映画『さらば、わが愛 覇王別姫』あらすじとネタバレ感想

さらば、わが愛 覇王別姫の概要:1993年の香港・中国合作映画。京劇の古典「覇王別姫」を演じる2人の役者の心の葛藤を描いた作品で、50年もの中国の激動の時代を描いた話題作である。

さらば、わが愛 覇王別姫 あらすじ

さらば、わが愛 覇王別姫
映画『さらば、わが愛 覇王別姫』のあらすじを紹介します。

1925年の中国・北京。
娼婦の母を持つ小豆子は京劇の養成所に入所させられた。
京劇の養成所というのは本当だが、子供たちは貧困に苦しんだ親に預けられたか孤児だった。
養成所でいじめられていた小豆子をかばってくれたのは、小石頭だった。
やがて2人は身も心も演技も成長し女形は小豆子に、男形は小石頭が演じることを決められた。

やがて芸名が与えられる。
小豆子は程蝶衣、小石頭は段少小といった。
演技にも磨きがかかり人気を博した2人の俳優は「覇王別姫」の最高コンビとして有名になっていく。

そんな矢先、段小が知り合った女性と結婚。
密かに彼に恋心を持っていた程蝶衣は愕然とし、共演はしないと憤る。
その北京が日本に占領された。
揉め事を起こした段小は連行されてしまう、日本軍側に取り入ってくれるなら段小と別れても良いとまでいう妻。
蝶衣は協力し段小は釈放される、しかしこのことを知った段小は蝶衣を日本軍の見方だとせめ妻と姿をくらます。

しかし後に和解することになる。
その後日本軍敗退で終戦、共産党政権が樹立した49年に2人は再び京劇の舞台に立つことに。
しかし革命に伴い京劇の内容を変化させるように指示された2人、蝶衣はそろが納得できずにいた。

そのことで責められ役まで奪われてしまった蝶衣は役者を辞める。
やがて時は66年文化不大革命。
政治的圧力に屈した段小は昔の蝶衣の罪を告白し、娼婦だった妻を愛してなどいないといってしまう。

このことで妻は自殺。
77年、段小と蝶衣は再び久しぶりに学校の体育館に訪れる。
ここで最後の覇王別姫を二人きりで演じるため。
演じ終わったあと、蝶衣は自殺を図るのだった。

さらば、わが愛 覇王別姫 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1993年
  • 上映時間:172分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:チェン・カイコー
  • キャスト:レスリー・チャン、チャン・フォンイー、コン・リー、グォ・ヨウ etc

さらば、わが愛 覇王別姫 ネタバレ批評

映画『さらば、わが愛 覇王別姫』について、感想批評です。※ネタバレあり

かなりシリアスな時代ドラマ

パッケージからわかるように非常にまじめなシリアスドラマである。
簡単な気持ちでいつもの香港映画だと鷹をくくると偉い目にあってしまう、そんな作品。
京劇を舞台にしているからといって芸術の世界を押し付けているわけではなく、あくまで時代の流れに翻弄されてしまう人間模様を描く。

貧しい暮らしから劇団に預けられ、苛められ成長し、恋をしたり嫉妬したり、戦争に苦しめられたりとたまたま京劇俳優であっただけで、一般的に激動の時代とされている中国をただひたすら生きた映画である。

どこの国でも同じような過酷な運命を背負わされた人たちはいるだろうが、中国の国土はあまりに広く政治体制が揺れ動くなかでの暮らしはあまりにつらいものであったかもしれない。

この映画を見るとやり過ぎ感もあるなか、やはり大体が事実なのかもしれないと考えさされるものも多い。

評価の上がりやすい雰囲気演出効果

実際美しい場面が多い本作品。
特に京劇のシーンなどでは日本人からすると物珍しく、美しい衣装やセットにため息も出てしまう。
しかし全体的に薄暗く、メインテーマ自体が芸術性の高いことからどうしても評価が必要以上に高くなってしまう傾向があるように感じる。
演出や色味が効果的で話の内容というよりも、映画の雰囲気に飲まれてしまうといった方が正しいだろうか。

個人的にだが中国映画にありがちな演出効果の1つに「感動しそうな雰囲気」というものがあるような気がしてならない。
「北京ヴァイオリン」という映画もその1つで、確かに非常に感動し涙もするがなぜか雰囲気に飲まれてしまうのである。

これが中国映画のマジックであり、魅力であるということは間違いないのだが。
具体的な感動箇所を聞かれると答えられないのも特徴である。

さらば、わが愛 覇王別姫 感想まとめ

時代の波に翻弄されるという設定がもうすでにシリアスである。
同じような設定は日本にも諸外国にもあるはずだが、なぜだか中国だと重みが増すような気がするのは自分だけだろうか。
国土の広さからどこか体制の整いにも矛盾な感じがし、頷けてしまう。
事態の深刻さがまるで自分の身に起こったかのような感覚に陥ってしまうのだ。
これは映画としては見せやすく、作りやすいのでは?と思う。
そういう意味ではある種特殊でいて、さらに得な感じがしないでもない。

本作は俳優陣の素晴らしさも手伝って、現在でも有名な作品の1つとして残されている。もちろん1度は見て欲しい作品だが、2度見たいとは思えないようなダークな部分も持ち合わせているドラマでもある。

Amazon 映画『さらば、わが愛 覇王別姫』の商品を見てみる