映画『ミッション:インポッシブル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ミッション:インポッシブル」のネタバレあらすじ結末

ミッション:インポッシブルの概要:CIAの中でも特殊な任務を遂行するIMF所属の凄腕スパイ“イーサン・ハント”は、裏切り者の汚名を晴らすため、自ら本当の裏切り者を暴き出す。トム・クルーズが製作と主演を務めた娯楽性の高いスパイ・アクション。興行的に成功し、シリーズ化された。

ミッション:インポッシブルの作品概要

ミッション:インポッシブル

公開日:1996年
上映時間:110分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:ブライアン・デ・パルマ
キャスト:トム・クルーズ、ジョン・ヴォイト、エマニュエル・ベアール、ヘンリー・ツェーニー etc

ミッション:インポッシブルの登場人物(キャスト)

イーサン・ハント(トム・クルーズ)
IMF(CIAの特殊作戦部)の秘密工作員。変装が得意で、あらゆる人物に変装できる。生え抜きの工作員が集まるチームのリーダーで、頭も切れるし、身体能力も高い。
ジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)
IMFのリーダーで、現場で動くイーサンたちに指示を与える。
クレア・フェルプス(エマニュエル・べアール)
ジムの妻で同じくIMFの工作員。
フランツ・クリーガー(ジャン・レノ)
CIAを解雇された元工作員。屈強な肉体を持ち、力仕事やヘリの操作を得意とする。
ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)
CIAを解雇された天才ハッカー。コンピューターの魔術師と呼ばれ、NATOのシステムを破ったこともある。
マックス(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)
東欧に潜入するCIAの情報員リスト(通称NOC)を盗もうとしているチェコの武器商人。見た目は普通のおばさんだが、裏の世界の大物。
ユージーン・キトリッジ(ヘンリー・ツェニー)
CIAの上官。組織内の裏切り者を暴こうとしている。

ミッション:インポッシブルのネタバレあらすじ

映画『ミッション:インポッシブル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ミッション:インポッシブルのあらすじ【起】

IMFに所属するジムは、移動中の機内でCIAのキトリッジから指令を受ける。プラハの米国大使館員のゴリツィンが、東欧に派遣されているCIAの情報員リスト「NOC」の暗号名の部分を盗み、さらに明晩のパーティーで本名の部分を盗むつもりにしており、ジムたちは証拠を掴んでゴリツィンを尾行し、一味を一網打尽にするのが任務だった。

プラハへ入ったジムは、イーサン・ハントをチームリーダーとする5人の工作員に仕事の内容を説明する。イーサンたちは大使館でのパーティーに潜入し、それぞれの持ち場で仕事を始める。しかしハッカーのジャックと監視役のハンナが何者かに殺され、モニターで様子を見ていたジムは作戦の中止を決める。しかしイーサンは命令を無視して、サラにゴリツィンを尾行させる。

ジムは敵がこちらの無線を全て傍受していることに気づき、外へ出てイーサンを止めようとする。しかしそのジムも銃で撃たれて川へ転落し、サラとNOCを盗んだゴリツィンまでも、無残に殺されていた。クレアが乗った車が大破したのを見たイーサンは、必死で逃げて公衆電話からキトリッジに連絡する。キトリッジはなぜかプラハにいて、1時間後に会おうと場所を指定してくる。

ミッション:インポッシブルのあらすじ【承】

イーサンは、現場にIMFの別のチームがいたことに気づいており、それをキトリッジに話す。実は2年前からIMFの内部情報が外部に漏れており、今回の作戦の本当の目的は、組織内の裏切り者をあぶり出すことだった。裏切り者は武器商人のマックスという人物に買収されていることまで、CIAは掴んでいた。イーサンの銀行口座には身に覚えのない12万ドルもの大金が振り込まれており、キトリッジは完全にイーサンを疑っていた。それを察したイーサンは、ガム爆弾を使って店を爆破し、チームのアジトへ逃げ帰る。

イーサンは裏切り者の暗号名“ヨブ”を名乗り、マックス宛に“ブツは偽物、極めて危険、使用するな”というメールを送ってみる。その時、死んだと思っていたクレアがアジトに戻ってくる。クレアは命令通りに動いただけだと話す。

イーサンはクレアにも状況を説明し、自ら本当の裏切り者を探し出す作戦を考える。マックスからはヨブ宛に接触方法を指示するメールが届く。

翌日、イーサンは指示通りに行動し、マックスのもとへ連れて行かれる。イーサンはヨブが手に入れたディスクが囮捜査用の偽物で、ディスクをパソコンに入れると即座にCIAが乗り込んでくるはずだと説明する。最初は半信半疑だったマックスも、実際にディスクを入れてみて説明通りの状況になったことから、イーサンを信用する。

イーサンは全世界のNOCのリストと引き換えに、1000万ドルの報酬とヨブを呼び出すことを要求し、マックスはこの取引に応じる。

ミッション:インポッシブルのあらすじ【転】

イーサンはこの作戦を成功させるために、CIAを解雇された天才ハッカーのルーサーに協力を依頼する。クレアは同じく元工作員のクリーガーを連れてくる。

全世界のNOCのリストを手に入れるには、厳重に管理されたCIA本部内の金庫室へ侵入し、そこのコンピューターから情報を読み取るしかない。金庫室に入室できるのはダンローという技術者だけで、室内は高度な音声探知機、温度変化探知機、圧力変化探知機で守られている。それでもイーサンは勝算ありと考え、4人でCIA本部へ向かう。

ルーサーは屋外でモニターを見ながらに指示を出し、イーサンとクリーガーは、火事騒動を起こして本部内に侵入。天井裏から金庫室のエアコンダクトを外し、イーサンが宙づりになってコンピューターに近づく。クリーガーは、ロープに繋がれたイーサンを天井裏で支える。クレアは女性職員のふりをして本部内に入り、ダンローのコーヒーに気分が悪くなる薬を混入する。コーヒーを飲んだダンローは吐き気を催し、トイレから出られなくなる。

