映画『エンパイア・レコード』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「エンパイア・レコード」のネタバレあらすじ結末

エンパイア・レコードの概要:老舗レコードショップ、エンパイア・レコードの個性豊かなスタッフ達は、店を買収から守るため、騒動の末に一丸となって立ち上がる。90’Sヒットチューンをバックに若さが炸裂するドタバタ青春劇。

エンパイア・レコードの作品概要

エンパイア・レコード

公開日:1995年
上映時間:90分
ジャンル:青春、音楽
監督:アラン・モイル
キャスト:リヴ・タイラー、アンソニー・ラパリア、マックスウェル・コールフィールド、デビ・メイザー etc

エンパイア・レコードの登場人物(キャスト)

ジョー(アンソニー・ラバリア)
エンパイア・レコードの店長。寡黙だが部下思いの優しい男性。ストレス発散にドラムを叩く。
コリー(リヴ・タイラー)
エンパイア・レコードの店員。名門校に通うお嬢様女子高生。ハーバード大への進学が決まっている。レックス・マニングの大ファン。
ジーナ(レニー・ゼルウィガー)
エンパイア・レコードの店員。コリーとは親友。奔放な性格で色っぽく、男性経験も多い。
ルーカス(ロリー・コクレイン)
エンパイア・レコードの店員。天然ボケでマイペースだが、店に対する思いは人一倍強い。幼い時に施設から逃げ出し、以降ジョーが保護者になっている。
A.J(ジョニー・ホイットワース)
エンパイア・レコードの店員。芸術家肌で美大志望。コリーに思いを寄せているがなかなか告白できないでいる。
マーク(イーサン・エンブリー)
エンパイア・レコードの店員。メタルロックが好きで、いつかスターになりたいと願っている。
デブラ(ロビン・タネイ)
エンパイア・レコードの店員。ゴス趣味。内向的で悲観主義。
レックス・マニング(マクスウェル・コールフィールド)
かつてのアイドル歌手。売れなくなった現在は地方興行を続けている。
ジェーン(デビ・メイザー)
レックスのマネージャー。ジョーとは旧知の仲。
エディー(ジェームス・キモ・ウィルズ)
エンパイア・レコードの近くのピザ屋の店員。マークと仲が良く、大麻を横流ししている。
ウォーレン(ブレンダン・セクストン三世)
エンパイア・レコードで万引きを働く少年。

エンパイア・レコードのネタバレあらすじ

映画『エンパイア・レコード』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

エンパイア・レコードのあらすじ【起】

老舗レコードショップ、エンパイア・レコード。店長を始め、スタッフは皆個性豊かな若者である。

ある夜、閉店係のルーカスは、店長ジョーの机で大手CDショップのミュージックタウンによる買収通知書を発見する。店を買収から守るための資金を作ろうと思い立ったルーカスは、売上金9000ドルを持ち出してラスベガスへ向かう。ルーカスはカジノで大損し、売上金を全て失う。

翌朝、店の前で一晩を明かしたルーカスは、出勤してきた店員のA.Jとマークに店が危機だとの一言を残してバイクで走り去る。

出勤したジョーが銀行から売上金が振り込まれていないとの連絡を受け、ルーカスが金を失くしたことが発覚する。

店員のジーナとコリーは、車で店へ向かう。今日はレックス・マニングのサイン会がエンパイア・レコードを開催されることになっており、レックスの大ファンのコリーは、レックスに処女を捧げるとジーナに宣言する。

A.Jは、今日こそコリーに告白しようと決意する。A.Jはジョーにアドバイスを請うが、売上金をどう工面するか悩んでいるジョーはそれどころではない。ジョーは電話で問い合わせてきたオーナーのミッチに、売上金はまだ店にあると嘘をつく。

ジョーは何食わぬ顔で出勤してきたルーカスに金の行方を尋ねるが、ルーカスはカジノで使ったと飄々と答えるだけである。

店員のデブラは出勤するなり控え室にこもり、髪を剃ってスキンヘッドにする。デブラの手首の包帯に気付いたA.Jは心配して理由を聞くが、デブラは答えない。デブラを嫌っているコリーはデブラの髪型に拒絶反応を示す。

近所のピザ屋店員エディーがエンパイア・レコードを訪れ、マークに大麻入りのケーキを渡す。

エンパイア・レコードのあらすじ【承】

店内のBGMに合わせて、いつものように上機嫌で踊り出すスタッフ達を見かねて、ジョーはミュージックタウンによる買収の決定を打ち明ける。ジョーは店員達にミュージックタウンの従業員規則書を配る。

