映画『マジェスティック12』のネタバレあらすじ結末

マジェスティック12の概要:行方不明になったカップルの、2010年7月16日から18日の3日間の記録映像を復元した作品。UFOに関する謎、ロズウェル事件をテーマにしたPOV(主観映像)ホラー。

マジェスティック12の作品概要

マジェスティック12

公開日:2010年
上映時間:88分
ジャンル:SF、ホラー
監督:ショーン・バーディン、ロバート・クーリー
キャスト:ジョー・アンダーソン、リサ・モーガン、ボブ・ラーソン etc

マジェスティック12の登場人物(キャスト)

ジョー・アンダーソン(ジョー・アンダーソン)
約10年前に両親が事故死。祖父ロイと祖母ベティに育てられた。ロイから距離を置かれていることを、寂しく思っている。ロイとベティを驚かせるため、連絡せずに育った家に戻った。リサにプロポーズしようと考えている。冒険が好き。
リサ(リサ・モーガン)
ジョーのガールフレンド。ジョーを育てたロイとベティに挨拶するため、一緒に休暇を過ごす。主にカメラを回している。
ロイ・アンダーソン
ジョーの祖父。軍で働いていたことがある。口が固く、ジョーを納屋に近付けさせなかった。ジョーの思い出話にだけ出てくるので、本人はカメラに映っていない。
ベティ・アンダーソン
ジョー祖母。ロイと同じく、思い出話にだけ出てくる。
ラーソン(ボブ・ラーソン)
ジョーの通報で駆けつけたFBI捜査官。

マジェスティック12のネタバレあらすじ

映画『マジェスティック12』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

マジェスティック12のあらすじ【起】

実際の映像を復元、再編集したものである。
また、パソコンなどによる合成はされていないことが確認されている。

一緒に休暇を過ごすため、ジョーと恋人のリサは、軍の飛行場近くにあるジョーの祖父母の家にやって来た。
しかし手作りの門の鍵はかかったままで、誰も出てこないことを不審に思い始めるジョーとリサ。
玄関ドアを見ると、日曜の夜まで外出している、という張り紙があった。
ロイとベティの驚く顔が見たかったジョーは、連絡せずに家まで来たのだった。

仕方なく、スペアキーで鍵を開けて勝手に家に上がり込むことになる。
ジョーの子供のころの話を聞き、庭ではしゃいだ後、食事の時間になる。
するとキッチンにカメラを置いたジョーが、リサにプロポーズをする。
カメラを置いたのは、プロポーズの瞬間を記録するためだった。

大喜びのリサは、今夜は2人で映画「ローマの休日」を見ようと提案。
しかし冒険好きなジョーは、ロイがいないのをいいことに納屋を見てみようと提案する。
そしてジョーは一人、納屋に向かった。

マジェスティック12のあらすじ【承】

納屋の隙間を覗いていたジョーは変な音を聞き、何かがいると気付く。
映画を見ていたリサの元に向かうと、興奮気味にそれを語った。

真夜中になり、嫌がるリサを連れて納屋へ向かうジョー。
暗い中で驚かされたリサは怖がり、まるでブレアウィッチのようだと怒る。
そしてジョーは納屋の扉をこじ開けた。

納屋の中には、ロイが軍から持ち出したと思われる物が数多く置いてあった。
興奮気味のジョーだったが、気味の悪さに耐えられなくなったリサの猛抗議に遭い、家に戻ることになる。

翌朝、朝食を済ませたジョーとリサは再び納屋に向かう。
そしてリサは納屋の中で数枚の書類を発見する。
そこには極秘扱いの、ホワイトハウスからのものもあった。
ロイが軍に所属していた年代のもので、「マジェスティック12作戦」という単語や、近所の空軍基地の名前もあった。

さらには大昔のUFO事件「ロズウェル事件」や「エリア51」の新聞記事の切り抜きを見つけ、ジョーは調べてみることにする。

マジェスティック12のあらすじ【転】

ジョーは、ロイがロズウェル事件に関わっていたと知る。
そして納屋にはもっと秘密が隠されているとにらみ、再びそこに向かう決意をする。
しかしリサはジョーの冒険についていけず、困惑していた。

暗い中で再び納屋に向かったジョーとリサ。
だが、保管されていた箱の中に死んだ宇宙人を見つけ、大慌てで家に逃げた。
リサは警察に通報することを提案するが、唯一の家族が国家機密に関わっていることを思うと、ジョーは簡単に動き出せなかった。
そして再び納屋の中を確認しなければと考える。

リサとベッドに入るが、窓から奇妙な光が差し込んでくる。
あたりを見て回るが、ロイが帰ってきた様子は無かった。

翌朝、リサが寝ている間に納屋に向かったジョー。
そしてFBIに通報すると決意を固める。
FBIが来る前にリサと一緒に納屋に行こうとするが、彼女の猛反対にあい、二度と納屋に行かないと約束させられる。
しかしこっそり納屋に行こうとして、リサとケンカになる。

マジェスティック12のあらすじ【結】

ケンカ中の2人の前に、FBI捜査官のラーソンが現れる。
しかしラーソンは、納屋に近寄る事もカメラを確認する事も拒否して、ジョーとリサの前から去っていった。

ジョーは休暇を切り上げることを決意する。
リサに荷造りを任せ、納屋の片付けをしていたジョーは、宇宙人の死体が無いことに気が付く。
荷造りを終えていたリサを連れ、急いで家から出て行こうとするが、納屋の中に車のキーを忘れたことに気付く。

リサを残して納屋に戻るジョー。
リサは宇宙人の姿を見て、ジョーの元に逃げる。
逃げ惑う2人の前に何度も姿を現す宇宙人。
そしてリサは連れ去られてしまった。

気絶していたジョーはパニックになるが、そこにFBI捜査官ラーソンと相棒がやって来る。
助けを求めるジョーだったが、彼らは黙り込んだまま。
そしてカメラは突然地面に落ち、踏み潰されてしまった。

ジョーとリサはの行方は未だにわかっていない。
FBIは、この件に関して何も答えようとはしていない。

Amazon 映画『マジェスティック12』の商品を見てみる