映画『ジャックと天空の巨人』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ジャックと天空の巨人」のネタバレあらすじ結末

ジャックと天空の巨人の概要:昔から語り継がれてきたおとぎ話、ジャックと豆の木を大々的なスケールで実写映画化。迫力のあるCGで、巨人の脅威がより伝わってくるSFアクション作。エルモント役に実力派俳優、ユアン・マクレガーが起用されている点も見所。

ジャックと天空の巨人の作品概要

ジャックと天空の巨人

公開日:2013年
上映時間:114分
ジャンル:アクション、ファンタジー、アドベンチャー
監督:ブライアン・シンガー
キャスト:ニコラス・ホルト、エレノア・トムリンソン、スタンリー・トゥッチ、イアン・マクシェーン etc

ジャックと天空の巨人の登場人物(キャスト)

ジャック(ニコラス・ホルト)
ある日偶然、魔法の豆を手に入れた少年。その豆によってとんでもない事件に巻き込まれて行く。
イザベル(エレノア・トムリンソン)
この国のお姫様。ロデリック卿との結婚を拒否し、城から逃げ出した。
エルモント(ユアン・マクレガー)
王国の忠実な騎士。密かにイザベルに好意を抱いている。
ロデリック卿(スタンリー・トゥッチ)
イザベルの婚約者。国を征服するという密かな野望を持っている。

ジャックと天空の巨人のネタバレあらすじ

映画『ジャックと天空の巨人』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ジャックと天空の巨人のあらすじ【起】

あまり裕福とは言えない農家の少年ジャックは、町に食料を手に入れにきていました。しかし、街中でジャックは不思議な光景を目にします。何故か僧侶が街中で追い回されているのです。そしてその僧侶はジャックに、とある豆を託すのでした。僧侶は、その豆を決して水に漬けてはいけないとジャックに忠告します。

一方、この国のお姫様であるイザベルにも危機が迫っていました。政略結婚の為、好きでもない相手との結婚を強要されていたのです。彼女の結婚相手は、国王の部下であるロデリック卿という男でした。どうしてもロデリック卿に好感を持てない姫、イザベルは、密かに城から抜け出します。しかし、その途中で酷い嵐に遭遇してしまい、偶然見かけた一軒の家で雨風を凌ごうとします。そしてその家が、先程不思議な豆を手に入れたジャックの家だったのです。

突如お姫様が家に入ってきたことで、ジャックは動揺します。そして、あまりの驚きに手にしていた豆を床に落としてしまったのです。その床は、吹き込んでくる雨風の所為で濡れていました。水に触れた豆はあり得ないスピードで発芽し、天まで届く巨大な木となったのです。

ジャックと天空の巨人のあらすじ【承】

そして何と、イザベルがその巨大な木の成長に巻き込まれ天界へと押し上げられてしまったのでした。お姫様が天空に連れ去られたとあって、王国中は大パニックに陥ります。すぐさま姫を助けるための騎士軍が配備され、豆の木を登り始めました。そして、この事態に責任感を覚えたジャックも、こっそりと騎士軍の後をつけるのでした。

しかし、その道のりは険しいものでした。あまりに巨大な木に、途中何人もの兵士が足を滑らせ命を落としてしまいます。更に、姫と結婚し国の占領を狙うロデリックが、絶好の機会とばかりに自分にとって都合の悪い兵士をこっそりと殺して行くのでした。結果、頂上まで辿り着いたのはジャックを含む数名しかいませんでした。

天界には、巨人で構成される巨人の王国が広がっていました。そして何と、ロデリックはその国の王である証の王冠を手にしており、巨人達を手下にするのでした。ジャックは、騎士団の一人で誠実なエルモントと共に姫を助け出します。そして、国を守る為にロデリックの前に立ちはだかるのでした。

ジャックと天空の巨人のあらすじ【転】

エルモントとロデリックの激しい戦いは、エルモントの勝利で幕を閉じます。しかし、事件は解決したわけではありませんでした。ロデリックが手にしていた王冠が、ロデリックが敗北した事をきっかけに巨人に渡ってしまい、巨人が自由になってしまったのです。

人間界に降りて来ようと企む巨人を止めるべく、地上に戻ったジャック、イザベルは何とかその木を切り倒します。エルモントは、倒れて行く木にしがみつき何とか地上に生還することができました。国が守られたことに歓喜する一同でしたが、しかし、ジャックが持っていた魔法の豆はまだ残っていたのです。

