映画『ダークナイト』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ダークナイト』のネタバレあらすじ結末

ダークナイトの概要:バットマンが活躍するゴッサムシティでは、それまで町に蔓延っていた犯罪者たちが夜に怯えて暮らしていた。しかし、依然として町から汚職や犯罪が一掃されたわけではない。新任検事のハービーはゴードンやバットマンと共にマフィアの掃討に当たる。追い詰められたマフィアは、狂人のジョーカーにハービーとバットマンの抹殺を依頼する。

ダークナイトの作品概要

ダークナイト

公開日:2008年
上映時間:152分
ジャンル:アドベンチャー、アクション
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマン etc

ダークナイトの登場人物(キャスト)

ブルース・ウェイン / バットマン(クリスチャン・ベール)
父親の遺志を引き継ぎ、ゴッサムシティの平和を守る男。父の会社を継いだ御曹司という表の顔と、バットマンという裏の顔を使い分ける。
レイチェル・ドーズ(マギー・ギレンホール)
検事補佐官で、ブルースの幼馴染。戦いに明け暮れるブルースとは疎遠になった。ゴッサムシティのマフィアを捕まえるため協力する内にハービーと親密な関係になる。
ジェームズ・ゴードン(ゲイリー・オールドマン)
ゴッサム市警の警部補。汚職に染まる警察において、正義を貫く一方、身内の不正を正せないでいる。そのため、部外者のバットマンを受け入れ、彼に協力している。
ジョーカー(ヒース・レジャー)
奇抜なメイクをした、経歴の一切が不明な男。混沌を好み、そのためだけに犯罪に手を染める。
ハービー・デント / トゥーフェイス(アーロン・エッカート)
新任の地方検事。正義感の強い男で、不正を許さず、マフィアだけでなく、汚職警官やマフィアとの繋がりがある検事も一掃したいと願っている。ゴードンが外部協力者と手を組んでいることを察知し、自分も彼らの仲に加わろうとする。

ダークナイトのネタバレあらすじ

映画『ダークナイト』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ダークナイトのあらすじ【起】

ピエロの覆面を被った集団が銀行を襲撃した。彼らは犯行の最中に仲間を繰り返し、残った一人がスクールバスを改修した車に乗って逃亡した。その生き残った者こそが、彼らのボスで、ジョーカーを自称する男だった。奇抜なメイクに恐れ知らずのジョーカーが手を出した金は、ゴッサムシティを牛耳るマフィアの金だった。

ゴッサムシティの夜を、バットシグナルが照らす。犯罪者たちは、その信号に怯えていた。強盗も、薬の売人も、空に浮かぶ蝙蝠の影を見るとすぐにその場から立ち去った。ゴッサム市警の屋上にある、サーチライト。バッドシグナルを空に映すそのライトの脇で、部下のラミレスと共に、ある男が現れるのを待っていた。

とある立体駐車場に、黒塗りの車が集まっていた。中から現れたのは、スケアクロウで、彼はラーズ・アル・グールによる一件の後も警察から逃れ、部下と共に薬の売買をしていた。スケアクロウが顧客と取引していると、そこに蝙蝠の覆面を被った男が現れた。一人だけではない。数人いた。彼らはアイスホッケーの防具を黒く塗り、銃で武装している。バットマンに憧れただけの偽物だった。スケアクロウは嘲笑うが、そこに本物のバットマンも現れる。バットマンはスケアクロウとその部下、自分の偽物を捕えると騒ぎを聞きつけた警官が現れる前にその場から消えた。

ダークナイトのあらすじ【承】

バットケイブに戻ったバットマンは、服を脱いでブルース・ウェインに戻った。彼の身体には犯罪者との戦いで負った無数の傷が刻まれていた。自分やゴードンだけでゴッサムシティの犯罪と立ち向かうことに限界を感じていたブルースは、光の騎士と巷で呼ばれているハービー・デントの素行調査を始めた。

新任の地方検事、ハービー・デントはゴッサムシティの腐敗を正すため、マフィアの脅しにも屈することなく、裁判所に赴いた。そこでは、マフィアの手下の裁判が行われる。被告は司法取引に応じ、ボスのマローニの犯行を自供するはずだった。しかし、突然、嘘の証言を始めたかと思うと、どこで手に入れたのか、拳銃をハービーに向って突き付けた。ハービーは動じることなくマフィアの手下から銃を奪い取り、鉄拳で沈める。検事補左官としてハービーの裁判に同席していたレイチェルは、マフィアが強硬策に出たのは、彼らを揺さぶっている証拠だとハービーを励ました。

