映画『グランド・イリュージョン』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

トランスポーターを手がけたルイ・ルテリエ監督、ソーシャル・ネットワークスのジェシー・アイゼンバーグ主演。2013年に公開された、マジックがテーマの映画「グランド・イリュージョン」。

グランド・イリュージョン

あらすじ

映画『グランド・イリュージョン』のあらすじを紹介します。

リーダーのダニー、脱出マジックのヘンリー、メンタリストのメリット、スライハンドマジックのジャック。
大富豪アーサー・トレスラーをスポンサーに「フォー・ホースメン」として活動中の彼らは、1年前まで路上でマジックパフォーマンスをしていたが、差出人不明のタロットカードで集められ、ある目的のために手を組んでいた。

ラスベガスのマジックショーの最中に、パリの銀行から大金を消してベガスへ瞬間移動させるマジックを行い、FBIとインターポールが4人を事情聴取するが、のらりくらりとかわされてしまう。
そこで協力を求められたのは、元マジシャンで今はマジックを暴いているサディアス。
彼はあっという間にベガスのショーのトリックを暴くが、これは序章にすぎないと忠告する。

その後、ニューオリンズで次のショーが開催される。
フォー・ホースメンはアーサーの貯金を盗み、観客の貯金に瞬間移動させてしまう。
アーサーの保険会社が、ニューオリンズの災害の保険料の支払いを渋っていたので観客は喜ぶ。
しかし、4人はFBIに追い詰められ、ジャックが事故に巻き込まれて命を落としてしまう。

最後のフォー・ホースメンのマジックショーは、脱税されたお金の入った金庫を盗んでサディアスの車に瞬間移動させる事。
サディアスは捕まってしまうが、FBI捜査官のディランに無実を訴え、取引としてマジックの種明かしとジャックがまだ生きていることを伝える。
しかし、黒幕はディランで、フォー・ホースメンの目的は、魔術を守る秘密結社「アイ」に入ることだったのだ。

評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2013年10月25日
  • 上映時間:116分
  • ジャンル:アクション、サスペンス
  • 監督:ルイ・レテリエ
  • キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウッディ・ハレルソン、メラニー・ロラン、アイラ・フィッシャー etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

映画『グランド・イリュージョン』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

サディアスが標的だった理由

ライオネル・シュライク、サディアスにマジックのトリックを暴露され、復帰したマジックショーで脱出に失敗し、川に沈んだまま遺体も上がらなかったマジシャン。
彼を軸に考えると、サディアスが最後に騙された理由に納得ができる。

まず、サディアスにトリックを暴かれたライオネルは、金庫からの脱出ショーを行うが、失敗する。
それは、金庫が不良品だったから。
だから、その金庫を製造していた会社エルコーンが標的になる。
ライオネルが入っていた保険会社は、アーサーのものだが、保険金は支払われなかった。
なので、アーサーの保険会社も標的になる。
その保険金に深くかかわっていたのが、最初にお金を盗まれたパリの銀行。
これが、最初の標的になった。

マジシャンだった父親から全てを奪い、命を奪い、残したものさえも奪ったものに復讐すべく、ディランは動いていたのだ。
そして、彼は父親からマジックを教えられており、マジックの腕は一流だったので、秘密結社「アイ」のメンバーに選ばれていたのだと思われる。

しかし、父親ライオネルの死を詳しく調べるため、またマジックとは無縁の世界にいることで、反対に身動きをとりやすくするために、FBI捜査官になったとも考えられる。
私利私欲のために動くことは「アイ」の決まりに反するので、テストとして「フォー・ホースメン」を自分の計画に乗せたのだろう。
自分と同じように保険金をもらっていない人に配らせたのは、テストだけではなく、ディラン自身の意思でもあったと思う。

雇われたその後

サディアスは、アーサーから大金で雇われて、フォー・ホースメンの抹殺を請け負うシーンがあった。
しかし、サディアスは4人が逃げるところを見つけると、アーサーに連絡してどうするかと尋ね、最終的にはシェフに任せると言っている。

つまりはアーサーもサディアスも、自分の手は汚さずプロに頼もうとしているのだが、その後に彼らは連絡を取っていないし、プロの登場シーンもない。
どこかにプロが潜んでいたのだが、ジャックとディランのカーチェイスの間に亡くなったか、もしくは怪我をして動けなくなったので取引がうやむやになったのだと考えられる。

まとめ

マジックのシーンに見ごたえがあり、話題になったばかりのメンタリズムも取り入れ、カードマジックや脱出マジックには観客として見入ってしまう。
「もう一人のフォー・ホースメン」と最初に言い出したディランが黒幕だとは全く気がつかず、種明かしをされるまで完璧に騙されてしまった。
ストーリーも含め、この映画1本がひとつのマジックショーだ。

そして、登場シーンではショーをこっそり録画しているだけのお茶目な老人、モーガン・フリーマン演じるサディアスが実はマジシャンの敵で、大きなマジック限定で種明かしをしてくれるのが、ちょうどいい息抜きになっている。
おまけに、マイケル・ケイン演じる悪役アーサーがお金を奪われて、舞台上で悔しがるシーンにはすっきりするものがある。
「ソーシャル・ネットワーク」主演で数々の賞を受賞したばかりのジェシー・アイゼンバーグが、仕切りたがり屋の主人公を演じるのも良かった。

しかし、メンタリズムのシーンが多かったので、もう少し他の手品のシーンも見たいと感じてしまうのが残念かもしれない。

Amazon 映画『グランド・イリュージョン』の商品を見てみる