映画『陽のあたる教室』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「陽のあたる教室」のネタバレあらすじ結末

陽のあたる教室の概要:家計を助けるために、音楽の教職に就いたグレン・ホランド。最初は渋々勤めていたが、様々な事情の生徒と向き合ううち、その心境が変化していく。音楽を通した心の交流を描いている。年代ごとのヒット曲も登場し、音楽を100%堪能できる。

陽のあたる教室の作品概要

陽のあたる教室

公開日:1995年
上映時間:144分
ジャンル:ヒューマンドラマ、音楽
監督:スティーヴン・ヘレク
キャスト:リチャード・ドレイファス、グレン・ヘドリー、ジェイ・トーマス、オリンピア・デュカキス etc

陽のあたる教室の登場人物(キャスト)

グレン・ホランド(リチャード・ドレイファス)
主人公。ピアノマンとして、バンドで各地を回った経験を持つ。本業は作曲家だが、それだけでは食べていけないため、未経験の音楽教師の職に就く。作曲、授業、生徒の個別指導というルーチンをこなす。
アイリス・ホランド(グレン・ヘドリー)
ホランドの愛妻。写真家。アイリスのバイト代とホランドの教職給で生計を立てている。キュートで繊細。夫を温かく見守る。
ビル・マイスター(ジェイ・トーマス)
ホランドの同僚の体育教師。軍隊の出で、フットボール部の顧問を務める。独身で、自分の子どもは生徒だと思っている。ホランドの良き友人となる。
ジェイコブ校長(オリンピア・デュカキス)
ジョン・F・ケネディ高校の女性校長。誇り高く、優秀なキャリアウーマン。教師未経験のホランドに厳しく接しつつも理解を示す。
ウォルターズ副校長(W.H.メイシー)
ジョン・F・ケネディ高校の副校長。生真面目で規律を重んじるタイプ。ユニークなホランドと度々意見がぶつかる。
コルトレーン・ホランド(成年:アンソニー・ナタール / 少年:ジョセフ・アンダーソン / 幼年:ニコラス・ジョン・レナー)
ホランド家の一人息子。通称コール。先天的に聴覚障がいがある。成長するにつれて、音楽を理解したいと思う反面、父とのすれ違いに葛藤する。

陽のあたる教室のネタバレあらすじ

映画『陽のあたる教室』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

陽のあたる教室のあらすじ【起】

1965年、アメリカのジョン・F・ケネディ高校。ホランドの教職初日はまずまずだった。生徒たちは授業にこそ出席するものの、参加意欲に欠けていた。オーケストラの練習でも、不揃いな演奏でホランドのストレスは溜まる。

ホランドの安らぎは、愛妻アイリスと過ごす時間と合間の作曲作業だ。教職は4年間限定で、作曲家として成功すれば即座に辞職する予定だった。

ホランドが教職にも慣れた頃。3年生のガートルード・クランクはクラリネット奏者だが、オーケストラで度々ミスを連発していた。見かねたホランドは、毎日放課後に一対一でガートルードを指導する。エリート一家に生まれた彼女は、自分だけ平凡なことにコンプレックスを持っていた。根気よく練習を続けるが、クセはなかなか改善されず、ガートルードは自信を失くす。

アイリスは妊娠を打ち明けるが、ホランドのクールな反応に傷つく。けれど、それはホランドが疲弊していたからで、彼は本心では喜んでいた。夫妻は新しい命に心を躍らせた。

クラリネットを諦めたガートルードに、ホランドは、楽譜を見せずに演奏させる。その間、自分の好きな部分を思い浮かべるよう言うと、ガートルードは難所をすんなりクリアした。卒業式での演奏会、ガートルードは晴れ晴れした表情でクラリネットを奏でていた。

陽のあたる教室のあらすじ【承】

次の夏、ホランド家は一戸建てに引っ越していた。アイリスは男の子を出産し、コルトレーン(以下コール)と名付ける。

ウォルターズ副校長はホランドの自由な音楽の教育方針に異論を唱える。ジェイコブ校長が仲介したことでその場は収まる。結果「あらゆる音楽を教える」方針に則って、ホランドはマーチングバンドを結成するよう指示される。

