映画『エクソシスト3』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「エクソシスト3」のネタバレあらすじ結末

エクソシスト3の概要:その圧倒的恐怖から人々を魅了し続けてきた大ヒットホラーシリーズ『エクソシスト』。今作はその伝説的作品の第三弾にあたる。今回、観客を待ち受けている良質な恐怖とは?期待に値する良作!

エクソシスト3の作品概要

エクソシスト3

製作年:1990年
上映時間:110分
ジャンル:ホラー、サスペンス
監督:ウィリアム・ピーター・ブラッティ
キャスト:ジョージ・C・スコット、ブラッド・ドゥーリフ、エド・フランダース、ジェイソン・ミラー etc

エクソシスト3の登場人物(キャスト)

ウィリアム・キンダーマン(ジョージ・C・スコット)
警察官。突如として起こった第二の双子座連続殺人の担当になる。
ジョセフ・ダイヤー(エド・フランダース)
キンダーマンと旧知の仲である神父。連続殺人に巻き込まれてしまう。
ダミアン・カラス(ジェイソン・ミラー)
15年前に起きた少女憑依事件で、エクソシズムを行った人物。既に他界している。
双子座殺人鬼(ブラッド・ドゥーリフ)
15年前に世の中を震撼させた、連続殺人鬼。15年の時を経て、彼と同じ手口の連続殺人が生じた。
クラリア(メアリー・ジャクソン)
精神科病棟に入院している女性。実は、彼女にはある秘密があった。

エクソシスト3のネタバレあらすじ

映画『エクソシスト3』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

エクソシスト3のあらすじ【起】

舞台は1990年にまで遡る。ワシントンのジョージタウンという場所で、一人の青年が死体で発見された。その犯行はひどく残虐で、死体の首は切り取られ、キリスト像のものとすげかえられていた。さらに、遺体の右手人差し指が切り取られ、左の手の平には双子座のマークが刻まれていたのだった。

これは、15年前に発生した連続殺人事件と同じやり口だった。双子座殺人鬼連続事件と呼ばれたその恐ろしい事件では、幾多の人間が指を失い、そして、手の平に双子座のマークを刻まれたのだった。しかし、その犯人はすでに逮捕されたうえ、死刑が執行されている。そうなると、どうしてもおかしいことがある。当時、警察は犯人を炙りだすために、あえて「左手の中指を切り取られている」など嘘の手口を公表していたのである。つまり、本当の双子座殺人鬼の手口を知っているのは、警察か犯人本人だけなのである。

その時事件を担当することになったのは、キンダーマンという警部だった。しかし、立て続けに第二の殺人が起きてしまう。この2つの犯行にはとある共通点があった。いずれの死体も、サクシニルコリンという薬剤が注射されたあとがあったのである。

エクソシスト3のあらすじ【承】

しかし、そんな事実が判明したところで、第三の事件が生じてしまう。次の被害者は、キンダーマンとも旧知の仲であるダイヤー神父だった。ダイヤー神父は検査のために病院に入院していたところ、そのまま犯人に殺されてしまったのだ。やはり、ダイヤー神父の遺体にも、同様に双子座殺人鬼のものと思われる手口が使用されていた。

ダイヤー神父が亡くなったことで、新たな共通点が明らかになった。一つ目の共通点は、殺害されたいずれの人物の名前もKで始まること、そして、ミドルネームがケビンであることだった。2つ目の共通点は、全員ダミアン・カラスという人物と面識があったことである。ダミアン・カラスとは、15年前に起きた、少女に悪魔が乗り移った際、命がけでエクソシズムを行った人物である(前作参照)。しかし、ダミアンは既に亡き人となっている。

一方、捜査を行っていたキンダーマンは、クラリアという女性に出会う。そして、なんとダイヤーの部屋から、クラリアの指紋が見つかったのだった。また、病院には厳重な管理のもと、隔離棟に入院している男性がいた。なんと、彼は15年間もの間、隔離状態にあるのだった。

エクソシスト3のあらすじ【転】

そんな時、自らが双子座殺人鬼だと名乗る人物があらわれた。そして、その人物こそが、先日キンダーマンが見かけた、例の隔離棟にいる男性だったのである。厳重な監視のもと病院を抜け出し、そして、殺人を犯すなど普通に考えればありえないことである。しかし、捜査に行き詰っていたキンダーマンは、とりあえずその男に会うことにしたのだった。

すると、キンダーマンはありえないものを目にすることとなる。その人物は、15年前に死んだダミアンと瓜二つだったのだ。そして、その男は自分が別の世界にいる『あのお方』に頼まれ殺人を犯したという。彼の犯行を証明するように、彼は犯人しか知る由のない情報をいくつも持っているのだった。

男は、自分が双子座殺人鬼であることを世間に公表するようキンダーマンに迫る。しかし、明確な証拠もないままそんなことができるはずもない。キンダーマンが迷っていると、男はみせしめに病院の看護師と医師を殺すのだった。そして、男はキンダーマンにある告白をする。なんと、男の身体は本当にダミアンのものだという。双子座殺人鬼が、悪魔の力を借りダミアンの身体に乗り移っていたのだった。

エクソシスト3のあらすじ【結】

全てを明かしたうえで、男は改めてキンダーマンに、自らが双子座殺人鬼であることを明かすようにと命じる。しかし、キンダーマンも易々と犯人の要求を呑むわけにもいかない。そして、キンダーマンは、はっきりと男の要求を断るのだった。そのことに腹を立てたのか、男は「ダンスの招待状を出す」という謎のメッセージをキンダーマンに告げる。そして、男はそのまま昏睡状態に陥ったのだ。

この時のキンダーマンが知る由もないが、実はこの時、双子座殺人鬼はダミアンの身体から、クラリアの身体へと乗り移ったのである。そして、クラリアこと双子座殺人鬼は、一人の看護師を殺し病院を抜け出したのだった。つまり、双子座殺人鬼が再びこの世に解き放たれてしまったのである。その事実を知ったキンダーマンは、恐ろしい予感に襲われる。それは、自由の身となった双子座殺人鬼が、次に自分の愛娘を狙うのではないかという予感だった。

キンダーマンが慌てて家に電話を掛けると、つい先ほど自宅に怪しい電話があったという。キンダーマンが急いで自宅へ向かうと、彼の予想通り、クラリアが押しかけていた。クラリハはジュリーに襲い掛かるが、間一髪でジュリーは助かった。そして、クラリアとキンダーマンの激しい戦いが幕を開ける。そして、キンダーマンを助けに現れたモーニング神父の協力のもと、双子座殺人鬼は再びダミアンの身体へと戻っていった。そして、病院へ戻ったキンダーマンは、モーニングと共に双子座殺人鬼と戦い、そして、辛くも勝利を収めたのだった。

Amazon 映画『エクソシスト3』の商品を見てみる