映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のネタバレあらすじ結末

マッドマックス 怒りのデス・ロードの概要:過去に伝説的な人気を博していた「マッドマックス」シリーズが何と27年ぶりに復活。スマッシュヒットとなり、その年の賞を総なめにした。トム・ハーディの演技が高く評価されている。

マッドマックス 怒りのデス・ロードの作品概要

マッドマックス 怒りのデス・ロード

公開日:2015年
上映時間:120分
ジャンル:アクション、SF
監督:ジョージ・ミラー
キャスト:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン etc

マッドマックス 怒りのデス・ロードの登場人物(キャスト)

マックス・ロカタンスキー(トム・ハーディ)
元警察官。最愛の妻と娘を失い放浪していたところ、謎の集団に突如拉致され彼らの輸血袋にされる。フュリオサと共に緑の土地に向けて旅することとなる。
インペラトル・フュリオサ(シャーリーズ・セロン)
ジョーの元で働いていた女戦。ジョーに反旗を翻し、ジョーの慰み者となっていた女性達を助けるべく行動を起こす。
ニュークス(ニコラス・ホルト)
マックスを輸血袋とするウォーボーイズの一員。ふとした事からマックスとフュリオサと緑の土地を目指す事となる。
イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)
不死身のジョーと呼ばれる辺り一帯を支配する有力者。

マッドマックス 怒りのデス・ロードのネタバレあらすじ

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

マッドマックス 怒りのデス・ロードのあらすじ【起】

正義感溢れる警察官であるマックスは、愛する妻と娘と共に幸せな生活を送っていました。しかしその頃、世界で核戦争が勃発します。拡大化したその専用によってとうとう地球は壊滅状態に陥ります。残った人類達は、何とか生き残りをかけて残り少ない資源である石油と水を求め新たな戦いを始めました。そしてその戦いの最中、マックスは最愛の家族を奪われてしまいます。

マックスはインターセプターという愛車と共に放浪の旅に出ました。しかし、ある日突然謎の集団に突如襲撃され捕まってしまいます。マックスは、とある砦に連行されます。その砦は不死身のジョーと呼ばれる男が全ての資源を支配する場所でした。ジョーは一帯の水と石油を全て手中に収め、住民達を操っていました。また、美しい女性を何人も監禁しては、より優秀な跡取りを産ませるために幾度となく犯して妊娠させるという行為を繰り返しています。

ジョーはウォーボーイズと呼ばれる部下を率いていました。ウォーボーイズ達は戦場の中で死を遂げることで天国に行けると信じているため、”死”を恐れない勢いがありました。

マッドマックス 怒りのデス・ロードのあらすじ【承】

ウォーボーイズ達がマックスを捉えたのは、マックスを自分達の”輸血袋”とする為です。ウォーボーイズ達は核戦争の時に浴びた放射能の影響で、定期的に輸血を必要としていたのでした。放射能に汚染されておらず、自分と同じ血液型という輸血袋はかなり貴重な素材なのです。

一方、その頃ジョーの部下である女戦士、フュリオサがとある計画を実行しようとしていました。フュリオサはジョーに捉えられ性奴隷とされている女性達を助け出し、自分の故郷である「緑の土地」に向かおうとしていたのです。隣町にある石油を奪って来る様にと命令されたフュリオサは、隣町に向かう為の巨大トレイラー「ウォー・リグ」を渡されます。フュリオサは無事に女性達を助け出しトレイラーに同乗させます。そして、隣町に向かうフリをして緑の土地へと進路を取ったのでした。

しかし、ジョーに反旗を翻した事がバレ、一躍追われる身となります。そして、フュリオサを追って大群が送り込まれました。マックスが輸血袋として乗っているウォーボーイズ・ニュークスの車両もフュリオサめがけて突撃して行きます。

マッドマックス 怒りのデス・ロードのあらすじ【転】

追っ手を振り切るために、フュリオサは自ら車体を激しい砂嵐の中に突入させました。頑丈な車体且つフュリオサの高い運転技術があった為に、フュリオサ一行は無事にその砂嵐を抜け出します。しかし、フュリオサの後を追って砂嵐に突入していった追っ手達が乗る車体は次々と壊滅して行きます。マックスが括り付けられた車体もまた、砂嵐の中で大破しました。

激しい衝突に巻き込まれたマックスはそのまま意識を失いますが、幸い一命を取り留めていました。目を覚ましたマックスは、自分としっかり繋がれているニュークスを仕方なく担ぎ徒歩で移動を開始したのです。そして暫く歩いたマックスは、フュリオサ達が休憩を取っている場まで辿り着きました。マックスが追ってではないと分かったフュリオサは、彼らもトレイラーに乗せ旅を続けることとしました。

