映画『魔女の宅急便』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「魔女の宅急便」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便の概要:魔女修行に出た13歳のキキは、挫折を経験しながら少しずつ成長していく。角野栄子の同名児童文学を原作としたスタジオジブリの長編アニメーション。宮崎駿監督は、魔女のキキを誰にでも共感しやすい普通の少女として描いており、その狙いが的中して映画は大ヒットした。

魔女の宅急便の作品概要

魔女の宅急便

公開日:1989年
上映時間:112分
ジャンル:アニメ、ファンタジー、青春
監督:宮崎駿
キャスト:高山みなみ、佐久間レイ、戸田恵子、山口勝平 etc

魔女の宅急便の登場人物(キャスト)

キキ(高山みなみ)
13歳の少女。父親は人間で母親が魔女。魔女になる娘は、13歳になったら独り立ちして1年間の魔女修行に出ると言う古いしきたりがあり、満月の夜に旅立つ。特技は空を飛べることだけなので、修行先の町で宅配業を始める。ジジという黒猫が相棒。
トンボ(山口勝平)
キキが修行のために暮らし始めた町の少年。飛行クラブに所属しており、自家製飛行機を製作中。ほうきで空を飛ぶキキに興味津々。丸メガネをかけた気のいい男の子。
おソノさん(佐久間レイ)
キキを下宿させてくれるパン屋のおかみさん。臨月を迎えた妊婦。太っ腹な明るい女性で、常にキキを励ましてくれる。パン職人の夫も無口で優しい。
ウルスラ(高山みなみ)
絵描きの女性。夏の間は森の中の小屋で絵を描いている。ある出来事がきっかけでキキと知り合い、落ち込んでいるキキを小屋へ招待してくれる。

魔女の宅急便のネタバレあらすじ

映画『魔女の宅急便』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

魔女の宅急便のあらすじ【起】

13歳になったキキは、ラジオの天気予報で“今夜は素晴らしい満月の夜になる”と聞き、今晩魔女修行の旅へ出発することに決める。魔女になる子は、13歳になると独り立ちして、1年間の魔女修行に出なければならないという古いしきたりがあった。

キキの母親は薬の調合を得意とする魔女で、町の人々から慕われている。父親は普通の人間だが、キキの魔女修行を応援してくれていた。母親は大急ぎで修行用の黒服を用意し、父親は友人を集めて壮行会を開いてくれる。両親や近所の人たちに見送られ、キキは黒猫のジジとともにほうきにまたがって出発する。

修行に出た魔女見習いは、自分で住む町を見つけなければならない。山手の田舎町で育ったキキは、海の見える大きな町へ行こう決めていた。急な嵐に遭遇して貨物列車に潜り込んだキキは、そのまま眠ってしまう。朝、目を覚ますと列車からは海が見え、向こうには大きな港町があった。キキはその町を目指す。

その町はなかなかの都会で、中央には高いシティタワーがあった。通りは大勢の人々や車で賑わっており、キキはそこをほうきで飛んでみる。ところが、ほうきが暴走して町を混乱させてしまい、警察に叱られる。

キキが困っていると、トンボという少年が“泥棒!”と叫んで警察を追い払ってくれる。飛行クラブに所属しているトンボは、空を飛べるキキに興味津々で、馴れ馴れしく話しかけてくる。キキはそれを失礼な態度だと感じる。

魔女の宅急便のあらすじ【承】

都会の人々はよそよそしく、キキはいきなり落ち込んでしまう。トボトボ歩いていると、町の高台にあるパン屋の前にたどり着く。その店のおソノさんは臨月の大きなお腹を抱え、お客さんの忘れ物を届けようとしていた。キキは自分が届けると申し出て、空を飛んでいく。

おソノさんは親切に話を聞いてくれ、キキを空き部屋に泊めてくれる。部屋はホコリだらけだったが、窓からは海が一望できた。キキはもう少しこの町で頑張ってみることにする。

空飛ぶ宅急便のお店を開きたいというキキの話を聞き、おソノさんは、店を手伝ってくれるなら、部屋代電話代なしの朝ごはん付きという条件で、空き部屋に下宿すればいいと言ってくれる。キキは大喜びでおソノさんに甘え、生活用品を買い出しに行く。