巨人は下界に降りる道を作る為、その残っていた豆を地上に向けて落としました。そして水に触れた豆は発芽し、再び天界と人間界がつながってしまいます。複数の巨大な木の伐採は人間の努力虚しく間に合わず、巨人達はその木を伝い人間界に降りてきました。そして人間界を征服しようと企む巨人達と人間との、激しい戦いが始まるのでした。

ジャックと天空の巨人のあらすじ【結】

しかし、圧倒的な躯体、腕力、体力を持つ巨人に対して人間は太刀打ち出来ません。劣勢を強いられた人間は撤退を余儀なくされ、頑丈な砦に守られた城内へと逃げていきます。しかし、この砦が有効なのはあくまでも人間に対してです。人間には思いもしない力を持つ巨人によって、砦は粉々に粉砕されました。

そして巨人が城内へと侵入してきます。絶体絶命と思われたその時、巨人が一斉にその場に跪いたのです。その視線の先には、一人の青年が立っていました。その青年とはジャックその人で、彼の頭には巨人の王冠が載っていました。ジャックはこの戦いの最中に、巨人の隙をつき王冠を盗み出していたのです。今や巨人の王となったジャックの指示通り、巨人達は木を伝い天界へと帰っていきました。

そして全ての巨人が地球上からいなくなった時、人間は全ての木を切り倒しました。これで、地上には本当の平和が戻ったのです。国を救った英雄であるジャックはイザベルとの結婚を許され、二人は幸せに暮らして行くのでした。

Amazon 映画『ジャックと天空の巨人』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    水に濡れると巨大な木に育つ魔法の豆と巨人の心臓から作った魔法の王冠という二大アイテムが物語の重要なポイントになる。

    豆はわかる。そして豆の使い方はとても良かった。クライマックスでジャックが一粒だけ隠し持っていた豆を巨人の口へ投げ込み、巨人が木っ端微塵に砕け散ってしまうという使い方には感心した。

    しかし、魔法の王冠の設定が弱い。巨人の心臓から作った王冠は自分の分身みたいなもので、王冠を否定することは己を否定することになる。だから巨人はこの王冠を手にした者には逆らえない。ということなのだが、逆らったらどうなるのかがわからない。王冠を指にはめたファロンを間寛平似の巨人は見捨てていたが、その後も普通に元気だったし。

    そこはファンタジーなので、細かいことを考える方が無粋ですよということなのか?

  2. 匿名 より:

    前半は少し退屈かなと思ったが、巨人の国へたどり着いてからは冒険度が一気に増す。最後のクライマックスの戦いもメインが綱引きだったので、人間が食い殺されまくるような悪趣味さがなく好感の持てる演出だった。

    結局、人間が余計なことをしなければ巨人たちは彼らの美しい国でおとなしく暮らしていたわけで、彼らも風の谷のナウシカの巨神兵や核兵器の影響で巨大怪物になってしまったゴジラ同様、気の毒な気もする。地球にとって一番迷惑な存在は自分たち人間なのだという自覚を持って他の生き物に遠慮しながら生きたいものである。

  3. 匿名 より:

    エルモントがあまりにかっこよすぎて、愛するイザベル姫のことで頭がいっぱいのジャックがちょっと間抜けに見える。ブラムウェル王は国民を守るためイザベルの命を諦めるという血の滲むような決断をし、エルモントはロデリック卿と死闘を繰り広げているという大変な時に、ジャックはイザベルとチューをしてやがる。そんなことしている場合じゃないでしょうに。

    ジャックを演じたニコラス・ホルトよりエルモントを演じたユアン・マクガレーの方が、ルックスも正直言ってかっこいい(好みはあるけれど)ので、そこも微妙にジャックのマイナスポイントだったような気がする。

  4. 匿名 より:

    主人公のジャック、騎士団長のエルモント、そしてイザベルの父であるブラムウェル王まで、みんなが巨人を恐れず戦おうとする姿勢は見ていて気持ちがいい。

    特にエルモントは非常に勇敢で、祖国を守るため恐ろしい巨人の国に一人で残って悪党のロデリック卿を倒す。無謀なようだがそこはファンタジーの世界の冒険物語なので、やはり勇者にはエルモントのようにとことん立ち向かってもらいたい。

  5. 匿名 より:

    自分が子供の時にこれを見たら死ぬほど怖かっただろう。二つ頭の小さい方がブシャッとつぶれる映像を見たら気絶したかもしれない。CGに慣れている今の子供はどう感じるのか、ぜひとも聞いてみたいところだ。