しかしその間にもジョーの追っ手は迫ってきます。フュリオサとマックス、そしてニュークスも生き残る為に共戦するうちに、仲間意識が芽生えてきました。しかし、彼らの努力もむなしく、女性のうちの1人であるスプレンディドが殺されてしまいます。

マッドマックス 怒りのデス・ロードのあらすじ【結】

彼等は幾度も追っ手を退け、長い道のりを渡りとうとう緑の土地へと辿り着きました。しかし、その場所はフュリオサの記憶とは全く異なり、核によって汚染された荒れ果てた土地となっていたのです。落胆する一同でしたが、そこでマックスが、ジョーの砦を奪い自分達のものにすればいいと提案します。マックスの案に乗った一行は、来た道をそのまま引き返す事となりました。しかしその途中、フュリオサが追っ手に脇腹を刺され重傷を負ってしまいます。

大群に囲まれとうとう万事休すとなった一同でしたが、そこで立ち上がったのがニュークスでした。ニュークスは実は助けられた女性のうち1人に恋心を抱き、彼女を守る為に囮を買って出たのです。「オレを見ててくれ」と彼女に最後に告げたニュークスは、自ら犠牲となり後続の車両を巻き込みながら谷で横転しました。そして、ボスであるジョーも姿を見せました。マックスはジョーに挑み、そしてジョーを見事殺害しました。

マックスは出血多量を起こしているフュリオサに自らの血を輸血し彼女を助けます。フュリオサはジョーの死体を持ち帰ります。英雄となったフュリオサを見届け、マックスはまた一人旅を続けるのでした。

Amazon 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の商品を見てみる

関連作品

前作 マッドマックス サンダードーム

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    妻と息子を暴走族に殺され、復讐の鬼と化した警察官マックスが復讐を遂げたことから始まった、マッドなマックスが悪党を片っ端からやっつけていくバイオレンスアクションムービーの最新作。

    2001年に4作目の撮影が計画されたものの問題が重なり中止、結局15年近い歳月を経て公開に至った。
    その関係で年齢設定に無理が出てしまい、3作目までマックスを演じてきたメル・ギブソンは身を引いている。
    代わりに起用されたのは、バッドマンシリーズ「ダークナイト ライジング」の悪役ベインが印象的だったトム・ハーディ。

    画期的な新キャラクターとして登場した、スキンヘッドにオイルまみれで片腕が義手の戦うヒロイン、フュリオサ役にはシャーリーズ・セロン。
    美しい金髪をスキンヘッドにし、全編ノーメイクで撮影に挑んでいる。

  2. 匿名 より:

    ストーリーはあってないようなもので、荒廃した砂漠だけの世界で命を懸けた迫力満点のカーチェイスが行われるだけ。
    マックスが見る幻覚の少女たちは、彼がこれまで救えなかった人々のように描かれているものの、詳細は謎のまま。
    そして、ジョーに反旗を翻した女性たちがマックスの協力を得て、悪者のジョーをやっつけていくだけ。

    細かい心理描写やラストのどんでん返しは無いが、そういったものを売りにしている作品が多い中で、アクションだけを純粋に楽しめる内容に仕上がっている。

  3. 匿名 より:

    子供を産める女性は全員“妻”として所有し、汚染された世界の影響で短命でありジョーに洗脳されている、全身白く銀色のスプレーで口の周りを染めるウォーボーイズなど、人権を無視したかのような設定。
    捕まったマックスからウォーボーイズに輸血するため“輸血袋”と呼んだり、輸血しながら車の前面にマックスを磔にもするが、人権に関しての嫌らしさを感じさせない演出。

    ジョーたちの車には、ギターを演奏しながら攻撃してくるという奇抜なキャラクターも存在する。

    極力CGは使わないというスタンスで撮影されているが、序盤でマックスが逃げようとするシーンやニュークスが車に忍び込むシーンが、ほかのシーンより若干早く動いているように見えるという、テンポの良さも面白い。

  4. 匿名 より:

    企画が出てから15年もおあずけにされれば、出世作とはいえ、メル・ギブソンがマックス役を辞退するのも納得。
    27年ぶりの新作ということもあり、本作と以前のシリーズ3作の違いに違和感を感じる長年のファン層と、本作ではじめて「マッド・マックス」を見たという人もいるであろう作品。
    続編として見るよりも、スピンオフ作品として見れば、とても楽しめるであろう映画になっている。

    序盤でマックスが昆虫(爬虫類にも見える)を捕まえてかぶりついた他には、トラックについていた母乳しか口にしていないのにとても元気だという謎や、ニュークスの洗脳が解けるのがあっけないという突っ込みどころは残る。
    だが、マックスとフュリオサが、悪役ジョーの一味を成敗していくという爽快感が上回っている。