん落下地点のトランポリンが近づいてくる。ダンボの頭に乗ったティモシーは、あの羽は嘘で元々ダンボには飛ぶ力があるのだと叫ぶ。トランポリンに落下する直前、ダンボは羽を広げ、大きく飛び上がった。

ダンボは空飛ぶ象として一躍有名になり、サーカスの人気者になった。ティモシーもダンボのマネージャーとして成功する。ジャンボも檻から解放され、再びダンボと暮らせるようになった。ジャンボと2人用の特別車をもらったダンボは、親子揃って幸せそうに次の街へと去っていくのだった。

Amazon 映画『ダンボ』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    本作の物語は『みにくいアヒルの子』にとても良く似ています。異なるのは、母親からの愛情を受けているかどうか、という点。ダンボは母親からの愛情を遮断されるという形で絶望するわけですが、アヒルは母親の愛情など一度も感じたことがないわけです。これがラストのカタルシスに大きく影響してきます。
    ダンボはサーカス団のスターになり、母親とも再会できるわけですが、アヒルは自らが白鳥であることに気づき、池から飛び立っていく。どちらがいいでしょうか?好みによりますが、見ていて楽しいのは本作のエンディングではないかな、と思います。2つの救いがあるわけですからね。イジメからの開放と母親との再会。こっちの方が救いがある。アヒルは見方によってはバッドエンディングです。アヒルは孤独と闘いながら生きていかなくてはいけないんですから。