『ミザリー』あらすじとネタバレ映画批評・評価

ミザリーの概要:スタンド・バイ・ミーを手がけたロブ・ライナー監督の1990年の作品。ジェームズ・カーン、キャシー・ベイツのW主演で、スティーヴン・キングの小説「ミザリー」が原作。

ミザリー

ミザリー あらすじ

映画『ミザリー』のあらすじを紹介します。

ミザリーシリーズが大ヒットした人気作家のポール・シェルダンは、別荘で新作の小説を書き上げて町へ帰る途中で事故を起こしてしまう。
雪の中で命を落としかけていた彼を助けたのは、アニーという女性だった。
ポールの一番のファンだという彼女は看護師をしていて、雪で通行止めになっている道が開通するまで怪我で動けないポールの面倒を見ると言う。
電話も通じないと聞き、アニーの世話になる事にするポール。

だが、ミザリーシリーズの新作を読んだアニーは、主人公ミザリーが死ぬという展開に激怒する。
彼女は恐ろしいファンだった。

タイプライターを買ってきて、ミザリーを生き返らせる小説を書けとポールを脅す。
怒ると見境無く暴力を振るうアニーに対し命の危険を感じたポールは、素直に従うふりをして、逃げる機会をうかがう。
やがて、アニーが患者を殺害した罪で逮捕された経歴を持っていて、他にもアニーに関わった人間が不審な死を遂げている事がわかる。
そして、捜索依頼を受けてポールを探しに来た地元の保安官も、アニーに殺害されてしまう。

ミザリーが生き返る小説を書き上げた時、隙を見せたアニーと死闘を繰り広げ、命からがら逃げる事に成功したポールだった。
それから1年半後、アニーは亡くなり小説家としても新しい一歩を歩みだしたポールだったが、アニーの幻影からは逃げ切れずにいた。

ミザリー 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1991年
  • 上映時間:108分
  • ジャンル:サスペンス、ミステリー
  • 監督:ロブ・ライナー
  • キャスト:ジェームズ・カーン、キャシー・ベイツ、リチャード・ファーンズワース、フランセス・スターンヘイゲン、ローレン・バコール etc…

ミザリー 批評 ※ネタバレ

映画『ミザリー』について、2つ批評します。※ネタバレあり

手に汗握るストーカーからの脱出ストーリー

映画公開当時はあまり知られていなかった「ストーカー」に監禁される恐怖を、見事に表現している作品です。

ナンバーワンのファンを語るアニーが「何度もロッジを覗きに行ったのよ」、「実は尾行してたの」と告白する時点で、ストーカーという言葉が知られている現代なら通報されてもいいようなもの。
全く気が付かずに、暢気にお礼を言うポールの鈍感さにはどうしたものかと思う部分があります。
バスター保安官の危機感の無さにも「早く気が付いて」とハラハラさせられます。

後半でポールがコツコツ溜め込んだ薬をアニーのワイングラスに仕込んだ後、そのグラスが倒れるシーンでの、ポールを演じたジェームズ・カーンの表情が絶妙です。表情だけで全てを物語っています。
家の中を勝手に移動するときもどこにアニーの罠があるかわからない緊張感、いつアニーが帰ってくるかわからない緊迫感が伝わり、見終わるまで緊張する、手に汗握る展開の映画です。

キャシー・ベイツの名演技

自称ナンバーワンのファンで、ストーキング行為もしているアニーですが、ポールを騙して閉じ込めてしまいます。
そして頭に血が上りやすく、すぐ暴力に訴えます。

この作品のもうひとつの面白さが、豹変するアニーを演じたキャシー・ベイツの演技力です。
当時はまだ無名に近かったキャシー・ベイツですが、有名俳優のジェームズ・カーンと並ぶ演技力を発揮しています。

顔から表情が消えて、次のシーンでは重そうなタイプライター専用用紙をたたきつけたり。
一見するとアニーはヒステリックな女性なのですが、スイッチが入ったときの表情の変化が恐ろしいです。
アニーの暴力で意識を失って、次に目覚めたポールの目の前では満面の笑みを浮かべている事が多いですが、その笑顔が恐ろしく思えるという演技力、映し方も飛びぬけている映画です。

まとめ

スティーヴン・キングの小説が原作で、小説家が主人公の映画は「シャイニング」「シークレット・ウィンドウ」などと数多くありますが、これは実際にありそうな内容のストーリー展開のものです。
実際にスティーヴン・キングが体験した出来事が基になっている、という説もあります。

本作「ミザリー」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したキャシー・ベイツの出世作でもあり、名作と言われることも多い映画です。
何度見てもハラハラドキドキして、アニーの家から脱出してからも悪夢が続くという、ちょっとした後味の悪さもあります。
「ストーカー」という言葉が一般的な時代ではないからこその、ナンバーワンのファンの恐ろしさが表現されています。

Amazon 映画『ミザリー』の商品を見てみる