裁判の後、ハービーを訪ねにゴードンがやって来た。ゴードンはマフィアを一掃するために五つの銀行の捜査令状を発行してほしいとハービーに依頼した。ゴードンが外部の協力者と共にマフィアの資金を断とうとしていることを調査していたハービーは自分も仲間に入れろと提案する。しかし、警察や裁判所の腐敗を自覚していたゴードンは情報漏洩を防ぐために捜査関係者を無暗に増やしたがらなかった。ハービーはゴードンの信用を得るため、ゴードンたちの計画を聞かずに捜査令状を発行した。

ダークナイトのあらすじ【転】

偶然を装い、レイチェルとデート中のハービーに接触するブルース。レイチェルを通じてハービーと同席した彼は、政治に関心がある振りをして、ハービーの考えを聞き出そうとした。ハービーはバットマンの存在を肯定的に捉えているうえ、彼だけが戦う状況に限界がきていることも見抜いていた。ハービーの正義感と能力が信頼に値すると考えたブルースは、彼がゴッサムシティのリーダーになれば、町から犯罪は一掃されるだろうと思い、次期市長選に向けた支援パーティを催すことを約束する。

ゴードンの捜査が活動資金に及び、バットマンの活躍によって、資金調達もままならない。ゴッサムシティで暗躍するマフィアのボスたちは集まって今後の計画を立てていた。その会合にジョーカーが現れる。彼はバットマンが現れて以来のマフィアの醜態を嘲笑い、自分が犯罪に塗れたゴッサムシティを取り戻してやるとマフィアに宣言する。ジョーカーは新任検事のハービーと彼に協力的な裁判官、そして警視総監の暗殺を企て、バットマンが正体を現さなければ市民を殺すという声明をテレビ局に送りつけた。

ダークナイトのあらすじ【結】

バットマンの活躍により、ハービーの命は助かったものの、警視総監と裁判官がジョーカーによって殺されてしまう。そして、正体を現さないバットマンの代わりに、市民が殺されていった。更に、式典を控えた市長の殺害宣言が出される。ブルースとゴードン、ハービーはジョーカーによる市長暗殺を防ぐため、街頭パレードを警護する。しかし、潜入しているだろうジョーカーとその手下の所在を見抜けぬままパレードが始まり、ジョーカーの銃口が市長に向けられる。市長を庇い、ゴートンがジョーカーの凶弾に倒れる。騒動の最中、ハービーはジョーカーの犯行予告を見つける。次の標的はレイチェルだった。これ以上犠牲者を出せないと考えたバットマンは、ハービーに記者会見を開くよう指示し、そこでマスクを脱ぐと宣言した。ハービーは去り行くバットマンの背に、屈するなと叫んだ。

記者会見の場で、ハービーは自分こそがバットマンの正体だとマスコミに表明する。そして、彼は警察に出頭した。全てはジョーカーを誘き出すための作戦だった。警察署で、ハービーを護送車に乗せると、警察官は迎撃の準備を始めた。護送車が裁判所を目指して出発すると、計画通り、ジョーカーが現れた。バットマンもジョーカーの迎撃に加わるが、ジョーカーを捕えたのは死んだはずのゴードンだった。ジョーカーの目を欺き、家族を護るために、彼は一時的に死んだ振りをしていたのだ。ジョーカーを逮捕したことで、警察署は歓喜に沸く。しかし、ハービーとレイチェルの姿が消えてしまっていることに、誰も気付かなかった。

警察に潜り込んでいたマフィアの手下により、ハービーとレイチェルは捕まってしまった。取調室で、ジョーカーはバットマンにゲームを持ちかける。助けられるのは一方だけ。バットマンはゴードンと二手に分かれて救助に向かう。しかし、レイチェルは救助寸前で爆風に巻き込まれ、バットマンに助けられたハービーも、爆風で半身を火傷してしまった。更に、ゴードンとバットマンが消えた警察署からジョーカーが脱走してしまった。

バットマンが居てこそ、自分は悪党として名を馳せることができる。そう言って、ジョーカーは突如、バットマンの詮索を止めると言い出した。そして、新しい声明をテレビ局に送った。町は自分が支配する。それが嫌なら立ち去れ。ゴッサムシティはパニックに包まれた。その最中、入院中のはずのハービーが病院から姿を消していた。

ジョーカーから、レイチェルと自分を誘拐したのは、警察内に潜伏しているマローニの部下だと知らされたハービーは、復讐心に燃えていた。マローニの部下、それからマローニ自身を始末した彼の矛先は、ゴードンに向いていた。警察の腐敗と向き合っていれば、レイチェルは死なずに済んだ。そう考えていたハービーはゴードンの大切な人。家族を連れ去る。

