映画『駆込み女と駆出し男』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「駆込み女と駆出し男」のネタバレあらすじ結末

駆込み女と駆出し男の概要:アカデミー賞で満島ひかりと大泉洋がそれぞれ主演女優、男優賞を獲得した名作。綿密に練られたストーリーと、大泉洋にとってまさにハマリ役である信次郎というキャラクターは要チェック。

駆込み女と駆出し男の作品概要

駆込み女と駆出し男

公開日:2015年
上映時間:143分
ジャンル:ヒューマンドラマ、時代劇
監督:原田眞人
キャスト:大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名 etc

駆込み女と駆出し男の登場人物(キャスト)

中村信次郎(大泉洋)
医者を目指しながらも戯作者に憧れる男性。調停人としてじょごたちと関わるようになる。
じょご(戸田恵梨香)
鉄工所から夫と縁切りするために東慶寺に駆け込んできた女性。まっすぐ、心優しい性格。
お吟(満島ひかり)
じょごと共に東慶寺に駆け込んだ女性。堀切屋という人物の愛人をしていた。
戸賀崎ゆう(内山理名)
夫を殺した侍と結婚を強いられた女性。その侍との縁を切るために東慶寺にやってきた。
三代目柏屋源兵衛(樹木希林)
東慶寺を取り締まる老婆。信次郎の叔母にあたる人物。
堀切屋三郎衛門(堤真一)
豪商でありながら、盗人という裏の顔を持つ男性。

駆込み女と駆出し男のネタバレあらすじ

映画『駆込み女と駆出し男』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

駆込み女と駆出し男のあらすじ【起】

舞台は江戸時代、当時の日本では女性から離婚を求めることが非常に難しく、縁切り寺に駆け込むことがその数少ない手段の一つだった。そして、じょごという鉄工所で働いていた女性もその縁切り寺へと向かっていた。じょごの夫は、じょごの稼ぎで遊び呆け、時折じょこに暴力を振るうどうしようもない男だった。

縁切り寺、東慶寺へと向かう道中の山の中、じょごは一人座り込んでいる女性と出会う。彼女の名前はお吟、彼女もまた、東慶寺を目指しているという。彼女は愛人、堀切屋三郎衛門との愛人関係という縁を切るために、東慶寺へ向かっていたのだった。堀切屋三郎衛門という豪商は、裏では盗人という顔を持っていた。

目的地が同じお吟を捨て置けず、じょごはお吟を支えながら共に東慶寺へと向かう。しかし、お吟の東慶寺入りを阻むための追っ手が迫っていた。じょごはお吟を手押し車に乗せ、何とか東慶寺へと駆け込むのであった。東慶寺は尼寺であり、追っ手は東慶寺への敷地に踏み込むことはできないのだ。

駆込み女と駆出し男のあらすじ【承】

二人はまず、御用宿という場所で東慶寺の主人、三代目柏屋源兵衛に此度の縁切り寺へ駆け込んだ理由を話すこととなる。そして晴れて入門が認められた二人は、パートナーとの縁切りを成立させるために尼寺として従事し始めた。期限は2年間。2年間真面目に修行を行えば、女性から男性への離婚申請が認められるのである。

東慶寺には様々な女性がパートナーとの縁を切るべく駆け込んできた。夫を殺した相手と無理やり結婚させられたゆうもその一人である。そして、東慶寺には調停人として主人の甥、信次郎が暮らしていた。信次郎は非常に口が達者な男で、医者見習いとして日々を過ごしていたものの、戯作者という夢も捨てきれない男だった。

基本的に東慶寺は男性の立ち入りは禁止されているが、信次郎はじょごが鉄工所で働くうちに負った火傷を治すためにじょごと会うことが許される。そして何と、信次郎は真っ直ぐで優しいじょごに次第に心惹かれるようになっていたのだった。

駆込み女と駆出し男のあらすじ【転】

そんな頃、お吟が倒れてしまう。何と彼女は、当時不治の病とされていた労咳を患っていたのだった。お吟の看病をするため、「女人の身体を見てはいけない」など様々な制約の上、信次郎は東慶寺に出入りするようになる。一方、じょごは敷地内に小さな薬草畑を耕していた。じょごはこっそりと信次郎の手助けをし、二人でお吟の看護にあたるのだった。

しかし、そんなある日信次郎が堀切屋に誘拐されてしまう。堀切屋は依然、お吟のことを諦めてはいなかったのだ。そんな堀切屋に、信次郎はお吟が堀切屋のもとを去った本当の理由を伝える。心から堀切屋を愛していたお吟は、徐々に弱りそしていずれ死んでいく美しくない自分を見せたくなかったのだ。お吟に自分の裏の顔をバラされることばかりを恐れていた堀切屋はそんなお吟の心に触れ涙を流す。

