映画『グランド・イリュージョン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「グランド・イリュージョン」のネタバレあらすじ結末

グランド・イリュージョンの概要:長年人々を魅了し続けてやまないマジックの世界。マジシャンは、常に予想の斜め上をいくトリックと、ド派手な演出で見る者の目を奪う。そして、そんなマジックが犯罪に使われた!オチのよめないストーリー展開には脱帽。

グランド・イリュージョンの作品概要

グランド・イリュージョン

公開日:2013年
上映時間:116分
ジャンル:サスペンス
監督:ルイ・ルテリエ
キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソン、メラニー・ロラン etc

グランド・イリュージョンの登場人物(キャスト)

J・ダニエル・アトラス(ジェシー・アイゼンバーグ)
フォー・ホースメンの一人。ややナルシスト。
ディラン・ローズ(マーク・ラファロ)
FBI捜査官。フォー・ホースメンを追う。
メリット・マッキニー(ウディ・ハレルソン)
フォー・ホースメンの一員。催眠術のプロ。
ヘンリー・リーブス(アイラ・フィッシャー)
フォー・ホースメンの一人。唯一の女性。
サディアス・ブラッドリー(モーガン・フリーマン)
他のマジシャンのトリックを暴くため恨みを買っている人物。
ジャック・ワイルダー(デイヴ・フランコ)
フォー・ホースメンの一人。カード捌きの達人。

グランド・イリュージョンのネタバレあらすじ

映画『グランド・イリュージョン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

グランド・イリュージョンのあらすじ【起】

マジシャン、それは巧みな技と華麗な演出で人々を長年魅了し続けるエンターテイメントである。しかし、マジシャンとして生計を立てられるのは、わずか一握りのみ。そして、ここにも実力はあるものの、中々チャンスを掴めずに世界に羽ばたくことが出来ない4人のマジシャンがいた。

実力はあるものの、やや自信過剰な一面があるアトラス、かつてアトラスのアシスタントを務めており、現在では独立した紅一点であるヘンリー、催眠術を得意とし、詐欺まがいなこともするメリット、そして若いがカード捌きの腕は超一流のジャックである。

彼らはある日、それぞれ謎のタロットカードが受け取る。そのタロットカードに従った彼らは、とあるアパートの一室へと集められたのだ。そして、そこには、とある秘密の計画書が置かれていた。そして、それから一年後、彼らは4人でチームを組み、フォー・ホースマンというグループで活躍していた。今や彼らはすっかり売れっ子で、常にショーは満員御礼の人気っぷりである。

グランド・イリュージョンのあらすじ【承】

彼らは新たなショーを開く。そして、彼らはそのステージで前代未満のパフォーマンスを披露するという。なんと、ラスベガスにあるステージから、観客を1人、パリの銀行の金庫内に瞬間移動させたのだった。更に、その銀行に保管されていた大金を、まんまと盗みだしてみせたのである。

観客はそのパフォーマンスに熱中するが、これは明らかに法に触れる行為。そこで、FBI捜査官のディランは、フォー・ホースメンを捕まえるべく調査を始めるのだった。彼らを逮捕し取り調べを行うものの、結局つかみどころのない彼らを捕えきれず、彼らは釈放されてしまうのだった。

ディランは、彼らが用いたトリックについて知るため、同じくマジシャンであり現在ではネタばらしを専門に活動しているサディアスという男に協力を仰ぐ。サディアスはそのトリックをすぐに見破るも、これがあくまでも序章でしかないことを予見するのだった。そして、そんなサディアスの予測通り、フォー・ホースメンの新しいショーがニューオリンズで開かれることとなる。

グランド・イリュージョンのあらすじ【転】

そして、観客の期待通り、次のショーでもフォー・ホースメンはとんでもないことをやってのける。なんと、彼らのスポンサーである保険会社のオーナー、アーサーの口座から、多額の金を盗み出したのだ。そして、それらは何故か観客の口座に振り込まれていた。

フォー・ホースメンはその理由を語り出す。実は、口座に金が振り込まれた観客は、全員アーサーの保険会社の被害者だったのだ。保険会社に入会していたものの、結局保険を支払って貰えずに苦しんでいた被害者達。フォー・ホースメンはたちまち彼らを救ったヒーローとなる。

FBIは更に捜査を進め、とうとう彼らが初めて出会った場所、あのアパートの一角へと辿り着く。そこにはジャックが待ち受けていて、突入してきたディランとの格闘戦になだれ込む。互角の戦いを見せる2人だったが、結局その戦いの末、ジャックが交通事故で亡くなってしまうのだった。残されたフォー・ホースメンはジャックの死を悼み、最後のイリュージョンを見せると観客に宣言する。