ジョーカーを捜索中のゴードンの携帯電話が鳴る。相手は失踪したハービーだった。ハービーは家族を誘拐したことを明かし、レイチェルが殺された廃屋に一人で来るよう命じると、電話を切った。一方、ジョーカーと闘っていたバットマンは、ジョーカーの口からハービーが彼の誘惑に屈したことを聞かされる。ゴードンとバットマンはハービーのもとに向かった。

腐敗を野放しにしていたゴードンと、身を潜めて自分だけ被害を受けなかったバットマンに、ハービーは怒りを燃やしていた。ゴードンの息子を殺そうとするハービーとバットマンは揉み合いになった。そして、ハービーは廃屋から地面に落ちて死んでしまう。光の騎士としてゴッサムシティの象徴となるはずだったハービーが私情で人を殺してまわっている。そうと知れば、市民の希望は潰え、ゴッサムシティは再び悪の蔓延る町になってしまうだろう。バットマンは、市民の希望を守るために、ハービーが犯した罪の全てを引き受けることにした。

殺人犯となったバットマンは、本格的に警察から追われることになる。世間はバットマンを怨み、ハービーを英雄視した。権力の体裁は保たれ、ゴッサムシティに仮初の平和がもたらされた。ゴードンとその家族だけが、本当の英雄が誰かを知っている。

ダークナイトの解説・レビュー

バットマンとジョーカー。表と裏

本作では、バットマンの「正義とは何か?」という葛藤がメインとなる。そのため、対立する立場にあるジョーカーにもかなり焦点が当てられている。
前作『バットマン ビギンズ』において明かされたバットマン誕生のきっかけとは、コウモリの姿をする意味とは、ウェイン自身が幼いころに体験した恐怖にある。バットマンは、恐怖の象徴となり街の浄化を目指すのである。そこには確かにウェインの「正義」があるのだが、これはハービーとジョーカーによって揺らいでいく。

ジョーカーは、「バットマン」シリーズ史上最強最悪とされる悪役で、その狂気によって人々を恐怖させる。バットマンとジョーカーは、動機、目的こそ違うが、同じ方法を取って恐怖を与えているのである。
他にも共通点はある。二人ともが過去の傷を抱えて生きていることである。バットマンはどうしようもない気持ちをきっかけに「正義」へと向かうが、ジョーカーは「悪」へと向かった。そこに初めて違いが生まれたのだ。
二人は表と裏の関係としてよく描かれている。そして「正義とは何か」という悩みからバットマンは成長する。

脇役が素晴らしい

もちろん、ヒールであるジョーカーの存在はこの映画でかなり大きい。シリーズで一番評価されたことも、ヒース・レジャーのジョーカーあってこそと言える。
しかし、他の脇役も良かった。
アーロン・エッカートのハービーは、正義に生きていたが、死んだ恋人を愛するがゆえに悪に堕ち、トゥーフェイスとなる。正義と悪の二面性を持つが、愛だけは変わらないという役を好演した。
そしてもう一人。ゲイリー・オールドマンのゴードンである。街で一番の正義感を持った人物として登場するゴードン。悪役のイメージがついてまわるゲイリー・オールドマンが、まさかゴードンだなんて、と思った人も少なくないはずだ。もしかすると、過去の作品のイメージと異なりすぎて、ゴードンをゲイリー・オールドマンが演じていると気づかない人もいたかもしれない。それほど意外で、しかしはまり役だった。

ダークナイトの感想まとめ

本作は、「バットマン三部作」の内の二作目だが、おそらくシリーズで一番面白く、素晴らしい映画であると思う。バットマンとジョーカーの戦いでもあり、バットマン自身の、自分との闘いでもあった。

また、ジョーカーを演じたヒース・レジャーの演技には狂気を感じた。かなりこだわりを持って演じていたのがよくわかる。ヒース・レジャーは、本作を撮ってすぐ、薬物中毒によって亡くなっている。28歳という早すぎる死である。死後、アカデミー助演男優賞を受賞し、その天才的な演技力が評価された。みんなが大好きな「バットマン」。でも、『ダークナイト』においては主役のバットマンよりももしかするとジョーカーの方が人気といえるかもしれない。それほど強く観客の心を掴んだのである。

Amazon 映画『ダークナイト』の商品を見てみる

関連作品

次作 ダークナイト・ライジング
前作 バットマン ビギンズ