映画『マンダレイ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「マンダレイ」のネタバレあらすじ結末

マンダレイの概要:『ダンサー・イン・ザ・ダーク』などのラース・フォン・トリアーによる、前作『ドッグヴィル』の続編。未だ黒人奴隷制度の敷かれている辺境の町での人間模様が描かれる。新たに主人公グレースを演じるのは『ヴィレッジ』のブライス・ダラス・ハワード。

マンダレイの作品概要

マンダレイ

公開日:2005年
上映時間:139分
ジャンル:サスペンス
監督:ラース・フォン・トリアー
キャスト:ブライス・ダラス・ハワード、イザック・ド・バンコレ、ダニー・グローヴァー、ウィレム・デフォー etc

マンダレイの登場人物(キャスト)

グレース(ブライス・ダラス・ハワード)
心優しい女性。冷徹なギャング団のボスを父に持ち、その反動から自らは人のために尽くす精神を持ち続けている。
ティモシー(イザック・ド・バンコレ)
マンダレイに住む黒人。多勢に飲み込まれる周囲とは違い、抑圧された中でも自分の信念を捨てずにいる。
ウィレルム(ダニー・グローヴァー)
マンダレイの祖に仕える黒人紳士。ただ一人グレースの存在を温かく迎える。
グレースの父(ウィレム・デフォー)
ギャング団のボス。差別主義者で荒くれ者。グレースからは軽蔑されている。

マンダレイのネタバレあらすじ

映画『マンダレイ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

マンダレイのあらすじ【起】

グレースの父が束ねるギャング団は次第にその勢力を失っていき、新興のギャング団に領地を奪われてしまった。グレースとギャング団は新しい領地を求め、辺境の町マンダレイに辿り着く。

グレースのもとに一人の黒人女性が助けを求めやってくる。聞けば彼女の夫が無実の罪で罰せられ、ムチ打ちの刑に処されるという。信じられないことに、この町では黒人解放から80年以上が経った現在も、未だ黒人奴隷制度が残っていた。

彼らのことを放ってはおけず、父のもとを離れるグレース。見かねた父は、ギャング団から数人の部下を引き抜き、グレースの世話役に就かせた。そして自らは新しい領地を求め、再び去って行った。

マンダレイは「ママ」と呼ばれる白人の老婦によって独裁政治が行われていた。しかしそんな彼女も老齢から体調を崩し、余命わずかとなっていた。

「ママ」に向かい正義を語るグレース。「ママ」はマンダレイでのルールを記したノートをグレースに託し、そのまま息を引き取った。

マンダレイのあらすじ【承】

「ママ」に代わり、新しくマンダレイを取り仕切ることにしたグレース。彼女は早速黒人たちに、自由に食べ、自由に眠ることを推奨する。しかし長年「ママ」の決めたルールに従って生きてきた彼らは、突然に与えられた自由に戸惑ってしまう。彼らはルール無しには生きられなくなってしまっていた。

そこでグレースは新たなルールとして、収穫期に向け野ざらしになっていた畑を全員で再興させることを思いつく。

「ママ」の書き残したノートを読むグレース。「ママ」は黒人たちを、身分ごとに7つの番号で呼び分けていた。最も身分の高い1番の黒人はただ一人、ティモシーだけだった。ティモシーをリーダーに据えようと近づくグレースだったが、ティモシーはグレースを邪険に扱う。

ある日、グレースは彼らに授業を施すことを決める。彼らに多数決を教えるグレース。これまで「ママ」の独断によって物事が行われていたが、自分たちで物事を動かせる感動に、少しずつ村人たちは結束し始める。それと共に、新しい指導者として徐々にグレースも認められていく。

マンダレイのあらすじ【転】

収穫期に向け食料を節約し始めた村人たち。そんなある日、幼い黒人の少女クレアが病床に伏す。毎日しっかりと食事もしていた彼女だったが、やがて息を引き取ってしまう。

一方のグレースは閉じられた狭いコミュニティに属するうち、黒人たちに性的な魅力を感じ始める。特に彼女が一際惹かれたのが、気高さを兼ね備えているティモシーだった。グレースはティモシーへの欲求を募らせていく。

ある日、村の喧騒にグレースが目を覚ますと、クレアの父がウィルマという老婆を罵倒している姿が見える。慌てて現場へと急ぐグレース。

実はウィルマは、クレアに与えられるはずだった食料を、陰で盗んでいたのだった。食べ物の無いクレアは徐々に衰弱し、命を落としてしまった。クレアの父は、ウィルマは裁かれるべきだと主張する。彼らに民主主義を教えたグレースは、気は進まなかったがウィルマを裁くべきか否か多数決を採る。

多数決の結果、ウィルマを罰として死刑にすべきだという意見が勝ってしまう。ウィルマを殺そうと息巻くクレアの父をなだめ「死刑は復讐であってはいけないから、私がウィルマを殺す」と発言する。

グレースはウィルマの家を訪ね、彼女を寝かしつけると、彼女の頭に銃弾を放った。グレースはそのままいつまでも泣き続けた。

マンダレイのあらすじ【結】

収穫期。彼らの育てた綿花が出荷され、その売上金が届く。喜びに沸く村人たち。

ある日ティモシーに呼び出され、体を求められたグレース。待ちに待った瞬間のはずだったが、妙に儀式めいたその行為にグレースは失望する。

その時、外で無数の悲鳴が上がった。グレースの付き人のギャングたちが、売上金を奪おうと暴動を起こしたのだった。暴動によって金は奪われ、村人が数人死亡する。

さらにこの暴動はギャングとティモシーが企てたものであることが判明する。グレースはティモシーをムチ打ちの刑に処した。今日を境に、グレースはマンダレイを去るつもりだった。

グレースを迎えに来た父だったが、遠くでムチを放つ娘の姿を見、娘が自分の血を継ぎ権力を行使していると勘違いし、そのまま帰ってしまう。

マンダレイを去ろうとするグレースだったが、新しい規律によって均衡が保たれつつある村の住人たちは、グレースを新たな「ママ」として永久にこの村に縛りつける気でいた。恐れをなし逃げ出すグレース。松明を手に後を追う村人たちの姿は、かつてグレースの父が彼らを揶揄した奴隷たちの姿そのものだった。

Amazon 映画『マンダレイ』の商品を見てみる