グランド・イリュージョンのあらすじ【結】

そして、彼らの最後のパフォーマンスは、警備会社によって厳重に守られている金庫から大金を盗み出すことだった。それを機に、彼らはパタリと表舞台から姿を消す。最後にフォー・ホースメンはとある人物を陥れていた。なんと、盗まれた現金が、サディアスの車に瞬間移動していたのだった。

サディアスは冤罪を訴えるものの、警察に逮捕され牢屋に入れられてしまう。そんなサディアスに、ディランが面会に訪れる。フォー・ホースメンに恨みを抱えているサディアスは、ディランにまだジャックが生きていること、そして、今回のトリックのネタばらしを伝えるものの、ディランは笑ってそれを聞いているだけだった。そこで、サディアスは一つの事実に気づく。ディランこそが、フォー・ホースメンを裏で操っていた黒幕だったのだ。

しかし、サディアスがそのことに気づいた時には、ディランは既に姿を消していた。そして、ディランはとうとうフォー・ホースメンの前に姿をあらわす。そして、彼はフォー・ホースメンを、自分の所属する秘密結社、”The EYE”に迎え入れるのであった。

Amazon 映画『グランド・イリュージョン』の商品を見てみる

関連作品

次作 グランド・イリュージョン 見破られたトリック

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    サディアスは、アーサーから大金で雇われて、フォー・ホースメンの抹殺を請け負うシーンがあった。
    しかし、サディアスは4人が逃げるところを見つけると、アーサーに連絡してどうするかと尋ね、最終的にはシェフに任せると言っている。

    つまりはアーサーもサディアスも、自分の手は汚さずプロに頼もうとしているのだが、その後に彼らは連絡を取っていないし、プロの登場シーンもない。
    どこかにプロが潜んでいたのだが、ジャックとディランのカーチェイスの間に亡くなったか、もしくは怪我をして動けなくなったので取引がうやむやになったのだと考えられる。

  2. 匿名 より:

    ライオネル・シュライク、サディアスにマジックのトリックを暴露され、復帰したマジックショーで脱出に失敗し、川に沈んだまま遺体も上がらなかったマジシャン。
    彼を軸に考えると、サディアスが最後に騙された理由に納得ができる。

    まず、サディアスにトリックを暴かれたライオネルは、金庫からの脱出ショーを行うが、失敗する。
    それは、金庫が不良品だったから。
    だから、その金庫を製造していた会社エルコーンが標的になる。
    ライオネルが入っていた保険会社は、アーサーのものだが、保険金は支払われなかった。
    なので、アーサーの保険会社も標的になる。
    その保険金に深くかかわっていたのが、最初にお金を盗まれたパリの銀行。
    これが、最初の標的になった。

    マジシャンだった父親から全てを奪い、命を奪い、残したものさえも奪ったものに復讐すべく、ディランは動いていたのだ。
    そして、彼は父親からマジックを教えられており、マジックの腕は一流だったので、秘密結社「アイ」のメンバーに選ばれていたのだと思われる。

    しかし、父親ライオネルの死を詳しく調べるため、またマジックとは無縁の世界にいることで、反対に身動きをとりやすくするために、FBI捜査官になったとも考えられる。
    私利私欲のために動くことは「アイ」の決まりに反するので、テストとして「フォー・ホースメン」を自分の計画に乗せたのだろう。
    自分と同じように保険金をもらっていない人に配らせたのは、テストだけではなく、ディラン自身の意思でもあったと思う。

  3. 匿名 より:

    マジックのシーンに見ごたえがあり、話題になったばかりのメンタリズムも取り入れ、カードマジックや脱出マジックには観客として見入ってしまう。
    「もう一人のフォー・ホースメン」と最初に言い出したディランが黒幕だとは全く気がつかず、種明かしをされるまで完璧に騙されてしまった。
    ストーリーも含め、この映画1本がひとつのマジックショーだ。

    そして、登場シーンではショーをこっそり録画しているだけのお茶目な老人、モーガン・フリーマン演じるサディアスが実はマジシャンの敵で、大きなマジック限定で種明かしをしてくれるのが、ちょうどいい息抜きになっている。
    おまけに、マイケル・ケイン演じる悪役アーサーがお金を奪われて、舞台上で悔しがるシーンにはすっきりするものがある。
    「ソーシャル・ネットワーク」主演で数々の賞を受賞したばかりのジェシー・アイゼンバーグが、仕切りたがり屋の主人公を演じるのも良かった。

    しかし、メンタリズムのシーンが多かったので、もう少し他の手品のシーンも見たいと感じてしまうのが残念かもしれない。