韓国のラブストーリー映画のおすすめランキング10選

恋のお手本にはできないけど、韓国映画の中から憧れるラブストーリー映画10作を集めてみました。初恋や一筋縄ではいかない想いなど心が揺さぶられるドラマを楽しんでみませんか。どの世代の人が観ても共感できるおすすめ作品をランキングで紹介します。

韓国の恋愛映画には名作がいっぱい。初恋から男女を超えた愛までこの機会にじっくり鑑賞してみましょう。時に展開が過激でついてゆけないと思える物語もありますが、その情熱もトキメキも一緒に楽しんで下さい。
実力派俳優たちの繊細な演技に胸が熱くなり、心が癒されますよ。特に、笑える妄想シーンや美しい自然描写など見どころが満載です。好きな俳優目当てに観たら、別の俳優にもハマっちゃったなんて事も!世代を超えて愛される理由があります。
何度も観たくなる作品ばかりです!

第1位 アジョシ

注目ポイント&見所

ウォンビンの冴えた表情、激しい銃撃戦、心を通わす少女ソミとの交流などアクション・シーンのみならずリアルな魅力にあふれた作品。ウォンビンは元特殊部隊要員テシク役を演じ、すさまじい存在感を見せつけます!少女ソミ役を演じたキム・セロンも素晴らしい。ただ血まみれになるシーンもあるので苦手な人は早送りして下さい。

少女ソミの誘拐の裏に暗黒の韓国社会が広がっている事にゾクリとします。サスペンスとしても楽しめる秀作。ウォンビンが少女を救うと決意して髪を切るシーンではウォンビンの肉体美に魅せられます。

⇒アジョシのあらすじとネタバレ感想

第2位 私のオオカミ少年

注目ポイント&見所

オオカミ少年チョルスを演じるソン・ジュンギの繊細な演技と野性的な魅力にハマる初恋物語。内向的な少女スニとの初恋が淡い色彩で表現され、特にスニのギター弾き語りシーンは秀逸。少女マンガのような世界が好きな人におすすめ。

しかし、スニに相手にされない大家の息子ジテのストーカーぶりが恐ろしく2人を執拗に追い詰めます。美しさと恐怖の両方が楽しめます。最後までハラハラどきどきが止まらない!恋愛だけでなく、恐怖やファンタジー要素も入ったソン・ジュンギファンには見逃せない作品。

⇒私のオオカミ少年のあらすじとネタバレ感想

第3位 アンティーク 西洋骨董洋菓子店

注目ポイント&見所

チュ・ジフン主演の、ケーキ屋「アンティーク」を舞台にしたイケメン4人のサスペンス・コメディ。少年時代の誘拐事件がきっかけでケーキが大嫌いな主人公ジニョク(チュ・ジフン)は、ケーキ屋を開くことで誘拐事件の犯人を捕まえようとするが。

魔性のゲイで天才的パティシェのソヌ(キム・ジェウク)に迫られたりと大変だが周りに支えられて厳しくもおいしい人生を歩んでゆく。歌い踊りたくなるミュージカル仕立てのシーンが楽しい。よしながふみ原作漫画がこんなにポップでスィートな映画になるなんて!

⇒アンティーク 西洋骨董洋菓子店のあらすじとネタバレ感想

第4位 王の男

注目ポイント&見所

女より女らしいと絶賛されたイ・ジュンギ演じる女形芸人コンギルが素晴らしい。相方の芸人チャンセンの野性的魅力にも納得。コンギルと燕山君との関係がまるで劇中の綱渡りの様で観ていてドキドキします。コンギルと王との恋愛模様も面白いが、下ネタと王や官僚をパロディ化した仮面劇が最高。

歴史ドラマとしてもコメディとしても楽しめます。燕山君を演じるチョン・ジニョンの狂った演技も見どころ。影絵で幼い頃亡くした母に会いたいと切なげに訴えるシーンと刃を振り回す暴君の姿が重なる時、体が震えます。

⇒王の男のあらすじとネタバレ感想

第5位 建築学概論

注目ポイント&見所

大学時代の初恋を美しく描き、再会後に甘い余韻が残る作品。大学で「建築学概論」を共に学んだスンミンとソヨン。大学時代のスンミン役を演じるイ・ジェフンとソヨン役のmiss aスジの繊細な演技に胸が締め付けられます。大人になり、2人は再会しますが、既にスンミンには婚約者が。

人生と愛について深く考えさせられます。再会後の2人を「魔王」のオム・テウンと「太陽を抱く月」のハン・ガインが演じているが、面白くない。大学時代の初恋がきらきらしていた分、大人になると劣化するのだなぁということがしみじみ感じます。

