映画『風立ちぬ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「風立ちぬ」のネタバレあらすじ結末

風立ちぬの概要:ゼロ戦闘機を設計した航空技術者の堀越二郎をモデルに、宮崎駿監督が美しい飛行機作りに人生をかけた男の物語を創作。戦争に使われた戦闘機を美化するのではなく、純粋に主人公の飛行機への憧れと情熱を描いている。

風立ちぬの作品概要

風立ちぬ

公開日:2013年
上映時間:126分
ジャンル:アニメ、ヒューマンドラマ、ラブストーリー
監督:宮崎駿
キャスト:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦 etc

風立ちぬの登場人物(キャスト)

堀越二郎(庵野秀明 / 鏑木海智)
少年時代から飛行機が大好きで、飛行機の設計士になることが夢だった。裕福な家庭で育ち、妹の加代も医者になっている。東大で航空工学を学び、技術者として飛行機開発会社に就職。高い能力を発揮して会社に貢献する。正義感が強く、純粋な心の持ち主。
里見菜穂子(瀧本美織 / 飯野茉優)
関東大震災の時、同じ汽車に乗り合わせていた二郎に助けてもらった。それから数年後、二郎と再会する。溌剌としたお嬢様で、意志が強い。結核を患っている。
本庄(西島秀俊)
東大時代からの二郎の親友であり良きライバル。職場も同じ。現実的に物事を考えるリアリストで、後進的な日本の技術力に焦りを感じている。
黒川(西村雅彦)
二郎の直属の上司。偏屈なところがあるが、二郎の才能を伸ばそうと奔走してくれる。妻とともに、二郎と菜穂子の仲人を務めた。
カプローニ(野村萬斎)
二郎が少年時代から憧れてきたイタリアの航空技術者。二郎は夢の中で度々カプローニと話をし、勇気をもらう。

風立ちぬのネタバレあらすじ

映画『風立ちぬ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

風立ちぬのあらすじ【起】

とある地方の裕福な家庭に生まれた堀越二郎は、少年時代から飛行機が大好きで、いつか自分で設計した飛行機を作りたいという夢を持っていた。二郎の夢に登場するイタリアの航空技術者カプローニは、二郎と同じ飛行機への夢を語ってくれる。

航空工学を学ぶため東大へ進学した二郎は、実家から大学へ戻る汽車の中で、関東大震災に遭遇する。その際、上野の資産家の娘である里見菜穂子とお付きの絹を助ける。しかし二郎は名前も名乗らずに、2人と別れる。

2年後、焼け野原となった東京も復興し、二郎も大学での勉強に励んでいた。二郎はいつも昼食で鯖を食べ、その骨の曲線の美しさに感心する。二郎と同じ志を持つ親友の本庄は、そんな二郎に呆れつつも、二郎の才能を認めていた。

日本中が不景気で苦しむ中、二郎は航空技術者として、名古屋にある飛行機開発会社に就職する。先に入社していた本庄は、二郎が来るのを心待ちにしていた。上司の黒川は、新入社員の二郎に難しい設計をやらせ、二郎をしごく。黒川は二郎の才能に大きな期待を寄せており、二郎を立派な技術者に育てようとしていた。

風立ちぬのあらすじ【承】

この頃の日本の航空技術はヨーロッパ諸国にかなりの遅れをとっており、会社は大枚を叩いてドイツのユンカース社へ視察団を派遣する。黒川の推薦により二郎も視察団に選ばれ、本庄とともにドイツへ渡る。ドイツ側は日本に技術を盗まれることを警戒していたが、ユンカース博士は、最新型の飛行機に二郎たちを乗せてくれる。二郎と黒川は、ドイツの技術力の高さを目の当たりにして、日本の遅れを痛感する。

二郎が入社して5年目。二郎は、海軍の航空母艦用の戦闘機を設計するチームのチーフに大抜擢される。二郎はスタッフに本庄を欲しがるが、黒川は二郎と本庄を一緒のチームにすることを拒む。本庄は、別の飛行機の設計を進めていた。

二郎設計の一号機が完成し、試験飛行が行われる。しかし飛行機は時速400キロのスピードに耐えられず、墜落してしまう。

夏休み。二郎は軽井沢のホテルに滞在して、一号機の失敗について考えていた。散歩の途中、突風が吹き、丘の上で絵を描いていた女性のパラソルが飛ばされる。二郎はそれを捕まえ、女性に返してやる。その女性とは、美しく成長した菜穂子だった。

風立ちぬのあらすじ【転】

菜穂子にとって二郎は、ずっと会いたいと願ってきた王子様のような存在だった。二郎も菜穂子のことは心に残っており、2人は再会を喜び合う。

菜穂子と食事の約束をした二郎は、レストランでドイツ人のカストルプと話をする。カストルプはヒトラー政権のやり方に疑問を持っており、母国の将来を憂いていた。そしてこのままでは日本もいずれ破裂するだろうと語る。

その日の食事は、菜穂子が熱を出してキャンセルとなる。菜穂子の病状は良くないようで、その後数日伏せっていた。ようやく元気になった菜穂子と二郎は急速に接近し、恋に落ちる。二郎は、菜穂子が結核を患っていることを承知の上で、彼女と婚約する。病気を治してから結婚したいという彼女を、二郎はいつまでも待つつもりだった。