店へ帰ると、パン屋の常連さんからお届け物を頼まれる。お客さんの注文は、“夕方までに甥の誕生日プレゼントを届けて欲しい”というもので、プレゼントは、鳥かごに入ったジジそっくりのぬいぐるみだった。キキは地図を片手に初仕事を開始する。

空を飛んでいたキキは、突風に煽られてバランスを崩し、大事な荷物を落としてしまう。それを拾おうとして墜落した場所は、カラスの巣がある木の上だった。巣には卵があり、カラスの大群が騒ぎ出す。キキは大急ぎで鳥かごを持って飛び立つが、中のぬいぐるみがなくなっていた。カラスがいるので空からは森に近づけず、キキはジジにぬいぐるみの代役を頼み、時間稼ぎをしてもらうことにする。

ひとまずプレゼントを配達先へ届け、キキは森へ向かう。ぬいぐるみは、この森の小屋で絵を描いているウルスラが拾ってくれていたが、カラスに突かれ破れていた。ウルスラは、小屋の掃除と交換条件で、ぬいぐるみを修理してくれる。

日が落ちた頃。ぬいぐるみの修理が終わり、キキは配達先の家へ急ぐ。この家で暮らす老犬のおかげで、ジジとぬいぐるみを入れ替えることにも成功し、キキはなんとか初仕事を終える。おソノさんの夫は、キキの宅急便のパンを焼いてくれていた。

魔女の宅急便のあらすじ【転】

しばらくは暇な日が続いたが、久しぶりにお届け物のお客さんから注文の電話が入る。お客さんのお宅へ4時半に伺う約束をした直後、トンボが店を訪れ、今夜6時からのパーティーに招待してくれる。キキが返事をためらっていると、重い荷物を届けて欲しいというお客さんがやってくる。おソノさんにも背中を押され、キキはパーティーへ行くつもりで、急いで配達へ出かける。

先に重い荷物を届け、4時半に呼ばれたお屋敷へ行く。そこには上品な老婦人とバーサという使用人の老婆が暮らしていた。老婦人は、温かいパイ料理を孫のパーティーに届けてもらうつもりだったが、電気オーブンが故障してパイはまだ焼けていなかった。謝礼だけ払おうとする老婦人に、キキは薪のオーブンを使ってみようと提案する。

キキが手際よく手伝い、パイは5時40分に焼きあがる。キキは、これなら6時の約束に間に合うと思っていたが、時計が10分遅れていると知り、急いで出発する。

配達の途中で豪雨となり、キキはずぶ濡れでパイを届ける。しかし老婦人の孫は全く喜ばず、“私これ嫌いなのよね”と迷惑そうな顔をする。トンボはずっと店の前でキキを待っていた。キキは帰り道で、諦めて帰るトンボを見かけるが、声をかけない。年頃のキキは、こんな格好でパーティーになど行けないと傷ついていた。

キキはそのまま布団をかぶって寝てしまい、翌日熱を出す。おソノさんのおかげで熱は下がるが、キキの心は晴れなかった。おソノさんはそんなキキに近所への配達を頼む。近所なので、キキは歩いて出かける。

荷物の受取人はトンボだった。おソノさんが気を利かせてくれたのだ。キキは素直にパーティーの件を謝る。トンボは人力飛行機の機関部を見せてくれ、これに乗って海岸に不時着した飛行船を見に行こうと誘ってくれる。

トンボの作った機関部とは、プロペラ付きの自転車だった。2人はその自転車で海沿いの道を走り、途中で道の下に転落してしまう。自転車はめちゃくちゃになってしまうが、キキは大声で笑い出す。トンボも笑い出し、2人はすっかり仲良くなる。

ところが、トンボの遊び仲間が現れ、キキは再びすねてしまう。おしゃれをした同じ年頃の女の子たちを見ると、キキは卑屈になってしまうのだ。

魔女の宅急便のあらすじ【結】

キキは自分に自信を失くす。それによって魔法の力も弱くなり、ジジの言葉がわからなくなる。さらに困ったことに、キキは飛べなくなっていた。

飛ぶことしか特技のないキキは、心底落ち込む。トンボはキキのことを気にして電話をくれるが、キキは一方的に電話を切ってしまう。

そんなある日、ウルスラが買い出しのついでにキキのところへ寄ってくれる。キキの話を聞き、ウルスラはキキを小屋に誘う。おソノさんの許可をもらい、キキはウルスラの小屋へ泊りに行く。

