映画『ミザリー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ミザリー」のネタバレあらすじ結末

ミザリーの概要:スティーヴン・キングの小説を原作とした、サスペンスホラー映画。吹雪の中で事故を起こした有名作家を助けた自称ナンバーワンのファンの女性が、次第にその狂気をあらわにし、作家を監禁してしまう。

ミザリーの作品概要

ミザリー

公開日:1990年
上映時間:108分
ジャンル:サスペンス、ホラー、ミステリー
監督:ロブ・ライナー
キャスト:ジェームズ・カーン、キャシー・ベイツ、ローレン・バコール、リチャード・ファーンズワース etc

ミザリーの登場人物(キャスト)

アニー・ウィルクス(キャシー・ベイツ)
ポールの“一番のファン”。ストーキング行為の結果、ポールを事故から救うことになるが、「ミザリー」最新作を読んでポールを監禁。「ミザリー」を生き返らせる事を強要する。かんしゃくを起こしやすく、カッとなると何をするかわからない凶暴な女性。看護婦だったが、患者を殺していたことが発覚し、逮捕された経歴を持つ。夫とは離婚しているらしい。ミザリーと名づけた豚を飼っている。
ポール・シェルダン(ジェームス・カーン)
「ミザリー」シリーズが大ヒットした気作家。「ミザリー」シリーズは8作品世に出しているが、ミザリーだけで終わりたくないという考えを持っていて、新作執筆のためにコロラドのロッジに篭る。作品が完成した際には、タバコ1本、火をつけるためのマッチ1本、シャンパンを必ず用意して楽しむ。げんを担ぐことが多く、作品のコピーは絶対に取らないなどのこだわりを持つ。娘が1人いる。

ミザリーのネタバレあらすじ

映画『ミザリー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ミザリーのあらすじ【起】

作家のポール・シェルダンは、コロラドの別荘で新作を書き上げ、雪道を車で走っていた。
そして、スリップ事故を起こしてしまった。

“一番のファン”を名乗るアニーの家で目覚めたポール。
電話が通じず、雪で道路も通行止めだったが、看護婦のアニーはかいがいしく看病をする。
“一番のファン”アニーは、ポールが事故を起こした時に尾行していた、と平然と言う。
アニーを信頼したポールは、新作の原稿を読みたいというアニーの願いを聞き入れる。

その頃、NYにいるポールのエージェントは、連絡が途絶えたポールを心配していた。
シルバークリークの保安官に連絡し、ポールの捜索を頼む。
しかし、何も見つけられなかった。

町に出て「ミザリー」の新作を買い、興奮して戻ってきたアニー。
道路は町までしか通じていなく、家の電話は使えないが、エージェントや病院に連絡しておいたという。

その後、「ミザリー」を読み終えたアニーは、出産でミザリーが死ぬという結末に激怒する。
そして、連絡したのは嘘だと言って家から出て行った。

ミザリーのあらすじ【承】

翌日、戻ってきたアニーは、ポールに新作の原稿を燃やすことを強要。
“一番のファン”には、コピーがあるという嘘も通用しない。

ポールは念のために、アニーが2錠渡してくる鎮痛剤の1錠を、隠して溜め込むようにした。

車椅子を用意し、タイプライターと紙を買ってきたアニー。
ミザリーを生き返らせろと、強く要求する。
高級な紙はインクがにじむと説明すると、再び激昂して、アニーは新しい紙を買いに出かけた。

アニーが落としたヘアピンで、部屋の鍵を開けて脱出を試みるポール。
両足を骨折しているポールはまともに動けないため、電話で助けを呼ぼうとするが、電話線すらつながっていない。
鎮痛剤を少し盗み、急いで部屋に戻った。

アニーの帰宅直前に部屋に戻り、痛みのせいでのた打ち回っていたから鎮痛剤が欲しいと訴えるポール。
そして、どうにかその場をしのいだ。

一方、FBIも加わってのポールの捜索は、ポールの車が雪の中から見つかったことで終了。
ポールの死体は雪の下に埋まっていると誰もが思ったが、車のドアの傷を見た保安官は、ポールの生存を確信していた。

ミザリーのあらすじ【転】

書いた小説は、ことごとくアニーが却下していく。
しかし、ようやくアニーが納得できる「ミザリー」が動き始める。

主人公ミザリーが高貴な血筋だったという設定に、アニーは大興奮。
しかもポールから、一緒にミザリーの生還を祝うという提案をされて有頂天になる。
ポールは、溜めていた鎮痛剤の粉をアニーのワインに入れ、脱出の計画を立てていた。
ロウソクを灯して本式の乾杯をしようと提案し、薬を入れるが、アニーはワインをこぼしてしまった。

