映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の概要:20世紀博に遊びに来た野原一家。昔を懐かしむ大人たちはどんどん20世紀博の虜になっていく。イエスタデイワンスモアが企むオトナ帝国とは。大人になってからもう一度見たい傑作。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の作品概要

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

製作年:2001年
上映時間:89分
ジャンル:アニメ、ヒューマンドラマ
監督:原恵一
キャスト:矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ etc

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の登場人物(キャスト)

野原しんのすけ(矢島晶子)
5歳のおバカな園児。野原家の長男であり、みさえとひろしの子供。いつもはおバカなことばかりしているが、大人達がおかしくなってからは、ひまわりの面倒を見るというお兄ちゃんらしい面も見せる。
野原ひろし(藤原啓治)
野原家の大黒柱で、しんのすけの父。オトナ帝国に連れて行かれ我を忘れてしまうが、強烈な足の臭いが吉となり、子供に戻る「匂い」を嗅いでも正気を保てるようになる。
野原みさえ(ならはしみき)
野原ひろしの妻でありしんのすけの母。いざという時最も頼りになる最強の母であるが、ひろしと同じく我を忘れてしまう。ひろしの足の臭いで元に戻った後は、その大きい尻を武器に大人達を撃退する。
ケン(津嘉山正種)
イエスタデイワンスモアの幹部。20世紀博で懐かしい「匂い」を作り出し、大人達の懐古心を利用してオトナ帝国を作る計画を立てる。チャコという恋人と共に計画を遂行するが、野原家の未来を守るという奮闘にことごとく阻まれる。
チャコ(小林愛)
イエスタデイワンスモアの幹部であり、ケンの恋人。20世紀復興計画をケンと共に遂行する。ポーカーフェイスだが、たまに人間らしい一面も見せる。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のネタバレあらすじ

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のあらすじ【起】

野原しんのすけは、両親のみさえ、ひろし、そして妹のひまわりと共に万博に来ていた。すると、突如巨大な怪獣が現れ場内には避難勧告が流れる。逃げ惑う人々の中で、野原一家は万博防衛隊へと変身し戦闘態勢に入る。一人戦闘機に乗るひろしは、巨大に変身し怪獣と戦う。しかし、ひろしだけが活躍することに我慢できないしんのすけは、思わず参戦してしまう。と、ここで撮影カットの声がかかる。これは、20世紀博の施設の1つであったのだ。

野原一家が訪れた20世紀博とは、大人達が昔を懐かしみ楽しむことのできる興行施設である。子供を預けた後は、懐かしい広場でメンコや縄跳びで遊ぶ。そして、給食を真似たレストランで食事をする。春日部中の大人達がこの20世紀博に夢中になっていた。

帰宅する野原一家の車内では、昭和の曲が流れている。それどころか、街中で見かけるものは昔の車や昔のファッション、昔のレコード販売など昔のものだらけになっていた。

その夜、20世紀博からモノクロ映像でお知らせが入る。”明日の朝、愉快に過ごしましょう”という短いメッセージのみだった。変だと思うしんのすけだったが、みさえとひろしは突然子供のように豹変してしまうのであった。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のあらすじ【承】

イエスタデイワンスモアの幹部、ケンとチャコ。二人は、大人達が子供に戻ってしまう「匂い」を充満させ、現実の21世紀を終わらせようとしていた。

子どもの心に戻った大人達は、20世紀博に向かうトラックに乗り走り去ってしまう。そして、街には子ども達だけが取り残される。

春日部防衛隊である風間くん、まさおくん、ボーちゃん、ネネちゃん、そしてひまわりを背負うしんのすけもまた、街に取り残されていた。その夜、大人の消えた真っ暗闇の春日部の街に、一本のラジオ放送が入る。イエスタデイワンスモアのケンからである。大人達は「匂い」によって子どもに戻っていること、そして明日迎えの車に乗れば両親に会えるが、来なければ反抗分子として捉えられてしまうという内容が伝えられる。

翌朝、街の子ども達はイエスタデイワンスモアに従い車に乗り込む。一方、従っても両親に会わせてもらえないという風間くんの言葉に納得した春日部防衛隊。6人は迎えの車には乗らず、追っ手から逃げることを決意する。

そして翌朝、ケンとチャコ、そして子どもに戻った大人達が反抗分子を捕らえにくる。その中には、ひろしとみさえの姿もあった。二人に見つかった春日部防衛隊は、あらゆる方法で街中を逃げ回るのであった。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のあらすじ【転】

ボーちゃんの提案で、幼稚園バスを運転して逃げることを決める6人。力を合わせてバスを動かす6人であったが、ケンの愛車に突っ込んでしまう。切れたケンは、大人達全員にバスを追うよう指示するのであった。