実際、バンドの指導(特に行進)は易しくはなかった。ホランドは体育科のマイスターに協力を依頼する。マイスターは行進指導を助ける代わりに、一人の男子生徒をバンドに加入させることを希望した。レスリング部エースのルー・ラスは、学業不振で落第の寸前だった。音楽の単位を履修することで退学を免れるのだという。だが、ルーは楽器はおろか、楽譜すら読めない“音楽素人”だった。

ホランドは、最初こそ素人の生徒の受入に消極的だった。けれどもルー本人と対面し、バンドに参加させる。ルーはドラム担当となり、努力するが基本すら習得できない。ホランドはルーの上達を見込めなかった。しかし、マイスターからルーはレスリング以外特技がないことを聞くと、個別の徹底指導に踏み切る。特訓を重ね、ルーは目覚ましい上達を遂げる。

本番のフェスティバル。ラス夫妻やアイリスたちが見守る中、ルーは意気揚々とビートを刻んだ。お祭り騒ぎの中、パトロール車のけたたましいサイレンが鳴り響く。アイリスは眠る息子を心配する。誰もが耳を塞いでいたが、コールは起きなかった。

陽のあたる教室のあらすじ【転】

帰宅したホランドにアイリスは、コールに難聴の可能性があることを伝える。ホランドは愕然とする。以来夫妻の間に溝ができ、コールの教育やコミュニケーションをめぐって衝突が絶えなくなる。

授業では、優秀だがひねくれ者のスタドラ―が悩みの種だった。そこに教え子の訃報が届く。ドラムを教えたルー・ラスが出征先で戦死したのだ。ホランドは思うところがあり、スタドラーを伴って葬儀に参列する。かつて、瞳を輝かせて音楽に親しんだ生徒は、沈黙の中に横たわっていた。

ホランドはミュージカルを計画していた。新校長のウォルターズは、現在の運営費では負担できないと却下する。しかし、フットボール部が舞台に加わることになると計画は承認された。オーディションでは、美声の持ち主ロウィーナ・モーガンがヒロインに選ばれる。

ホランドはロウィーナの歌唱力を磨くため、個人指導に当たる。妻や息子と不和なこともあり、美しいロウィーナと急接近する。ロウィーナの夢は歌手だが、家業の手伝いがあるために悩んでいた。ホランドは夢を大事にしろ、とロウィーナを激励する。

ミュージカルは大盛況に終わる。ロウィーナはこのままNYへ発つことを決め、ホランドに一緒に来てくれと願う。彼女に惹かれていたホランドは揺れるが、家族への愛を再認識する。そして、一人旅立つロウィーナを見送った。

陽のあたる教室のあらすじ【結】

1980年。ホランドはジョン・レノンの死に心を痛めていた。それを茶化したコールに激昂するが、コールも悲しんでいることや、本当は音楽に触れたいことを知る。ホランドは息子との長年の空白を埋めようと決意する。

ホランドは聴覚障がいの子どものために、特別な工夫が施されたコンサートを開く。演奏の後、ホランドは手話をしながら息子に向けて『Beautiful Boy』を歌った。この瞬間、ホランド親子のわだかまりは温かく解けていった。

1995年。ホランドは教師生活30年を迎える。財政難の高校は経営費削減のため、芸術系授業の廃止を決める。ホランドは、子どもの創造性が奪われると、廃止の取りやめを委員会に求める。だが、訴えは聞き入れられなかった。帰郷中のコールやアイリスと、ホランドは学校を去る準備をする。

去り際、講堂から賑やかな音がした。ホランドたちが入ってみると、送別会が開かれていた。学校をあげてホランドの引退を祝う計画が密かにあったのだ。出席者にはかつての教え子たちも揃っていた。感極まるホランドに、生徒たちはホランドが作った交響曲を演奏すると言う。目に涙をにじませながら、ホランドは最後の指揮を執るのだった。

Amazon 映画『陽のあたる教室』の商品を見てみる