映画『恋人までの距離』あらすじとネタバレ感想

恋人までの距離の概要:1995年製作のアメリカ映画(原題:BEFORE SUNRISE)。ウィーンに向かう列車の中で偶然出会ったアメリカ人青年とフランス人女学生との本気のひと晩の恋を描いたラブストーリー。

恋人までの距離 あらすじ

恋人までの距離
映画『恋人までの距離』のあらすじを紹介します。

パリに向かうため列車に乗っていたセリーヌとウィーンに向かうため同じ列車に乗っていたジェシー(イーサン・ホーク)。
ふとしたきっかけで会話を交わし、すぐに意気投合する。
短い時間だったが、お互い離れがたくなった2人。
パリより手前のウィーンで降りるジェシーの誘いで、共にウィーンで降りることにしたセリーヌは翌朝の彼のアメリカ行きの飛行機搭乗時刻まで一緒にいることにする。
元々ジェシーは、搭乗時刻までウィーンの街をあてもなくブラブラする予定だったのだ。
そのため目的の無い2人は、ただなんとなくお洒落な町並みを散歩してみることにする。
その間に過去の恋愛遍歴、哲学の話などそれぞれの環境や価値観をまじえて真剣に会話をした。
何もしていないのに2人にとっては最高に楽しく、ときめきを感じられる時間。
しかし刻一刻と別れの時は近づいてくる。
そう、2人は翌日までの時間制限の中で恋をしているのだった。
お互いの気持ちは確信に変わっていくも、どうして良いのか分からない2人。
何度もキスをしてもどこか不安で、それでいて気持ちを確かめ合う。
ついに別々の道へ行く時間がやってきた。
「どうしてももう一度会いたい」と半年後の同じ時間にここで再会することを誓い、希望を胸にそれぞれの帰路へついたのだった。

恋人までの距離 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1995年
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:リチャード・リンクレイター
  • キャスト:イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー、アーニ・マンゴールド、ドミニク・キャステル etc

恋人までの距離 ネタバレ批評

映画『恋人までの距離』について、感想批評です。※ネタバレあり

イーサン・ホーク最大の魅力溢れる映画

かつて1990年代に男前でクールな俳優として人気を博した俳優がいた。
それがイーサン・ホークである。
ワイルドな見た目とは裏腹にナイーブで細かい演技を見せる二枚目に女性のファンが急増したことは言うまでも無い。
本作品でも一晩だけの真剣な恋をテーマに、時には強引に時には臆病な演技を見事に見せつけた。
後にも先にもこれが彼の代表作といっても過言ではない恋愛映画に仕上がっており、胸をしめつけられるような切ない恋愛映画が好みなら是非見て欲しい作品である。

タイムリミットのある恋愛

この映画のドキドキするポイントは、別れなければいけない時刻が決まっているところ。
思わず途中下車してブラブラしてしまう二人だが、主人公はアメリカに帰る飛行機までという制限がある。
その時刻までに何があるのかというのを、見ているこっちも時間を気にして見てしまうのだ。
どうか離れないでほしいという気持ちも出てきてしまい、最後どうなるのかが途中から気になって仕方なくなってしまうのだ。

ウィーンの美しい町並みがロマンティック

ヨーロッパというのは風景の美しさでいうと群を抜いている。
どこを歩いても街並みすべてが絵になるのだ。
特に恋愛作品を撮影するにはもってこい。
ただ、男女がカフェでお茶をしているシーンだけで美しくドラマティカルに映る。

特に一晩だけの恋愛を描いている本作品。
色っぽく素敵な絵柄が撮れ、大人のムードを漂わせながらどこかおとぎ話のようなファンタジー要素も含むような雰囲気になるから不思議である。

恋人までの距離 感想まとめ

この映画はイーサン・ホークの魅力とウィーンの街並み、そして何より歩いているだけで絵になる男女の関係が見所である。
ヨーロッパの街並みに発展していく恋模様は、見ているだけで羨ましくもあり美しくもある。

またラストシーンの半年後に会うという約束が続編を思わせて終わり、鑑賞者にこれで終わりではないという希望を持たせているあたりが非常に上手い。
列車の中で出会うというユーロトレインならではの雰囲気が、ナンパな感じもせずはまってしまうからヨーロッパ撮影は特だ。
雰囲気がちょうど良く手伝ってくれた素敵な映画である。

Amazon 映画『恋人までの距離』の商品を見てみる

関連作品

次作 ビフォア・サンセット