やがて、しんのすけ達は大人から逃げ回る中で20世紀博へ向かっていたことに気付く。大人達を戻すためにも、20世紀博に突入することを決意する。

そして、6人はバスのまま20世紀博に乗り込む。そこで、しんのすけとひまわり、シロ以外は大人達に捕まってしまう。

なんとか逃げ出したしんのすけは、シロが嗅ぎ分ける道を頼りにみさえとひろしを探す。すると、一つの扉の前に辿り着く。EXPO70と書かれたその扉に入ると、小さい頃のひろしとその両親が居るのである。

両親に月の石を見たいとごねる幼きひろし。そんなひろしを見て、しんのすけは静かに”父ちゃん、迎えに来たよ”と声をかける。そして、大人達は「匂い」のせいで子供に戻っているというケンの言葉を思い出したしんのすけ。ひろしのトレードマークでもある臭い靴を脱がせ、幼きひろしに嗅がせるのであった。

靴の「匂い」により、ひろしは自分が歩んできた人生を思い出す。みさえとの出会い、家を建てた時やしんのすけが生まれた日など、野原一家での幸せな日常を思い出していく。大人の姿で目覚めたひろしは、目の前のしんのすけを力の限り抱きしめるのであった。

ひろしの靴の「匂い」により、正気を保てることに気づいた野原一家。みさえも取り戻した一家の前に、一連の流れを見ていたケンが現れる。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のあらすじ【結】

野原一家に興味を持ったケンは、自分が作り出した20世紀の街へ一家を連れていく。そこでは、懐古心を持つ大人達が、昔のように生活をしているのであった。

そこで野原一家は、「匂い」レベルが最大まで上がっていると知る。そして、タワーの頂上から「匂い」を一斉に放出し、21世紀を終わらせるという作戦をケンから聞かされる。未来を守るため、野原一家はタワーへ向かって走り出す。

タワーへ到着した野原一家は、全員で駆け上っていく。しかし、追っ手に阻まれ、最後はしんのすけ一人が登り続けていた。

ボロボロになりながらも、頂上に辿り着くしんのすけ。そこには、「匂い」を街中に解放させようとするケンとチャコの姿がある。必死にしがみつくしんのすけだが、ケンに振り払われてしまう。

そして、ついに「匂い」が解放されるその時、ケンは街中の「匂い」レベルが下がってしまったことに気づく。街の住人達もまた、野原一家の必死で未来を守る姿を見ていたのだ。

終わりを悟ったケンとチャコ。タワーから飛び降りることを決意するが、またしてもしんのすけに阻まれる。

元に戻った大人達を乗せたトラックが、春日部の街へと帰ってくる。そして、野原一家もまた我が家へ帰るのであった。

Amazon 映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①オトナでなくとも

    クレヨンしんちゃんの中でも傑作と名高い作品なだけあって、細部への作りこみがすごい。言葉で読むよりはもう見るよう勧めるしかでいないのだが、音楽から小道具に至るまでとにかく20世紀を、つまり昭和を意識しているのだろう。スタッフが「ここまでやるんですか」といい、監督が「うるさいやるんだよ」と返したという逸話があるそうだが、うなずくしかない。

    私自身はこの20世紀の描写がすべてわかるほどの年齢ではないのだけれど、それでもノスタルジーを感じずにはいられなかった。これが私の親世代ともなると、もうそれはそれはひろしやみさえ並みにのめり込むに違いない。だからといって子供でも十分に楽しめるだけの魅力があるのがクレヨンしんちゃんの良いところだ。ぜひ2世代、3世代で観たい映画だ。

    ②メッセージ性

    今一生懸命働いている大人だって、ヒーローに憧れたり、かっこつけていた頃が、魔法少女に憧れていた頃がある、という当たり前だけれどなかなか誰も叫んでくれないメッセージが胸を打つ。子どもの時代に戻りたいといつも思っているような人は少ないかもしれないが、時折ふと強烈に帰りたくなることは誰にでもあるだろう。そういった、失ってしまった二度と戻らないものの輝きがちりばめられている。

    ひろしとみさえが、「しんのすけとひまわり」という今あるものの大切さを思い出して過去を振り切るのも素晴らしいし、また、最後あきらめて死のうとしたケンとチャコに対して勘違いではあるが「ズルイぞ!!」というしんのすけの言葉もまた刺さる。まさにクレヨンしんちゃんだからこそ、描けた切なさの世界だと言える。

  2. 匿名 より:

    クレヨンしんちゃんだからといって、アニメ映画だからといって侮ってはいけない。間違いなく名作中の名作に仕上がっている。普段は子供向けのアニメだけれど、この作品が胸を打つのは昭和を生きた世代だ。出てくるものが懐かしいというよりも「大人だって子供の頃があった」という当たり前の切なさを訴えてくる。また、ノスタルジーを刺激しつつ、同時に今を大切にする、今と向き合うことも教えてくれるのだ。懐かしいだけの映画では、決してない。

    そんな気持ちのまま、最後天童よしみの歌が流れる頃には涙腺が崩壊していること間違いなしである。