映画『ハンニバル(2001)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ハンニバル(2001)」のネタバレあらすじ結末

ハンニバル(2001)の概要:映画史に名を残す名作、『羊たちの沈黙』の続編にあたる今作。長い逃亡生活を続けていた、怪演アンソニー・ホプキンス演じるハンニバル・レクターが再び世間にその姿をあらわす。

ハンニバルの作品概要

ハンニバル

公開日:2001年
上映時間:131分
ジャンル:サスペンス
監督:リドリー・スコット
キャスト:アンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーア、ゲイリー・オールドマン、ジャンカルロ・ジャンニーニ etc

ハンニバルの登場人物(キャスト)

ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)
著名な精神科医でありながら、多くの人間を『食った』ため、警察に逮捕されていた。脱獄していたが、再び世間に姿をあらわす。
クラリス・スターリング(ジュリアン・ムーア)
前作で、レクターの協力を仰ぎ共に凶悪事件を解決した。なぜかレクターに気に入られており、今回も事件に巻き込まれる。
メイソン・ヴァージャー(ゲイリー・オールドマン)
以前レクターに殺されかけた人物。レクターに強い恨みを抱いており、彼を殺すことを誓っている。
レオナルド・パッツィ(ジャンカルロ・ジャンニーニ)
偶然レクターと知り合った刑事。レクターが賞金首であることを知り、彼を捕らえようとする。

ハンニバルのネタバレあらすじ

映画『ハンニバル(2001)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ハンニバルのあらすじ【起】

世間を騒がせたバッファロー・ビルを捕らえるために、クラリスが助けを求めた囚人ハンニバル・レクター。彼は天才的な精神科医でありながら、多くの人を食べて殺した凶悪な殺人犯である。事件は無事に解決したものの、ハンニバルはその混乱に乗じて牢屋から脱走した。

それから10年の月日が経ったある日、ハンニバルに強い恨みを持つメイスンという男が動きはじめていた。彼はハンニバルから生き残った唯一のターゲットだったが、しかし、彼に負わされた傷は未だ癒えていなかった。

一方、バッファロー・ビルの事件の際にはまだ若手だったクラリスも、今ではすっかりベテランのFBI捜査官となっていた。しかし、そんなクラリスは今、上司のミスを押しつけられ窮地に陥っていた。そんなクラリスに、メイソンはレクターをFBIが指名する、十大凶悪犯の中に加えろと命じてきたのだった。

そして、別件で動いていたクラリスをレクター捜査に戻そうと考えたのだ。しかし、肝心のレクターはあのバッファロー・ビルの事件以降、誰にも見つかることなく姿をくらましていた。

ハンニバルのあらすじ【承】

その肝心のレクターは、イタリアのフィレンツェで悠々自適な生活を送っていた。フェルという偽名を使ったレクターは、司書として勤務していた。そんなレクターの元を、パッツィという警官が訪れる。レクターの前任者が行方を眩ましているため、何か手がかりがあれば知りたいというのだ。

一方、その頃クラリスは一件の手紙を受け取っていた。それはレクターからのもので、そろそろ殺人を再開するというメッセージがこめられていた。クラリスは、その手紙から漂った香りをもとに、レクターが現在日本かヨーロッパのいずれかにいることを突き止めるのだった。2つの国の香水店の監視カメラの映像を取り寄せたクラリスは、その一つにレクターの姿を見つけるのだった。

一方、パッツィはレクターが懸賞金のかかった犯罪者であることを知る。その懸賞金をかけていたのは、他でもないメイソンだった。証拠にレクターの指紋を求められたパッツィは、スリ師を雇いレクターと接触させる。スリ師はレクターによって殺されるが、パッツィは見事指紋を手に入れることに成功するのだった。

ハンニバルのあらすじ【転】

そして、レクターの居場所を知ったメイソンが動き出す。一方、ここまで事が順調に進んだパッツィは驕っていた。自分の行動をレクターが全く気づいていないと思っていたのだ。しかし、レクターは気づいていた。そして、レクターはパッツィの腹部を切り裂くと、彼を殺してしまうのだった。

一方、メイソンはクラリスを利用してさらにレクターを追い詰めようとしていた。彼はクラリスを免職処分に追いやったのだ。落ち込むクラリスだったが、そんな彼女にレクターは接触を図る。クラリスは不屈の心でレクターを追うが、そんな二人を追っている者がいた。他でもない、メイソンである。