脱出のタイミングを計りながら、ポールの執筆は続く。

ある雨の夜、アニーは憂鬱になっていた。
足の怪我は治りかけていて、小説も完成間近だと知るアニーは、ポールがいなくなるのを恐れていた。
その夜、アニーは外出した。

家の中を探っていたポールは、アニーのアルバムを発見。
アニーの周りには死が多すぎて、殺人看護婦として逮捕された事もあった。
ナイフを盗んだポールは、殺される前に殺す決意を固めた。
しかし真夜中、ポールはアニーに注射を打たれて気を失う。
動いていた置物の位置で、ポールが部屋から出ていたことがばれたのだ。

ミザリーのあらすじ【結】

アニーは、ポールを逃がしたくないという考えから、ポールの両足をひどく痛めつけた。
町でアニーを見かけた保安官は、アニーの過去を調べ上げた。
そして「ミザリー」のファンだという事に気付く。

聞き込みをすると、アニーがタイプ用紙を買っていた事がわかり、アニーの家に向かう。
危険を察したアニーは、ポールを薬で朦朧とさせて地下に隠した。

何食わぬ顔で保安官を迎え入れ、自分がポールの跡を継ぐために小説を書いていると話す。
手がかりを入手できなかった保安官は、アニーの家を後にした。
直後、目を覚ましたポールは助けを求める。
しかしアニーは戻ってきた保安官を殺し、ポールと2人で死ぬことを強要する。

ポールは、ミザリーを書き上げてからだと説得。

アニーにタバコ、マッチ、シャンパンを用意させ、ミザリーを書き上げたと告げる。
アニーの分のグラスを用意させているうちに、準備を整えた。
そしてアニーの目の前で、原稿を燃やした。
ポールとアニーは乱闘になるが、アニーの狂気よりも、ポールの生きる気持ちが勝利した。

1年半後、ポールの新作は大ヒットした。
しかし、アニーの幻影に悩まされ続けていた。

Amazon 映画『ミザリー』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    スティーヴン・キングの小説が原作で、小説家が主人公の映画は「シャイニング」「シークレット・ウィンドウ」などと数多くありますが、これは実際にありそうな内容のストーリー展開のものです。
    実際にスティーヴン・キングが体験した出来事が基になっている、という説もあります。

    本作「ミザリー」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したキャシー・ベイツの出世作でもあり、名作と言われることも多い映画です。
    何度見てもハラハラドキドキして、アニーの家から脱出してからも悪夢が続くという、ちょっとした後味の悪さもあります。
    「ストーカー」という言葉が一般的な時代ではないからこその、ナンバーワンのファンの恐ろしさが表現されています。

  2. 匿名 より:

    自称ナンバーワンのファンで、ストーキング行為もしているアニーですが、ポールを騙して閉じ込めてしまいます。
    そして頭に血が上りやすく、すぐ暴力に訴えます。

    この作品のもうひとつの面白さが、豹変するアニーを演じたキャシー・ベイツの演技力です。
    当時はまだ無名に近かったキャシー・ベイツですが、有名俳優のジェームズ・カーンと並ぶ演技力を発揮しています。

    顔から表情が消えて、次のシーンでは重そうなタイプライター専用用紙をたたきつけたり。
    一見するとアニーはヒステリックな女性なのですが、スイッチが入ったときの表情の変化が恐ろしいです。
    アニーの暴力で意識を失って、次に目覚めたポールの目の前では満面の笑みを浮かべている事が多いですが、その笑顔が恐ろしく思えるという演技力、映し方も飛びぬけている映画です。

  3. まきまき より:

    いまだに有名な「ミザリー」
    仰る通り、まさに手に汗握るハラハラ感…本当に怖いです。
    登場人物の名前=タイトルでこれほど有名な作品もないのでは…。
    ハンニバルも有名ですが、普段あまり洋画に興味を示さないようなアニオタ・漫画オタ勢の間でもミザリーは有名なのが凄い。
    しかも古い映画だというのに。
    心理的にオタクと通じるものでもあるのでしょうかね。

  4. 匿名 より:

    映画公開当時はあまり知られていなかった「ストーカー」に監禁される恐怖を、見事に表現している作品です。

    ナンバーワンのファンを語るアニーが「何度もロッジを覗きに行ったのよ」、「実は尾行してたの」と告白する時点で、ストーカーという言葉が知られている現代なら通報されてもいいようなもの。
    全く気が付かずに、暢気にお礼を言うポールの鈍感さにはどうしたものかと思う部分があります。
    バスター保安官の危機感の無さにも「早く気が付いて」とハラハラさせられます。

    後半でポールがコツコツ溜め込んだ薬をアニーのワイングラスに仕込んだ後、そのグラスが倒れるシーンでの、ポールを演じたジェームズ・カーンの表情が絶妙です。表情だけで全てを物語っています。
    家の中を勝手に移動するときもどこにアニーの罠があるかわからない緊張感、いつアニーが帰ってくるかわからない緊迫感が伝わり、見終わるまで緊張する、手に汗握る展開の映画です。