映画『フューリー(2014)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『フューリー(2014)』のネタバレあらすじ結末

フューリー(2014)の概要:第二次世界大戦時、たった1台でドイツ兵300人と戦い、重要拠点を守り切った戦車、愛称「フューリー」。この戦車に乗り込んだ兵士たちを描く戦争ドラマ。ブラッド・ピット主演・制作総指揮。

フューリーの作品概要

フューリー

公開日:2014年
上映時間:135分
ジャンル:戦争、アクション
監督:デヴィッド・エアー
キャスト:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ etc

フューリーの登場人物(キャスト)

ドン・コリアー軍曹(ブラッド・ピット)
戦車「フューリー」の指揮官。ノーマンに戦争の恐ろしさ、そしてそれを直視し戦うことを、身をもって教えていく。
ノーマン(ローガン・ラーマン)
戦車「フューリー」に補充要員として乗り込むこととなった、若き兵士。入隊したばかりで、戦争や死に慣れていない。
フューリーの乗組員<ボイド(シャイア・ラブーフ)、トリニ(マイケル・ペーニャ)、グレイディ(ジョン・バーンサル)>
ドン、ノーマンと共に戦車「フューリー」に乗り込む3人の仲間。

フューリーのネタバレあらすじ

映画『フューリー(2014)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

フューリーのあらすじ【起】

第二次世界大戦時、米軍はナチス・ドイツの戦車隊にてこずっていた。終戦間近の1945年。連合軍はドイツに侵攻、ナチスは国民に「総力戦」を指示する。

ドン軍曹率いる戦車「フューリー」は、戦場で副操縦士を1人失う。代わりの乗組員として、まだ入隊したばかりの若者、ノーマンが選ばれる。ノーマンは戦争の経験がなく、戦車の中の死体を見て吐いてしまう。ドン軍曹のフューリーと他何台かの戦車隊は、B中隊と合流し町を制圧することになった。

戦車に乗り込んだノーマンは、不安と恐怖の表情を浮かべている。道中、白旗を上げ歩く民間人の集団とすれ違うが、ドン軍曹は怪しい動きがあれば民間人でも撃つようにノーマンに指示する。しかし突然の急襲に遭い、戦車隊の指揮官が亡くなってしまう。襲撃者はまだ幼い少年で、ノーマンは彼らを撃つことができなかった。

ドン軍曹が小隊長となり、戦車隊は道中戦場の味方歩兵を助けながら、次の町に向かう。敵の正確な位置は不明だ。戦車隊は後ろに歩兵を隠れさせ、前に進む。戦闘に勝利し、小隊はドイツ兵を捕えた。ドン軍曹はノーマンに、捕虜を撃ち殺すよう命じる。命令を聞こうとしないノーマンだったが、ドン軍曹は無理やり銃を撃たせるのだった。

フューリーのあらすじ【承】

ドン軍曹率いる小隊は目的の町へ到着、制圧する。ノーマンも戦車の中からドイツ兵を撃ち殺す。ドン軍曹はノーマンを連れ、町を見て回る。町にいたドイツ軍の幹部は、連合軍到着前にすでに自殺していた。

さらにドン軍曹はノーマンをアパートの1室へ連れて行く。そこには2人のドイツ人女性が潜んでいた。嫌悪感をあらわにする女性達に、ドン軍曹はドイツ語で話しかける。さらに食料や物資を分け与え、代わりに、体をきれいにする水や食事の用意を頼む。ノーマンは部屋にあったピアノを弾き始めた。すると女性のうち若い方のエマが、ノーマンに心を開き始めた。それを見て、ドン軍曹はノーマンにエマを抱くよう命じる。言葉の通じない彼女にとりとめのない話をするうち、2人は打ち解け、恋人のようにキスをするのだった。

食事の用意ができたころ、他の隊員達が騒がしく乗り込んできた。エマに下卑た言葉をかけるグレイディ達を、ドン軍曹は叱責する。

次の町へ制圧に行くことになり、ノーマン達はエマの家を出る。しかしその直後、どこからか砲撃を受け、エマの家に直撃した。エマが亡くなり、ノーマンは強いショックを受ける。しかし仲間からは、「これが戦争だ」と現実を突きつけられるのだった。

フューリーのあらすじ【転】

十字路へ向かう途中、戦車隊は敵戦車の攻撃を受ける。逃げ場もなく、戦車隊は真っ向から敵と対峙する。敵軍を全滅させたが、仲間の戦車もやられ、フューリーは孤立してしまった。仲間達は、ドイツ軍に果敢に攻撃したノーマンを一人前の兵士と認める。

1台だけとなったフューリーは、目的地の十字路に到着した。しかし十字路の真上で地雷を踏んでしまい、戦車が動かなくなってしまう。その場から動けなくなり、ノーマンたちは周囲に敵軍がいないか見回る。ノーマンは少し離れた木のそばで、見張りを命じられる。

見張りについたノーマンは、戦意高揚したドイツ軍の集団を発見する。300人近くの歩兵と戦車が十字路に近づいてきていた。ノーマンの報告を受け、隊員達は逃げようと提案する。しかしドン軍曹は「十字路を守るのが俺の任務だ」と、1人戦車に残ろうとする。それを見たノーマンは、ドン軍曹と共に残ることを決めた。他の隊員も戦車に乗り込む。

隊員達は、ドイツ軍が到着するまでのつかの間の時間を過ごす。ここが死に場所になるであろうことは、皆覚悟していた。

フューリーのあらすじ【結】

ドイツ軍の攻撃が始まった。フューリーの隊員達は戦車内に立てこもり、ドイツ軍を撃ち殺していく。しかし敵の数は多く、ドン軍曹達は苦戦を強いられる。グレイディ、トリニ、ボイドがつぎつぎ犠牲になる。

弾切れで戦車内から銃弾を撃つことができなくなり、ドン軍曹は戦車の上から顔を出して敵を銃撃する。倒れたドイツ軍の中を、1人のドイツ兵がこっそり這い進んでいた。彼はドン軍曹に狙いを定め、銃撃。ドン軍曹は致命傷を負ってしまった。

フューリーの中で生きているのは、ドン軍曹とノーマンだけになってしまった。ドン軍曹はノーマンに、脱出口からでて戦車の下に隠れるように言う。そこに爆弾が放り込まれた。ノーマンが脱出した直後、爆弾はドン軍曹のすぐそばで爆発した。

ドイツ軍は勝利したと考えその場から去った。ノーマンは1人のドイツ兵に見つかりそうになる。しかしこのドイツ兵は彼を見逃した。ノーマンは戦車に戻り、ドン軍曹の顔に上着をかける。

戦車のドアが開いた。ノーマンは銃を構える。そこにのぞいたのは、連合軍の兵士の顔だった。フューリーは十字路を守り抜いたのだ。

Amazon 映画『フューリー』の商品を見てみる