映画『エデンの東』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「エデンの東」のネタバレあらすじ結末

エデンの東の概要:キャルは孤独だった。人付き合い良く生きられないし、善行を尊ぶ父親とは考え方が相容れない。誰かに愛されているという実感を求めていたキャルは、ある日、父から死んだと聞かされた母親が、実は生きていたことを知る。

エデンの東の作品概要

エデンの東

公開日:1954年
上映時間:115分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:エリア・カザン
キャスト:ジェームズ・ディーン、ジュリー・ハリス、レイモンド・マッセイ、リチャード・ダヴァロス etc

エデンの東の登場人物(キャスト)

キャル・トラスク(ジェームズ・ディーン)
父の語る正義に納得できない少年。ある日、父から死んだと聞かされていた母が生きていることを知る。
アダム・トラスク(レイモンド・マッセイ)
キャルの父。敬虔なキリスト教信者で発明家。キャルを善行に導こうとする。
ケート(ジョー・ヴァン・フリート)
キャルの母でアダムの元妻。潔白でいることに固執し、融通の利かないアダムに嫌気が差し、家を出る。酒場の経営者として成功し、裕福な暮らしをしている。

エデンの東のネタバレあらすじ

映画『エデンの東』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

エデンの東のあらすじ【起】

豪華なドレスを着た女が高額の預金を降ろすのを見かけたキャルは、女の後を追った。女の名はケート。ケートはキャルが自分の後ろを付いて来るのに気付いていたが、無視して自分の屋敷に戻った。屋敷の窓から外にいるキャルの様子をうかがい、正体を知っているか使用人に問う。使用人はケートが経営する酒場にいるのを見たと答えた。ケートはキャルの正体を確かめろとジョーに命じた。ジョーが少年に事情を尋ねようとすると、キャルはケートと話したいと言った。何を話すつもりかと問うと、嫌いだと伝えてくれと言い残し、キャルはその場を立ち去った。

キャルの父親であるアダムは、物を凍らせる研究をしていた。野菜を冷凍することができれば長期保存ができる。そうすれば、長距離移送も夢じゃなくなる。実験のために沢山の氷を買い付けようとする父に、キャルは豆やトウモロコシを育てた方が金になると進言した。しかし、父は金よりも研究が大事なのだとキャルの話を聞き入れなかった。キャルは苛立ち、倉庫に保管されていた氷を窓から放り出し、台無しにしてしまった。

エデンの東のあらすじ【承】

その晩、アダムはキャルに説教し、改心させるために聖書を読ませた。しかし、チャルの反抗的な態度は変わらない。キャルのアダムに対する反抗心の原因は、父が自分たちに吐いた一つの嘘にあった。キャルは最近、近所の人に死んだと聞かされていた母が実は生きていると知らされたのだ。なぜそんな嘘を吐いたのか、キャルは父を問い詰める。苦しませないためだと父は答えた。キャルはもっと母親のことを教えて欲しいと食い下がったが、父は応えなかった。

キャルはケートが経営する酒場に潜り込んだ。彼が酒を飲んでいるところを見つけたケートの使用人が、ジョーやケートに見つかったら大変なことになると彼に警告した。キャルは使用人にケートの下に案内するよう頼み込んだ。彼はケートこそが自分の母親なのではと考えていたのだ。ケートは自分の部屋で眠っていた。キャルは話を聞いてほしくて彼女を起こした。目を覚ましたケートは突然現れたキャルに驚き、保安官に通報した。話を聞いてくれと訴えたキャルだが、酒場を追い出されてしまった。

エデンの東のあらすじ【転】

保安官は連行されてきたキャルに酒場への立ち入りを禁じた。それから、キャルの両親の若い頃の写真を彼に見せた。保安官から渡された写真を見て、キャルは自分の考えが正しかったと確信する。保安官もキャルとケートの関係を保証した。キャルはどうして両親が別れることになったのかと保安官に尋ねた。しかし、保安官も詳しい話は知らなかった。ただ一つ、アダムは本物の善人だとだけ断言した。

冷凍保存の試験のためのレタスの収穫が始まった。農家の人たちは成功を祈ってはいたが、半信半疑だった。収穫されたレタスは氷と共に列車で運ばれた。キャルたちが列車を見送ってしばらくすると、悪い知らせがもたらされた。山中を移動中の列車が雪崩に巻き込まれ立ち往生してしまったというのだ。列車は来た道を戻らざるを得なかった。キャルたちが戻ってきた列車の積荷を確認すると、レタスは水浸しで腐っていた。自分たちの失敗を糧に誰かが冷凍法を成功させるだろう。腐ったレタスを手に父は呟く。キャルは父の試みは正しかったと励まそうとしたが、落ち込んだ父は自分の思い上がりで野菜が無駄になったと嘆いた。

エデンの東のあらすじ【結】

父が損した分の金を稼ぐため、キャルは豆農家に金を貸してほしいと相談を持ちかけた。国際情勢は戦争が始まる雰囲気で、アメリカも何時参加することになっても可笑しくない。そうなれば、豆の需要が上がる。豆を植えるためにも、キャルには資本が必要だった。豆農家は自分の父親を救おうとするキャルに感心して、豆農家は協力を約束した。しかし、豆農家にも資本金は大金で用意ができない。キャルは一か八か、ケートに金を借りようと目論んだ。

酒場での騒動の後、ケートはキャルが自分の息子であると気付いた。金を借りにやってきたキャルを事務所に招き入れたケート。ケートは聖人ぶって破滅したアダムを非難した。彼女の不満はキャルにも同意できた。ケートはキャルが自分に似たことを喜んだ。元夫を救うつもりはなかったが、ケートはキャルのために資本金として必要な分の小切手を切って彼に渡した。

大豆で儲けた金を、父の誕生日にプレゼントしたキャル。しかし、アダムはキャルの努力も無視して戦争で儲けた金など要らぬとキャルを非難した。キャルは必死で稼いだ金だから受け取って欲しいと父に懇願した。しかし、アダムはキャルのことを悪人呼ばわりし続けた。正義を押しつける父親の愛などもう要らない。そう言い捨て、キャルは父と決別した。妻と同じように、息子に棄てられた。一家が崩壊したショックで、父は脳卒中になって倒れてしまった。事切れる間際、父は見舞いに来ていたキャルに囁いた。最期まで自分を看病してほしい。その言葉で親子は和解した。

Amazon 映画『エデンの東』の商品を見てみる