映画『ダークナイト』あらすじとネタバレ感想

ダークナイトの概要:『ダークナイト』は、ダークナイト三部作の第二作。前作に続き、クリストファー・ノーラン監督が手掛ける。本作では、旧シリーズにも登場したヒールであり、もう一人の主人公と言えるジョーカーにかなり焦点を当てている。

ダークナイト あらすじ

ダークナイト
映画『ダークナイト』のあらすじを紹介します。

ゴッサム・シティにバットマンが誕生して暫く経った。
そこに新たな犯罪者ジョーカーが現れる。顔を白く塗り、口が裂けたメイクを施したジョーかは、正体不明の快楽犯罪者だった。大胆にも、銀行強盗で大金を盗み、姿をくらます。

表の顔は大企業の社長であり、裏の顔はバットマンのブルース・ウェインは、街の良心であるジム・ゴードン警部補、新任検事のハービー・デントと共にマフィアの悪事を摘発していく。
ハービーは街を良くするための信念を持っており、犯罪、悪と戦う覚悟を持っていた。ウェインとハービーはレイチェルを巡って恋のライバル関係にもあったが、そんなハービーと接したウェインは彼を認め、そして本当の姿を隠してバットマンとなり、恐怖によって犯罪者から街を守ろうとする自分の正義を疑い始める。正々堂々と悪と戦うハービーこそ真の正義だと感じ、バットマンをやめようと考える。

そして、一方では、ジョーカーはバットマンを倒そうとしていた。警視総監を殺したジョーカーは、市民の命を盾にとり、バットマンの正体を明かすように脅す。
ウェインは悩んだ末、正体を明かすことを決心するが、しかしハービーが「自分がバットマンだ」と話す。その機転により、一度はジョーカーを逮捕するが、ハービーとレイチェル連れて脱走されてしまう。

バットマン二人を救出しようと追いかけるが、助けることができたのはハービーだけだった。
その時の火災で顔半分が爛れてしまったハービーは、ジョーカーにそそのかされ、トゥーウェイスとなり悪に染まる。
次々と民衆を殺していったトゥーフェイスは、ゴードン警部補の家族を誘拐し、立てこもる。バットマンはジョーカーを倒した後、トゥーフェイスと対峙する。戦いによってトゥーフェイスは死んでしまう。

正義のヒーローだったハービーを犯罪者にしたくなかったバットマンは、トゥーフェイスの罪をかぶり、悪者として消えるのだった。

ダークナイト 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:152分
  • ジャンル:アクション、アドベンチャー
  • 監督:クリストファー・ノーラン
  • キャスト:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマン etc

ダークナイト ネタバレ批評

映画『ダークナイト』について、感想批評です。※ネタバレあり

バットマンとジョーカー。表と裏

本作では、バットマンの「正義とは何か?」という葛藤がメインとなる。そのため、対立する立場にあるジョーカーにもかなり焦点が当てられている。
前作『バットマン ビギンズ』において明かされたバットマン誕生のきっかけとは、コウモリの姿をする意味とは、ウェイン自身が幼いころに体験した恐怖にある。バットマンは、恐怖の象徴となり街の浄化を目指すのである。そこには確かにウェインの「正義」があるのだが、これはハービーとジョーカーによって揺らいでいく。

ジョーカーは、「バットマン」シリーズ史上最強最悪とされる悪役で、その狂気によって人々を恐怖させる。バットマンとジョーカーは、動機、目的こそ違うが、同じ方法を取って恐怖を与えているのである。
他にも共通点はある。二人ともが過去の傷を抱えて生きていることである。バットマンはどうしようもない気持ちをきっかけに「正義」へと向かうが、ジョーカーは「悪」へと向かった。そこに初めて違いが生まれたのだ。
二人は表と裏の関係としてよく描かれている。そして「正義とは何か」という悩みからバットマンは成長する。

脇役が素晴らしい

もちろん、ヒールであるジョーカーの存在はこの映画でかなり大きい。シリーズで一番評価されたことも、ヒース・レジャーのジョーカーあってこそと言える。
しかし、他の脇役も良かった。
アーロン・エッカートのハービーは、正義に生きていたが、死んだ恋人を愛するがゆえに悪に堕ち、トゥーフェイスとなる。正義と悪の二面性を持つが、愛だけは変わらないという役を好演した。
そしてもう一人。ゲイリー・オールドマンのゴードンである。街で一番の正義感を持った人物として登場するゴードン。悪役のイメージがついてまわるゲイリー・オールドマンが、まさかゴードンだなんて、と思った人も少なくないはずだ。もしかすると、過去の作品のイメージと異なりすぎて、ゴードンをゲイリー・オールドマンが演じていると気づかない人もいたかもしれない。それほど意外で、しかしはまり役だった。

ダークナイト 感想まとめ

本作は、「バットマン三部作」の内の二作目だが、おそらくシリーズで一番面白く、素晴らしい映画であると思う。バットマンとジョーカーの戦いでもあり、バットマン自身の、自分との闘いでもあった。

また、ジョーカーを演じたヒース・レジャーの演技には狂気を感じた。かなりこだわりを持って演じていたのがよくわかる。ヒース・レジャーは、本作を撮ってすぐ、薬物中毒によって亡くなっている。28歳という早すぎる死である。死後、アカデミー助演男優賞を受賞し、その天才的な演技力が評価された。みんなが大好きな「バットマン」。でも、『ダークナイト』においては主役のバットマンよりももしかするとジョーカーの方が人気といえるかもしれない。それほど強く観客の心を掴んだのである。

Amazon 映画『ダークナイト』の商品を見てみる

関連作品

次作 ダークナイト・ライジング
前作 バットマン ビギンズ