映画『ギルバート・グレイプ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ギルバート・グレイプ」のネタバレあらすじ結末

ギルバート・グレイプの概要:家族を養うために自分の人生をあきらめていた青年ギルバート。しかし自由に生きるベッキーという女性と出会い、彼の心の中で葛藤が始まる。主演のジョニー・デップに加えて、知的障害を持つ弟を演じたレオナルド・ディカプリオの繊細な演技が素晴らしい。

ギルバート・グレイプの作品概要

ギルバート・グレイプ

公開日:1993年
上映時間:117分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ラッセ・ハルストレム
キャスト:ジョニー・デップ、ジュリエット・ルイス、メアリー・スティーンバージェン、レオナルド・ディカプリオ etc

ギルバート・グレイプの登場人物(キャスト)

ギルバート・グレイプ(ジョニー・デップ)
アイオワ州の寂れた田舎町で暮らす青年。父は自殺し、その後家を出た兄の代わりに町の小さな食料品店で働きながら一家の生活を支えている。家族思いの優しい青年。
アーニー・グレイプ(レオナルド・ディカプリオ)
もうすぐ18歳になるギルバートの弟。知的障害があり、体は大人でも心は幼児のように純粋。自分を守ってくれる兄のギルバートを心から信頼している。
ボニー・グレイプ(ダーレン・ケイツ)
ギルバートの母。長男、長女のエイミー、次男のギルバート、三男のアーニー、次女のエレンという5人の子供を持つ。昔はこの地方一の美人だったが、夫が自殺してから過食症となり、200キロ以上の肥満体になってしまった。
ベッキー(ジュリエット・ルイス)
祖母とトレーラーで各地を旅している。自由を愛する個性的な女性で、固定観念にとらわれない自分の目を持っている。
ベティ・カーヴァー(メアリー・スティーンバージェン)
町の保険屋の妻。ギルバートと不倫関係にある。

ギルバート・グレイプのネタバレあらすじ

映画『ギルバート・グレイプ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ギルバート・グレイプのあらすじ【起】

ギルバートはもうすぐ18歳の誕生日を迎える弟のアーニーと、1年に1度やってくるトレーラー軍団を待っていた。アーニーには重度の知的障害があり、片時も目が離せない。ギルバートは職場の食料品店にもアーニーを連れて行き、風呂に入れて寝かしつけまでする。小学校の食堂で働いていた姉のエイミーは失業中、高校生の妹のエレンは反抗期。そして母は父が自殺してから7年間も家から出ずに食べ続け、とんでもない肥満体になっていた。ギルバートはそんな家族の面倒を見ている。

保険屋の妻のベティは、若いギルバートを誘惑して2年前から不倫関係を続けている。この田舎町から出たことのないギルバートには、年増のベティさえも魅力的だった。

アーニーは高いところが大好きで、油断するとすぐに高所にあるタンクのはしごを登ってしまう。その度に警察が出動する騒ぎとなり、ギルバートはいつも頭を下げていた。それでもギルバートはアーニーを叱るようなことはしない。その様子をトレーラーのエンジンが故障してこの町に足止めを食らっているベッキーが見ていた。

ギルバート・グレイプのあらすじ【承】

ギルバートは口には出さないが毎日憂鬱だった。家ではアーニーの誕生日パーティーをどうするかという話題ばかりで、友人は修理屋のタッカーと葬儀屋のボビーだけ。タッカーは新しくできるバーガー・ショップに就職するつもりで、ギルバートのことも誘う。しかしギルバートはアーニーのことを理解してくれる職場でしか働けない。

ある日、ギルバートは母がいつもいる場所の床が抜けそうになっているのを発見する。太りすぎて2階に行くのも困難になっていた母は、夜もここのソファーで眠っていた。自分の巨体を気にしている母には内緒で、ギルバートはタッカーに床下の修理を頼む。

またタンクのはしごを登ろうとしたアーニーをエレンが殴っているのを見て、ギルバートはエレンをきつく叱る。ギルバートはかわいそうな弟を絶対に守ろうと心に決めていた。

食料品店で買い物をしたベッキーに配達を頼まれ、ギルバートは初めてベッキーとゆっくり話をする。広い世界を見てきたベッキーとの会話は楽しく、あっという間に時間が過ぎる。ギルバートは一旦家に帰り、アーニーを風呂に入れて自分で着替えるよう教える。そしてまたベッキーのもとへ戻り、夜更けまで話し込む。翌朝、ギルバートは裸のまま風呂で震えているアーニーを発見する。ギルバートは心から反省するが、アーニーは風呂を恐れるようになってしまう。

ギルバート・グレイプのあらすじ【転】

ベッキーと知り合ってから、ギルバートはベティへの興味を失う。保険屋の夫にこの関係がバレてしまうことも心配で、ギルバートは彼女を避けるようになる。プライドを傷つけられたベティは、ギルバートを選んだのはこの町から出ていかないからだと言い放つ。