初めてウルスラの絵を見たキキは、その素晴らしさに感動する。ウルスラは、今のキキと似た経験をしたことがあり、キキの苦しみを理解してくれる。ウルスラと話すうちにキキの気持ちも落ち着き、元気が出てくる。

“また来て欲しい”という老婦人の伝言を聞いたキキは、帰る前に老婦人の家へ寄る。老婦人はキキのためにケーキを焼いてくれていた。キキは胸がいっぱいになる。バーサは、テレビ中継されている飛行船の出航に夢中だった。

ガスの詰まった飛行船はロープにつながれ、ゆっくりと飛び立つ予定だった。しかし突風でロープが切れてしまい、飛行船は逆さまになる。地上の人間は残りのロープを必死で引っ張るが、飛行船は操縦不能のまま上空へ浮き上がる。ロープを引っ張っていたトンボも一緒に宙吊りとなり、町中が大騒ぎになる。

テレビでトンボのピンチを知ったキキは、急いで町へ向かう。途中で掃除夫のおじさんにデッキブラシを貸してもらい、必死で“飛べ”と念じる。キキは魔力を取り戻し、デッキブラシは空高く飛び立つ。飛行船は町の中央のシティタワーに近づいていた。

キキは空からトンボの救出へ向かう。飛行船はタワーにぶつかり、急速にガスが抜けて倒れてしまう。トンボは何とかロープにしがみついていた。キキはトンボを助けようと必死で手を伸ばすが、力尽きたトンボはロープから手を離してしまう。キキは急降下して間一髪でトンボの手を掴み、2人は用意されたマットの上にゆっくり着陸する。固唾をのんで見守っていた群衆も、テレビの前の視聴者も、この救出劇に大喝采を送る。そしてキキは、町の人気者となり、仕事も軌道に乗って、友達もたくさんできる。

後日、キキは両親へ手紙を書く。その手紙には“落ち込むこともあるけれど、私、この町が好きです”と書かれていた。

Amazon 映画『魔女の宅急便』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    本作のメッセージは、労働からは絶対に逃げられないし、大人になることは絶対に避けられないということです。
    いくら魔法使いでも、ファンタジー映画の世界でも、キキは労働を強いられます。労働を通して様々な体験をし、彼女は魔法の力を失い、相棒の黒猫・ジジと会話できなくなってしまいました。これはつまり、キキは大人にならなくてはいけないというメッセージでしょう。
    森で出会ったウルスラという絵描きの女性の家に泊まったことで大人の精神を学び、彼女は親友の命を救って無事大人になることができたけど、もう子どもには戻れないんだ、というストーリーでした。ジジとは最後まで会話できませんでしたよね。
    キキとジジの関係についてもうひとつ考えられるのは、キキよりも先にジジは「恋愛」を経験したことで大人になり、会話ができなくなったという考え方ができますね。キキも恋をしておお仕事を成し遂げることができたわけで、結局言いたかったのは「労働と恋愛こそ人生だ」ということかもしれません。

  2. 匿名 より:

    ジブリ映画では初めて「子どもが大人になる」ことをテーマにした映画で、とても見応えがあります。松任谷由実のオープニング曲とエンディング曲がまた良い!なんとも言えない爽やかさがあります。どっちの曲が好き?なんていうのも、話のネタの一つになりますよね。
    いまだにファンが多く、ジブリ映画の中でも特に人気の高い映画なので、殆どの人は見たことがあるのではないか?と思いますが、キキの声優がコナンの声優と同じなので、アニメを見ることに慣れていない子どもは混乱するかもしれませんね。それもまた面白いんですが(笑)
    アニメファンじゃなくても絶対に見逃せない傑作映画でした。

  3. 匿名 より:

    作品誕生のきっかけや雑学を3つほど。

    ①有名な話ですが、本作はヤマト運輸とのタイアップ映画で、『宅急便』をテーマにした映画を作ることが予め決められていたんです。
    ②映画の舞台となった街にはモデルがあります。スウェーデン・ストックホルムの町並みと、ゴットランドという島です。前者はキキが修行する街、後者はキキの生まれ故郷です。
    ③キキとウルスラは同じ声優が演じています。コナンの声優として有名な高山みなみさんです。元々はウルスラだけを演じる予定だったそうです。