メイソンは部下達を使いレクターを拉致すると、彼を十字に磔にしたのだ。レクターは人を食うため、その顔にはマスクがつけられている。メイソンは、レクターへの恨みを晴らすため非道な方法を考えていた。メイソンは何匹もの凶暴な豚を用意した。生きたまま、豚にレクターを食わせようと考えたのである。

ハンニバルのあらすじ【結】

しかし、そこにクラリスが突入してくる。クラリスはメイソンの部下を何人か倒すものの、肩に銃弾をくらいそのまま気絶してしまった。しかし、部下が血を流したことで、獰猛な豚達は血の匂いをする男達に群がった。レクターはメイソンの部下を仲間につけると、メイソンを豚の群れの中に突き落とさせる。そして、レクターは気絶したクラリスを連れてその場を優雅に後にするのだった。

気がついたクラリスは、レクターの隠れ家にいた。隙を見てレクターを攻撃しようとするクラリスだったが、中々それは叶わない。しかし、レクターが一瞬だけ見せた隙を見逃さなかったクラリスは、彼に手錠をはめることに成功するのだった。レクターは刃物を振りかぶると、なんと自分の手を切り落とした。手を犠牲に、手錠から逃れたのである。そして、レクターはクラリスをそのままにその場を後にし、再び行方知れずとなった。

その後、レクターは飛行機に乗っていた。美食家であるレクターは、自分で持参した料理を食べていた。そして、それは殺した人間の肉や脳みそだったのである。

Amazon 映画『ハンニバル(2001)』の商品を見てみる

関連作品

次作 レッド・ドラゴン(2002)
前作 羊たちの沈黙

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    前作「羊たちの沈黙」でクラリスを演じたジョディ・フォスターに変わり、ジュリアン・ムーアがクラリス役を演じているが、ハンニバル・レクター役は引き続きアンソニー・ホプキンスが演じている。
    10年後という設定なので、クラリス役が変わっても違和感なく見ることができるし、FBI捜査官を10年続けた前提があるので、2作同時に見ようとする時は役者が変わっているほうが見やすいだろう。

    メイスンはゲイリー・オールドマンが演じているのだが、素顔が出るのは回想シーンの数分のみ、後は数時間かけて施した特殊メイクというのだから、撮影方法にこだわっているのだろう。
    しかし、グロテスクなシーンが多すぎるのは、”続編”を期待して見るときにがっかりしてしまう。

  2. 匿名 より:

    前作では極力出さなかったグロテスクなシーンの数々だが、今作は嫌というほど見せてくる。
    パッツィ刑事はレクターによってグロテスクな最期を迎える。
    クラリスへのセクハラも行っていたポールも、朦朧とする意識で自分の臓器を食べさせられるなど、見ていて気持ち悪くなるものばかりだ。

    ミステリーとしての面白さは少なく、猟奇的な部分を強調した映画になっている。
    クラリスとレクターの不思議な絆はうまく表現されていて面白いのだが、全体的に特殊メイクや凝った撮影方法にこだわり過ぎていて、前作のように何度も見たいとは思えない。

  3. 匿名 より:

    FBI捜査官として行き詰っているクラリスは、マスコミには叩かれ、不名誉なギネス記録も与えられているし、上司からもセクハラを受けている。
    実際にありそうな転落コースで、正直なところ同情してしまう。
    だが、レクター事件の担当にされると、涼しい顔でレクター事件の被害者の写真を並べてみたり、分析や解説をするなど、人間味が薄いキャラクターになってしまった。

    脱獄したレクターは、どこで覚えたのかと突っ込みを入れたくなる豊富な知識を披露し、前の司書が失踪したからありつけた司書代理をしているが、失踪も本当はレクターが・・・と簡単に想像できる展開になっている。
    悪徳警官パッツィは、スリ常習犯を脅して瀕死になったら置き去りするなどの極悪非道っぷり。
    大富豪メイスンも極悪人で、そもそもレクターを殺害しようとしてやり返されたので、レクターへの執着は常軌を逸している。
    登場人物のほとんどがすぐに悪事を働くので、ひとつの映画のストーリーとしては全く機能していない。
    しかも舞台がフィレンツェとアメリカと変わるのも、ただ単調で時間だけが長く、途中で飽きてしまう。