夏休みが終わり、久しぶりに出社した二郎は、特別高等警察からマークされていた。黒川は二郎を自宅の離れに匿う。会社は全力で二郎を守ると決めていた。二郎は下宿に届いているはずの菜穂子からの手紙を気にしていたが、今はそれどころではなかった。

しばらくして、菜穂子が吐血したという知らせが入る。二郎は東京へ急行し、自宅で療養中の菜穂子を見舞う。菜穂子は2人のために、高原病院で療養することに決める。

風立ちぬのあらすじ【結】

二郎は最高時速500キロで飛ぶ、軽くて丈夫な戦闘機の設計に心血を注いでいた。高原病院で療養中だった菜穂子は、二郎からの手紙を読んでどうしても二郎に会いたくなり、病院を抜け出す。父親から菜穂子の病状を聞いていた二郎は、このまま彼女と結婚して、一緒に暮らそうと決意する。

最初は難色を示していた黒川も、妻の説得と2人の一途な愛に心を動かされ、急遽黒川家で二郎と菜穂子の結婚式が執り行われる。たった4人の質素な結婚式ではあったが、菜穂子はとても幸せだった。そして黒川家の離れで、2人の新婚生活が始まる。

二郎はずっと菜穂子に付き添ってやりたかったが、戦闘機の設計も佳境に入っていた。菜穂子は二郎が仕事に専念できるよう、いつも明るく振舞う。いよいよ新しい戦闘機の試験飛行が行われることになり、二郎は出張する。自分の死期を悟っていた菜穂子は、二郎やお世話になった黒川夫人にも内緒で、ひっそりと高原病院へ帰る。

二郎の開発した戦闘機は見事な出来栄えで、試験飛行は大成功する。しかし二郎はなぜか胸騒ぎを覚え、ずっと菜穂子のことを考えていた。

それから数年後。日本は敗戦し、二郎が開発した戦闘機も一機も戻ってこなかった。夢に現れたカプローニは、二郎と菜穂子を会わせてくれる。菜穂子は“あなた、生きて”と二郎を励まし、風のように消えていく。二郎は涙を流し、菜穂子の愛に感謝する。

Amazon 映画『風立ちぬ』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    この映画にはあらゆるシーンで異なる解釈を考えることができます。そこが私が気に入っているところで、日本を舞台にした日本人の話なのにここまで何を考えているのか、今のシーンが何なのかを理解するのに時間がかかる映画はないんです。ただ、筋は通っている。本庄は自己中心的な思考で行動しているし、菜穂子は二郎に気に入ってもらうために自分を演出することをためらいません。
    私は劇場で5回『風立ちぬ』を見て、全てで号泣してしまいました。それぞれ異なる解釈が頭のなかに浮かんできて、毎回泣いていたんです。不思議な映画ですよ。とんでもない魅力を持った映画です。私は『風立ちぬ』を題材にして文章を書け!と言われればいくらでも書ける自信があります。書く間に何度も何度も映画を見なおさなきゃいけないので、それもまた楽しみ。私はここまで思ってしまうほどハマりました。
    ただ、ダメな人にとってはとことんダメな映画に違いありません。劇中に説明は全く無いので、理解できないことがストレスになる人には向いていません。それでも宮﨑駿の引退作なのですから、すべての人に見ていただきたいですけどね。映画は素晴らしいなと築かせてくれる大傑作です。

  2. 匿名 より:

    ラストシーンについての解釈もたくさんあるんですよね。映画評論家・町山智浩氏の説(というか結論ですが)によれば、あれはダンテの『神曲』における煉獄だということです。あれは堀越二郎の妄想でも夢でもなく、天国と地獄の間だったんです。
    菜穂子が「生きて…」というセリフを言いますが、あれは絵コンテ、つまり宮﨑駿流の『脚本』では「来て…」というセリフでした。つまり、菜穂子は天国からの使者でした。二郎を迎えたカプローニはさすれば地獄からの使者であったということ。二郎は菜穂子の姿を見て涙ながらに感謝の意を告げ、カプローニとワインを飲みに行きますよね。画面的には、下。丘の向こう側へ並んで歩いて行きました。つまり、どういうことか。分かりますね?

  3. 匿名 より:

    軽井沢で登場するドイツ人、彼が何者なのか?様々な説がありますが、一番有力で説得力があるのは、彼がリヒャルド・ゾルゲだという説です。ゾルゲは日本で暗躍したソ連のスパイで、日本の同盟国・ドイツ人のふりをしてスパイ活動を行っていました。彼と堀越が合唱した曲を覚えていますか?あれは『会議は踊る』というドイツ映画の主題歌『ただ一度だけ』という曲です。

  4. 匿名 より:

    『風立ちぬ』で最初に話題になったのは、エヴァンゲリオンシリーズで知られる監督・庵野秀明が主人公の西友を務めたことでしたね。声優初心者の彼がなぜ大抜擢されたのか?それは、主人公の堀越二郎という男がめったに感情を表に出すことがなく、何を考えているかわからない人だからです。声優や有名な俳優が声優を務めると堀越二郎という男に人格を芽生えさせてしまうので、素人の棒読みでなければいけなかったのです。