⇒建築学概論のあらすじとネタバレ感想

第6位 愛してる、愛してない

注目ポイント&見所

ヒョンビン主演の、妻に別れを切り出されたことから始まる夫婦の物語。雨音だけが響く室内、草食系の夫と家事が苦手な妻。リアルな夫婦感が描かれていますが、雰囲気だけで魅せる展開は退屈かも。韓国映画というよりもフランス映画みたい。原作は、井上荒野の短編「帰れない猫」を映画化。

特別な事件は起きないが、かわいい子猫が迷い込んでくる瞬間が癒されます。ヒョンビンの穏やかな声がいい。2人の演技がゆっくり効いてきます。妻役を演じるのは、ホラー映画「箪笥」に出演したイム・スジョン。後ろからのショットはちょっと不気味に映ります。

⇒愛してる、愛してないのあらすじとネタバレ感想

第7位 甘い人生

注目ポイント&見所

キム・ジウン監督、イ・ビョンホン主演のフィルム・ノワール風なアクション映画。ボスの愛人を逃がしたことから始まる転落物語であるが、美術に凝った造りとb級映画の香りがたまらない。イ・ビョンホンファンならずとも楽しめる作品。またラストにさらりと登場する殺し屋にも注目。

題名をいい意味で裏切る秀作。イ・ビョンホンのハードなアクション・シーンが見どころ。ボスの愛人役をシン・ミナが演じ、なぜこの愛人にハマったのか不思議。好きになったら命がけ?映像と雰囲気に酔えます。

⇒甘い人生のあらすじとネタバレ感想

第8位 僕の彼女を紹介します

注目ポイント&見所

クァク・ジェヨン監督の「僕の彼女」シリーズ第2弾。前作よりチョン・ジニョンがパワーアップして戻ってきた感はあるが、内容は荒くやや詰め込み過ぎです。それでも、「猟奇的な彼女」ファンにはうれしいシーンも。相手役は、チャン・ヒョク。真面目なラブ・ストーリーのように描きながら、つっこみどころが満載。

カメラがチョン・ジニョンの周りをくるくるしすぎて倒れそう。恋愛って疲れるのね。ワンパターンの展開なのに観てしまうのは、チョン・ジニョンのように男の子を振り回したい願望を叶えてくれるからかもしれません。

⇒僕の彼女を紹介しますのあらすじとネタバレ感想

第9位 八月のクリスマス

注目ポイント&見所

小さな写真屋を営む、余命わずかなジョンウォンと20代前半の警察官タリムとの最後の恋を描いた人間ドラマ。ハン・ソッキュがジョンウォンを演じ、穏やかな大人の恋を繊細に魅せます。激しい恋愛映画に飽きた人におすすめ。2005年に日本でリメイクされた作品。人を愛するとは何かという切々とした想いが伝わってきます。

ハン・ソッキュの温かいナレーションにも注目。限られた命だからこそ懸命に生きたい。今、この瞬間が愛おしく思える秀作。2人がスクーターに乗ってデートするシーンも必見。

⇒八月のクリスマスのあらすじとネタバレ感想

第10位 天国の郵便配達人

注目ポイント&見所

元東方神起(現・jyj)のジェジュンが天国へ手紙を届ける不思議な配達人を演じた、ラブ・ファンタジー。夢のように美しい映像と泣ける手紙、そしてラストはまさかの夢オチ?!それでも安定感のあるジェジュンの演技にファンならずとも癒されるだろう。

愛と死を見つめた作品だが、さらりとしていてあとを引かない、共感できる作品。イ・ヒョンミン監督と「ロングバケーション」の北川悦吏子脚本。ジェジュンの恋人役をハン・ヒョンジュが演じています。

⇒天国の郵便配達人のあらすじとネタバレ感想

まとめ

韓国のラブストーリー映画は、一言で言うと”ジェット・コースターのような激しい恋”が多いが最近ではしっとりとした大人の恋愛を魅せる作品が増えてきています。その両方を楽しめるよう選んでみました。韓流ブームはもう終わったと感じる人もいるかもしれませんが、まだ未発掘の名作もありますよ。好きな俳優、もしくは気になる映画から観てみませんか。
初恋をテーマにした映画から、大人の恋愛を描いた「愛してる、愛してない」などいろいろな角度が観ることをおすすめします。ぜひ、心に残る1作と出会ってみて下さい。

関連ランキング

韓国映画のおすすめランキング10選
韓国のサスペンス映画のおすすめランキング10選
韓国のラブコメ映画のおすすめランキング10選

⇒ランキング一覧はこちら