ギルバートはアーニーを連れてベッキーを訪ね、彼女と川辺で話し込む。そのすきにアーニーは姿を消し、タンクの上まで登っていた。はしご車で救出されたアーニーは警察に身柄を拘束され、留置場に入れられてしまう。ギリバートの母は可愛い息子を助けるために立ち上がり、警察署へ向かう。母の剣幕に押されて警察はアーニーを釈放してくれるが、町の人々は家から出てきた巨体の母を嘲笑する。

心臓発作で夫を亡くしたベティは、町の人から保険金目当ての殺人ではないかと疑われていた。ベティは子供を連れて町を去っていく。

ギルバートとベッキーは恋に落ちていた。しかしトレーラーのエンジンが直り、ベッキーは明日出発することになる。明日はアーニーの誕生日だった。様々なことでイライラしていたギルバートは、どうしても風呂に入ろうとしないアーニーを思わず殴ってしまう。ギルバートの我慢も限界だった。

ギルバート・グレイプのあらすじ【結】

ギルバートは家を出るつもりで町境まで車を走らせる。アーニーはベッキーのところへ逃げていた。ベッキーは川を怖がるアーニーをうまく誘導し、川遊びをさせてアーニーの体をきれいにしてやる。そしてエイミーとエレンがアーニーを迎えに来る。ギルバートは物陰に隠れてその様子を見ていた。

ギルバートは自分がアーニーを殴ってしまったことにショックを受けて泣いていた。ベッキーは優しくギルバートを抱きしめる。そしてギルバートは自殺した父のことや母のことを話し、その夜ベッキーと一緒に眠る。

ギルバートは家へ帰る。庭では賑やかな誕生日パーティーが始まっていた。アーニーはいつものように木に登ってギルバートが探してくれるのを待つ。それはアーニーの優しさだった。

ギルバートは母にベッキーを紹介する。母はベッキーの内面の美しさを見抜き、ベッキーに会えたことを喜んでくれる。そしてベッキーは旅立っていく。

その夜、母は何かを決意したように2階の寝室へ向かう。ベッドに横になった母は、そのまま眠るように息を引き取る。警察はどうやって母の遺体を運ぶか思案していた。ギルバートは母が笑い者にされることが我慢できず、家財道具を運び出して家ごと母を荼毘にふす。

それから1年後。エイミーの就職も決まり、エレンも転校していた。自由になったギルバートとアーニーは、帰ってきたベッキーのトレーラーに乗り込み、初めての旅へと出発する。

Amazon 映画『ギルバート・グレイプ』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    知る人ぞ知る名作映画がこれである。
    ジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオがお互い難役を演じているシリアスなヒューマン映画。
    知的障害を持つ弟を可愛がるのと同時にいらつきもする、当人でないとわからない心の葛藤を上手に描いている。
    いくら血が繋がっているからといって一筋縄でいかないのもまた事実。
    どんな状態であっても問題の無い家族なんていないのである。
    本作品は家族の絆の深さを重厚に表現し、それをネガティブではなくポジティブに変えているラストに好感が持てる。
    自分の人生なんてこんなもんなのだと落ち込むばかりのラストでは無いのだ。
    静かなのに強いそんな作品。
    観ると何らか思うところがある人が多いだろう。
    是非観て欲しい1本である。

  2. 匿名 より:

    近年、映画のメッセージ性が弱くなってきている物が多くなったと感じる。
    映画の予算が大きくなればなるほどその残念さは募るばかりである。
    しかし本作品の冒頭から最後まで、一貫して描いている家族の絆の強さは凄いものがある。
    テーマとしてはありがちではあるが、非常に重みのある濃厚な仕上がりなのだ。
    この重厚な雰囲気に浸ってみて欲しい。

  3. 匿名 より:

    知的障害があるアーニーを演じるのがディカプリオである。
    若干15歳の彼はこの難役を演じきった。
    目を離すとどこでも行ってしまい、鉄塔に登るなど周囲を振り回す。
    それなのに純粋で優しく家族思いなのだ。
    この天使と悪魔とをちらつかせるグレーな存在を見事に表現できている。
    彼の存在が無ければ名作にはなり得なかったかもしれない。

  4. 匿名 より:

    本作品は意見がわかれるところ。
    この映画を名作ととるか、駄作ととるか。
    全ての映画はそうであるが、観る人の感覚に委ねられる。
    ギルバート・グレイプは背負うものが重すぎる若者であり、家族によって縛られて外にも出られない。
    本当は町に出て色んな物を見て生きてみたいはずなのに、それか許されないのだ。
    弟は障害があって何をするかわからない、母親は引きこもる過食症。
    姉と妹はいるものの長男である自分がしっかりしないといけないという青春期の葛藤を描いている。
    物語はシリアスで淡白であるが、そこがまたこの映画の見所である。
    何も変えちゃいけない足かせのある若者の重い人生をそこに観ることが出きるのだ。
    フィクションではあるが、映像にカラフルなシーンを意識的に省くことによってノンフィクションのような心構えを作ってくれる、そんな映画である。