映画『ミニオンズ』あらすじネタバレ結末と感想

ミニオンズの概要:『ミニオンズ』は、2015年に公開された「怪盗グルー」シリーズのスピンオフ映画。シリーズを追うごとに重要なキャラクターになっていったが、今回初めてミニオン達がメインとなった。

ミニオンズ あらすじネタバレ

ミニオンズ
映画『ミニオンズ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ミニオンズ あらすじ【起・承】

ミニオンは、黄色い謎の生き物。好物はバナナで、人には理解できない言語を話す。有史以前、人類が誕生する前から存在し、最強の悪党をボスとして、ボスに仕えることを生き甲斐にしている。
ティラノサウルス、原始人、古代エジプト王朝のファラオ、中世ヨーロッパのドラキュラ、皇帝ナポレオンなど、数々の悪党に仕えてきたが、その多くがおっちょこちょいでドジなミニオンたちの行動によって命を落とした。
仕える主人を失ったミニオン達は、雪と氷に包まれた洞窟を住処として自分たちだけで生活を始めるが、ボスがいない暮らしは退屈でつまらないものだった。

ミニオンの一人ケビンは、ボス探しの旅に出ることを決意する。スチュワートとボブという二人の仲間と共に旅立ち、長い旅の末ニューヨークへたどり着く。
暫く人間世界から離れていたミニオンにとって、1968年のニューヨークは目新しいものばかり。なかなか新しいボスを見つけられずにいたが、偶然観ていたテレビ番組で知った「大悪党大会」に行ってボスを見つけることにする。

フロリダ州オーランドで開かれた「大悪党大会」で、最も輝いていた悪党スカーレット・オーバーキルと出会い、彼女の手下となる。

ミニオンズ あらすじ【転・結】

スカーレットはイギリス・ロンドンに三人を連れ帰ると、エリザベス女王の王冠を盗むことを命じる。スカーレットの夫で天才発明家のハーブは、三人にそれぞれ発明した道具を与える。
三人はスカーレットの命令通り女王の王冠を盗みに行くが、アクシデントの連続で、偶然ボブが伝説の剣エクスカリバーを引き抜いてしまい、国の法にのっとりボブが国王として即位することになってしまう。
これを知ったスカーレットは、三人が裏切ったと思い激怒する。
結果的に王冠を手に入れることはできたし、ミニオン達にボスを裏切る気は全くないので、法律を変えてスカーレットを国王にすることに。
スカーレットは幼いころからの夢を実現できると喜ぶが、裏切ったと思い込んでいるためミニオン達が許せず、地下牢に閉じ込める。

そのまま戴冠式に臨むが、逃げ出した三人がまた騒動を起こし、戴冠式はめちゃくちゃになってしまう。
スカーレットは怒り狂い、大勢の悪党を使い三人を捕らえようとする。
ケビンはなんとか逃げおおせたが、スチュワートとボブはスカーレットに捕らえられてしまっていた。
ケビンは二人の命を救うためにスカーレットの元へ急ぐ。
その頃、新しいボスができたとの知らせを受けた他のミニオン達も世界中をめぐりめぐってロンドンにたどり着いていた。
ケビンはハーブが発明した最終兵器を偶然使ってしまい、超巨大化。スカーレットに立ち向かい、二人を救い出すことに成功する。

その後、国王の座はエリザベス女王に返された。
ケビン達に褒美が与えられ、祝福に沸く広場でまたスカーレットに王冠が盗まれる。ところが、さらにそれを奪ったのはまだ少年のグルーだった。

ミニオンズ 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:91分
  • ジャンル:ファンタジー、コメディ、アドベンチャー
  • 監督:ピエール・コフィンカイル・バルダ
  • キャスト:サンドラ・ブロック、ジョン・ハム、マイケル・キートン、アリソン・ジャネイ etc

ミニオンズ 批評・レビュー

映画『ミニオンズ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

あのミニオンたちが主人公

『ミニオンズ』は、『怪盗グルーの月泥棒』や『怪盗グルーのミニオン危機一髪』に続くシリーズ三作目。今回は前作までのメインキャラクターはほぼ登場せず、ミニオンたちがメインのストーリー。
今まではマスコットポジションだったが、今回はミニオンの過去を描き、グルーと出会う経緯までがわかるようになっている。
前作までは正直、誰が誰やら見分けもつかなかったし、「ミニオンだなあ」くらいの認識で観ていたけと、今作でやっとキャラクター性が見えてきた。といっても、登場するミニオンの内メインキャラクターとなるのはケビン・スチュワート・ボブの3人だけ。
この3人のキャラクターのモチーフは、シリーズに登場していた三姉妹マーゴ・イディス・アグネスらしく、そのおかげかシリーズ前作までとは趣きが違うにもかかわらずすんなり映画の世界に入り込める。

なぜこれほどヒットしたのか

ミニオンは、黄色くてギョロ目でわけのわからない言葉を話す生き物。第一印象ではこれの何が可愛いんだろうかと疑問だったが、実際観てみると印象はガラッと変わる。
邪悪なボスに仕えることだけを生き甲斐にしている割にミニオンたちには悪者らしい要素が全くなく、主人を支えることだけを喜びにしている。おっちょこちょいばかりで、自分たちの行いが原因で主人を死なせてしまうことすらあり、とにかく憎めなくて可愛いのだ。
そんなミニオンたちが主人公になるというのだから、ヒットした理由もなんとなくわかる。主役を張るくせに言葉はいろんな言語が混ざっていたり謎の言語だったり理解できるところの方が少ないのだが、そんなことはストーリー上で一切関係なく楽しめるのがいい。

ミニオンズ 感想まとめ

今回登場したスカーレット・オーバーキルがグルーと違い本物の悪人だったので、前作までのハートフルな感じとはちょっと違っていて新鮮だった。
シリーズ三作目にして主役に抜擢されたミニオン。シリーズの中ではスピンオフという位置付けにもかかわらず、一番ヒットしている。それだけ人々を虜にしているということ。正直私自身ここまで夢中になるとは思わなかった。
怪盗グルーシリーズの続編も公開予定らしいので、それも楽しみだ。

Amazon 映画『ミニオンズ』の商品を見てみる