映画『ダレン・シャン』あらすじネタバレ結末と感想

ダレン・シャンの概要:2009年制作のアメリカ映画。アメリカで人気のダーク・ファンタジーの小説を映画化した作品で、毒蜘蛛にかまれた親友のためにヴァンパイアと取引し半分ヴァンパイアになってしまうという物語である。

ダレン・シャン あらすじネタバレ

ダレン・シャン
映画『ダレン・シャン』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ダレン・シャン あらすじ【起・承】

学校で女子にモテモテのダレン・シャン。
成績も優秀で家族にも恵まれる、不自由の無い暮らしをしていた。

ある日、親友のスティーブに誘われて見世物小屋のサーカスを見に行く。
そこでは他では観ることが出来ないような独特なショーを見せてくれる。
中でもダレンが惹かれたのは巨大毒蜘蛛のショーだった。
その毒蜘蛛はマダム・オクタといい、クレプスリーという人物が操っていた。

親友のスティーブは大のヴァンパイアファン。
クレプスリーがヴァンパイアであることに気がついてしまう。
彼はダレンとは違う不幸な境遇に嘆いていた、そこでクレプスリーに直接会い自分をヴァンパイアにしてくれないか頼み込むことにする。
しかしクレプスリーの返事はダメだった。
一方で毒蜘蛛好きのダレンは小屋から勝手にオクタを盗み出す。

翌日毒蜘蛛を学校のロッカーに隠したはずは動き出すオクタは、スティーブを噛んでしまう。
このことで重体になったスティーブは昏睡状態に陥ってしまう。

ダレン・シャン あらすじ【転・結】

スティーブを救うため、ダレンはクレプスリーの元を訪ね解毒剤をくれるよう頼み込む。
しかしそれには条件があるという。
それは半吸血鬼になることだ。
クレプスリーは吸血鬼と半吸血鬼は長い間休戦状態にあったが、そろそろ戦わせたいと企んでいると言う。
その条件を飲んだダレンは、半吸血鬼になり家族とも決別する。
そして身の安全のために最初に入った見世物小屋で暮らすこととなった。
そこにはフリークスと呼ばれるものが大勢いて、サーカス団として生活している。

ある日バンパニーズが襲ってきた。
彼らは人間を狙う残酷で恐ろしい生き物だった。
しかもそのリーダーになっていたのが、あのスティーブだった。
彼はダレンに恨みを抱えていた。

激しい戦いが始める
まさか親友同士で戦うことになるとはと、フリークスも巻き込んでしまう。
しかしどちらも手強く決着がつかないため、クレプスリーが引き分けにする。

こうしてダレンは強くなり、クレプスリーやフリークスとも行動を共にするようになった今ではさらに強くなろうと修行に励むのだった。

ダレン・シャン 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:109分
  • ジャンル:ファンタジー
  • 監督:ポール・ワイツ
  • キャスト:クリス・マッソグリア、ジョシュ・ハッチャーソン、ジョン・C・ライリー、ジェシカ・カールソン etc

ダレン・シャン 批評・レビュー

映画『ダレン・シャン』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

何のための戦いなのか

この映画の最大の謎は、何のために戦っているのかの大義名分が良くわからないところだ。
半吸血鬼と吸血鬼の戦いが見たいから復活させたいのだという台詞が最初あるのだが、知識の無いこちら側には納得するもしないもないものだし、親友スティーブが敵になってしまうほどダレンに何かされたわけでも無い。
いわば毒蜘蛛に刺されたのは不慮の事故である。
もっというと見世物小屋に行きたいと言ったのは彼であるから、どちらかというと自業自得である。

もっともらしい理由をつけて何とか面白そうな題材を広げてみる、そんな臭いがしてしまうファンタジー作品である。
上質なファンタジー映画のヒットが多いアメリカでは、このような映画が受け入れられるのか謎だったが、実際には正当な評価がされているようだ。

渡辺謙に注目

この作品のフリークスの座長を務めているのが日本人俳優、渡辺謙である。
頭の長いフリークスを演じているのだが、何故ここに渡辺謙なのか。
もちろんハリウッド映画の出演は凄いが、この作品でそんなに名前を安く売る必要は本当にあったのか?
世界の渡辺謙ともあろう人が若干勿体ない気がする。
日本人ブランドをもっと大事にして欲しい。

安いアクション

どこにでもありそうな、そしてどこかで見たことのあるような陳腐なアクションシーンが随所に散りばめられている印象が強い映画である。
高速移動などにアクションは面白かったが、吸血鬼同士が戦ってもどちらかが死ぬわけではなかろうし、いったいいつまでこれやるの?という疑問に思うアクションシーン。
大して派手でも無いアクションに最後は飽きてしまう。

ダレン・シャン 感想まとめ

ダレン・シャンは小説で見る方が面白いかもしれない。
そんな気がしてならないファンタジー映画である。
またシリーズ化されるのだろうと思いきや、人気が無かったのかもしれない。
それ以降音沙汰も無い。
トワイライトシリーズに便乗してヴァンパイア映画を作ってはみたものの、パンチが弱く人気が出なかったということが現実であろう。

作品としては暇なときに見る分には申し分なく楽しめる。
深いところを探らなければ何となくは見ることも出来るし良い。
しかしアメリカのファンタジーはもっと良いものを作ってくれるはずだと思って鑑賞するときつい結果になる。

Amazon 映画『ダレン・シャン』の商品を見てみる