映画『ダ・ヴィンチ・コード』あらすじとネタバレ感想

ダ・ヴィンチ・コードの概要:ロン・ハワード監督がダン・ブラウン原作の「ダ・ビンチ・コード」を映画化。キリスト教の隠された秘密をラングドン教授が追うミステリー。出演はトム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ。2006年米国映画

ダ・ヴィンチ・コード あらすじ

ダ・ヴィンチ・コード
映画『ダ・ヴィンチ・コード』のあらすじを紹介します。

ルーブル美術館館長のソニエールが館内で殺害された。奇妙なことに、ダ・ビンチの”ウィトルウィウス的人体図”を模した死体となって。ハーヴァード大学の宗教象徴学教授のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、フランス警察によって現場に呼ばれます。
そこには、ファーシュ警部(ジャン・レノ)と共に暗号解読官のソフィー(オドレイ・トトゥ)がいた。ソニエールの遺体のそばには、数列と文字、そして”PS ラングドンを捜せ”というメッセージが!事件当夜にソニエールと会う約束をしていたこともあり、ラングドンは第1容疑者とされてしまう。
ラングドンはソフィーと共に、キリスト教にまつわる”聖杯の謎”を解くためにルーブル美術館を脱出した。

ソニエールに託された鍵を持って、チューリッヒ保管銀行へ。そこで2人は、保管庫からクリップテックスを受け取ります。このクリップテックスには、”五弁の薔薇”が細工してあり、5文字の正しいパスワードがなければ絶対に開けないようになっていた。祖父ソニエールの秘密を知り、驚くソフィー。
一方、ソニエールら4名のシオン修道会会員を殺した、オプス・ディ教団のシラス(ポール・ベタニー)。彼は4人の証言の一致する場所、サン・シュルピス教会を訪れていた。ここが、キー・ストーンの隠し場所だと思っていたが、見つからない。

ラングドンとソフィーは、”聖杯の研究”で有名な宗教史学者リー・ティービングの屋敷を目指していた。そんな2人にシラスが迫ります。ダ・ビンチの名画と”聖杯の謎”が、キリスト教に隠された真実を暴く!知的な冒険物語。

ダ・ヴィンチ・コード 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:149分
  • ジャンル:サスペンス、ミステリー、アドベンチャー
  • 監督:ロン・ハワード
  • キャスト:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ etc

ダ・ヴィンチ・コード ネタバレ批評

映画『ダ・ヴィンチ・コード』について、感想批評です。※ネタバレあり

知的興奮度MAX!キリストの”聖杯伝説”を追え!

ヨーロッパ世界を理解するためには、宗教、つまりキリスト教を知らなければならない。大学でヨーロッパの文化を学んでいた時に実感しました。日本人には、キリスト教はなじみが薄いものですが、物語としての魅力があると思います。
原作者ダン・ブラウンが、ダ・ビンチの絵画をキリスト教の”聖杯伝説”の謎解きに用いて、やがて一人の女性へたどり着く物語力が1番の魅力です!映画を観た後で、原作を読めばより深いキリスト教文化の1端が見えてきますよ。
世界史や美術が好きな人にもおすすめです。中世ヨーロッパの十字軍遠征やコンスタンティヌス帝の話など興味深い。そして、なによりもダ・ビンチが描く「最後の晩餐」の謎解きがわくわくします!
フィクションではあるが、こういった宗教シンボルの解釈や読み方ができるのなら、聖杯が女性の象徴というのも納得できます。また、主人公・ラングドン教授を演じる、トム・ハンクスがいい!長髪は彼には似合っていないと思うけど、”象徴学の講義”などを見ていると説得力があり演技に引き込まれます。

いい人すぎる?トム・ハンクスの魅力

これまでの生き方が役に反映され、年々渋みが増してくる俳優トム・ハンクス。彼の魅力は、役や映画を選ぶのではなく、なにか見えない糸で映画の世界に導かれているかように思います。1984年の「スプラッシュ」でロン・ハワード監督と出会い、その後、「フォレスト・ガンプ/一期一会」(94)と「めぐり逢えたら」(93)が大ヒット!
どんなファンにも快く対応し、映画以外の場所でも人間力の高い人物として尊敬されています。本作は、ロン・ハワード監督と再び挑んだ知的ミステリー。冒険物語としても、緊張感や新しい知の扉を開いてくれる秀作です。原作本を読んでから観ると、さらに理解が増しますよ。ただ、謎が解ける瞬間が早い!天才すぎます!
ルーブル美術館の全面協力で撮影が進んだといわれており、ルーブル美術館とそこに展示している絵画の魅力にも注目して下さい。2009年には、シリーズ第2弾の「天使と悪魔」が公開されました。カルメンゴ役のユアン・マクレガーの怪演も話題になりましたが、本作よりアクション性が強くなっています。
そして、シリーズ待望の第3弾、「インフェルノ」(原題)が2016年秋に公開予定です。
ぜひ、ご期待下さい。

ダ・ヴィンチ・コード 感想まとめ

クリスマスの時期が近づくと、小さい頃にサンタクロースを信じていた事を思い出します。もし、自分が信じるものが事実と違っていたら?と考えると怖いですよね。ラストシーンで、ラングドン教授が”結局、何を信じるかだ”という一言が胸に突き刺さります。「ダ・ビンチ・コード」に描かれる、キリスト教世界の”聖杯伝説”という謎が知的好奇心を掻き立てます。
聖杯が女性を象徴し、しかもマグダラのマリアとキリストは夫婦関係にあったというのですからワクワクします。イタリアを旅する機会があれば、ダ・ビンチの絵画をじっくり観たくなりますね。本作の魅力は、物語としての面白さとラングドン教授の人間性の相乗効果にあるのではと思います。ぜひ、原作も併せて読んで下さい。映画だけだと、キリスト教世界になじみのない日本人はとまどうところが多いです。
そこも含めて、一緒に謎解きが楽しめるのがいい。ただ、あまりにラングドン教授の解答が早すぎて、もう解けちゃったの?と思うシーンもあります。相棒役が「アメリ」の主人公を演じたオドレイ・トトウ。上品な印象です。ジャン・レノ演じる、ファーシュ警部はイマイチな感じがしますが、豪華な俳優陣の共演にも注目して下さい。

Amazon 映画『ダ・ヴィンチ・コード』の商品を見てみる