信次郎は無事解放されるが、その矢先、堀切屋の悪事がバレ、堀切屋はどこかへ姿を消してしまったのだった。それでも尚、信次郎とじょごはお吟の看病を続けるが、2年後の夏、お吟は静かにこの世を去るのだった。

駆込み女と駆出し男のあらすじ【結】

そして、お吟が亡くなった頃、外からお経を唱える声が聞こえてきた。お吟を想った堀切屋が、托鉢僧に姿を変え彼女の死を悼んでいたのだった。一方、その頃東慶寺では大事件が起きていた。ゆうを連れ返すべく、彼女の夫が乗り込んできたのである。侍であるその夫の登場に、東慶寺はパニックに陥る。しかし、なんとそこでじょごが立ち上がった。彼女は薙刀を手に取ると、他の女性とともにその男を東慶寺から追い出すのだった。

そして、とうとうじょごの修行期間も終わり、彼女が東慶寺を降りる時がやってきた。彼女がここを立ち去れば、信次郎が彼女に会える機会はなくなってしまう。そこで信次郎は勇気を振り絞り、じょごに、一緒に長崎についてきて欲しいと伝えるのだった。信次郎は本格的に医療の勉強をするため、長崎に向かおうとしていたのだ。そんな信次郎を、何とじょごは一喝する。戯作者の道を諦めるのではなく、戯作者と医者、両方を目指せというのだ。信次郎は彼女のそんな言葉を飲み、二人は共に暮らし始めるのだった。

Amazon 映画『駆込み女と駆出し男』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    しばしば日本映画をこき下ろすものの意見として役者の演技が拙いというものがある。しかし、本作をみればその考えが間違ったものであることがわかるだろう。ヒロインであるじょごを演じる戸田恵梨香についても同様である。彼女は役者として幅広く活躍しているものの、これといった立派な代表作には恵まれていなかった。もちろん、彼女の名が世に知れ渡ったのは間違いなく「デスノート」である。しかし、あの作品の評価は決して高いものではなく、ましてや役者としての戸田恵梨香の評価を高めるものでは少なくとも無かったはずである。しかし、本作の戸田恵梨香は全く違う。キャラクターが背負っていう運命や不条理をまさしく体現し、観客は彼女に感情移入せざるを得なくなる。もちろん、監督の演出力やまわりの役者陣とのアンサンブルが本作の評価を一段と高めているのは言わずもがなであるが、それに応えることができるポテンシャルを戸田恵梨香が秘めていたということは一観客として素直に喜ぶべきことである。
    また、主演の大泉洋の存在も素晴らしい。まさしく「喜劇」を現代日本映画で正しく演じられる数少ない俳優である。周りを見回せば、過剰な演出で役者が変顔で意味不明なことを絶叫する邦画が多い中、大泉洋は抑えながらも観客の笑いを誘う演技力の持ち主である。言うなれば、「幕末太陽傳」におけるフランキー堺のようである。

  2. 匿名 より:

    良い映画は必ず観客に「おみやげ」をくれるものである。それは時に観客の心にずっとのこり続ける感動であることもあるし、恐怖であることもある。例えば、「リング」を例に挙げてみよう。劇中に登場する「呪いのビデオ」は恐怖の対象であるが、あの映画が真に恐ろしいのは鑑賞後の日常にまで恐怖が侵食するからである。今でこそ少ないが、当時は「呪いのビデオ」よろしく、タイトルも何も書かれていない真っ黒なビデオテープが一家に一本はあったのだ。それがふと目に入った時、映画と日常がオーバーラップするのである。
    本作もちゃんとおみやげを残してくれる。それは役者陣の持つしなやかな演技の強さのおかげでもあるのだが、シネフィルとしても知られる原田監督らしく、過去の映画の引用にも飛んだ作品であるので、そこを掘り下げる楽しみもあるのだ。

  3. 匿名 より:

    本作では、明らかに物語のトーンから逸脱した演出が何箇所か見られる。これをどうとるかで、観るものの評価が多少変わってくることは確かである。例えば、源兵衛を演じた樹木希林。原作では名前の通り、源兵衛は男性キャラクターであるが、なぜか映画では女性になってしまっている。これに対する論理的な理由付けはない。また、ひとりの尼の想像妊娠が発覚する下りでの、過剰な下ネタギャグなどもその一例である。原田眞人監督作品において、そういう要素がいままで見られた訳ではないため、作家性で片付けるわけにもいかない。何となく三池崇史を意識したような気はするのだが。
    しかし、おそらくこの演出については作品の愛嬌とも言える部分で必然性のあるものではないだろう。この辺りをさらっと流して見れば、全体の良いリズム感に身をおもねることができるだろう。