ジョーは、買収後にエンパイア・レコードを買い戻し、共同経営者になることで店を維持しようと考えていたが、ルーカスが売上金を失ったためにその計画は頓挫した。店員達はミュージックタウンへの反発を示す。

レックスとマネージャーのジェーンが到着し、サイン会が始まる。店の中がごった返す中、ルーカスは万引き少年ウォーレンを発見する。ルーカスはウォーレンを捕まえ、ジョーは警察に通報する。

ストレスが頂点に達したジョーは、発散に思い切りドラムを叩く。ドラムに合わせて店員達がはしゃいでいるところへ、ミッチが売上金を取りに店を訪れる。窮地に陥ったジョーは、紙屑を詰めた袋を売上金と称してミッチに渡す。

A.Jは一人屋上でコリーへの告白の練習をしている。

店に仕返しをするとの捨て台詞を残し、ウォーレンは警察に補導される。

エンパイア・レコードのあらすじ【転】

コリーは、控え室で休憩中のレックスに迫る。レックスに馬鹿にされショックを受けたコリーは屋上へ逃げ出す。ちょうど屋上にいたA.Jがコリーに告白するが、取り乱しているコリーはまともに聞こうとしない。傷ついたA.Jは、コリーへの恋を諦め階下へ降りていく。

コリーはジーナに、レックスに抱かれる計画が失敗したことを告げる。コリーは励まそうとするジーナに八つ当たりし、ジーナを尻軽女だと侮辱する。怒ったジーナはレックスを誘惑し、二人は金庫室でセックスする。

落ち着いたコリーがA.Jに先程の態度を謝罪するが、A.Jはコリーを撥ねつける。やけになったA.Jは店内で大音量の音楽をかけ、コリーに見せつけるためにデブラと踊る。

他の店員や客達も踊り出す。楽天的な店員達に腹を立てたジョーは、反省の色が見えないルーカスを殴りつける。騒動が収まると、金庫室からジーナの喘ぎ声が聞こえてくる。偶然コリーが金庫室を開けようとしたところに、息の上がったジーナとレックスが出てくる。

レックスは慌てて外へ出ていく。コリーはジーナの裏切りを責めるが、ジーナはコリーがドラッグを常用していることを暴露してやり返す。興奮したコリーは店内で暴れ出し、ジーナは店の外へ飛び出す。

デブラがコリーを落ち着かせる。お互いへの理解を深めた二人は初めて打ち解ける。

コリーは礼として、デブラのたっての望みであった葬儀ごっこを演出する。店員達は横たわったデブラを取り囲み、葬式のように弔うフリをする。葬儀とは関係なく、店員達が思い思いに自分のことを語りだす。それぞれが心の内を告白し、結束が深まる。

コリーがジーナに謝りたいと本心を口にしたちょうどその時に、ジーナが店に帰ってくる。コリーとジーナは仲直りする。

エンパイア・レコードのあらすじ【結】

銃を手にしたウォーレンが、仕返しのために店に乗り込んでくる。店員達の説得により、ウォーレンは銃を手放す。銃は空砲であった。実はエンパイア・レコードで働きたいウォーレンは、その反動で万引きをしたのだった。ウォーレンは再び補導されるが、ジョーはウォーレンの店員証を作り、帰ってきたら雇うとウォーレンに約束する。

店を救うために店員がカンパするが、目標額には到底届かない。突如、マークがエンパイア・レコード救済と称するチャリティーパーティーを思いつく。マークは、ウォーレンの事件の報道に来ていたTVカメラに割り込んでパーティーの宣伝をする。

エンパイア・レコードを愛する人々が、街中からパーティーに集まってくる。パーティーの盛り上がりを聞きつけたアーティスト達も、街の外から続々と到着する。みるみるうちに寄付金は集まり、目標額の9000ドルに達する。

紙屑を渡されたことに気付いたミッチがパーティーに乗り込んでくる。ジョーはミッチに寄付金を押し付け、独立宣言をする。店の狂乱ぶりに嫌気が差したミッチは、ジョーに店を売り渡すことにする。

屋上でエンパイア・レコードのネオンサインを修理しているA.Jのもとへ、コリーがやってくる。コリーはA.Jへ想いを告げ、A.Jは再びコリーへの愛を確信する。二人がキスを交わす中、エンパイア・レコードのネインサインが灯る。

Amazon 映画『エンパイア・レコード』の商品を見てみる