何度も危ない場面はあったが作戦は見事成功し、イーサンはNOCのリストを手に入れ、ロンドンへ向かう。キトリッジは、この件を極秘事項として対策を立てる。

クリーガーを信用できないと見たイーサンは、ディスクをルーサーに預ける。キトリッジはイーサンの母親と叔父を偽の麻薬密売容疑で逮捕して、イーサンの連絡を待つ。

イーサンは公衆電話からキトリッジにアクセスし、自分がロンドンにいることをわざと知らせる。イーサンは、そこで思いがけない人物と再会する。それは死んだはずのジムだった。

ミッション:インポッシブルのあらすじ【結】

ジムは自力で川から這い上がり、イーサンを尾行していた。“裏切り者はキトリッジだ”というジムの話を聞き、イーサンは全てを悟る。裏切り者はジムで、クレアとクリーガーもグルだったのだ。しかしイーサンはそれを伏せ、明日のマックスとの取引は、パリ行きのTGVの車内で行われることを伝える。

翌日、イーサンはロンドン入りしたキトリッジにもTGVのチケットを送り、列車に乗り込む。ディスクを入手したマックスは、秘書にその情報を転送させる。しかし近くに座るルーサーが電波妨害装置を作動させており、なかなか転送できない。その間にイーサンはジムに変装して、金の入ったケースのある荷物室へ行き、クレアと遭遇する。やはりクレアも裏切り者だった。

姿を現したジムは、金を渡すようイーサンに迫る。冷戦終結後、スパイは過去の産物となり、ジムは将来を悲観して、組織を裏切った。ジムはイーサンをかばおうとしたクレアを撃ち殺し、金を奪って列車の屋根へ登る。頭上にはクリーガーの操縦するヘリが来ていた。イーサンも後を追い、ジムの逃亡を阻止する。列車とヘリはトンネルに入り、イーサンはガム爆弾でヘリを爆破。クリーガーとジムは死に、イーサンは間一髪で難を逃れる。車内のマックスはキトリッジに逮捕され、NOCの情報も守られた。

後日、イーサンの母親と叔父は解放され、ルーサーは復職できることになった。イーサンは組織には戻らないと告げて飛行機に乗る。しかしそこで添乗員から渡されたのは、次の指令に関するビデオだった。

Amazon 映画『ミッション:インポッシブル』の商品を見てみる

関連作品

次作 ミッション:インポッシブル2(M:I-2)

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    映画を観る時に、日本語吹き替えで観る人も居るかもしれない。
    トム・クルーズは『デイズ・オブ・サンダー』の時に、自分の声の日本語吹き替えの担当者に声優の鈴置洋孝氏を推薦している。彼の日本語吹き替えが聞ける『ミッション:インポッシブルシリーズ』のDVDは、この第一作と続篇だけである。

    シリーズものの途中で吹き替え担当が変わるという異例の事態ではあるが、昔のクルーズファンには鈴置氏の声の吹き替えのバージョンをお勧めしたい。

  2. 匿名 より:

    テレビシリーズも、最初は2時間の『パイロット版』という特番形式のものを作り、視聴者の反応を見てから、1クールで打ち切るか2クール放映するか決める。この映画もまたしかり。第一作目が不作であれば続篇が作られる度にパワーアップしていないだろう。
    しかも主演のトム・クルーズは、このシリーズの合間にも様々なジャンルの映画を製作し飛躍しているのだから、このシリーズは彼の俳優人生の礎になっていると言ってもいいと思う。

  3. 匿名 より:

    この作品は、トム・クルーズとポーラ・ワグナーのプロダクションが初めて世に送り出した作品である。トム・クルーズとしては初めて自分で製作にとりかかり監督を選びそして主演したというのだから、自分で『映画』という名前の操縦桿を握れる様になったといってもいい。
    それだけに、このシリーズの成功には、人一倍愛着はあるのだろう。

    そんな彼を応援するかの様に、脇役も豪華である。一瞬しか出てこないIMFのメンバーにエミリオ・エステベスが出てきたり、敵役にヴァネッサ・レッドグレイプが出演する所などもそうだろう。
    国際色、キャリア豊かなキャスティングも、この映画の魅力である。

  4. 匿名 より:

    イーサンが、ラングレーにあるCIA本部に潜入し、本物の諜報員リストを盗むシーンは、この映画の宣伝にも使われ見どころの1つになっている。後にこの映画の看板ともなっている『不可能を可能にするアクションシーンを劇中に挟んで観るものをハラハラさせる』作りはここから始まったといえるだろう。

    だが一作目のこの映画の見どころは、目を奪うアクションシーンや最新のガジェットを多々使用したり、壮大なロケ地で撮影する数々の続篇とは一線を画している。あくまで原作となる『スパイ大作戦』に敬意を払った作りになっているのが一作目である。地味ながら見ごたえのあるサスペンス仕立てのストーリー展開になっている。
    イーサンが、武器商人であるマックスとコンタクトを取りヨブの正体を暴き、真犯人を炙り出そうとするが、イーサンの無謀なやり方は組織の中で歪みを産む。

    司令官のキトリッジはイーサンの家族に無理矢理嫌疑をかけイーサンをおびき出そうとするが、それはイーサンには通じない。だがイーサンはその時に死んだはずのフェルプスが生きているのを知り、薄々彼が真犯人なのではないかと悟り作戦を変更し始める。
    ロンドン行きのTGVトレインで、イーサンはマックスにリストの入ったディスクを提供。マックスがリストをオンラインで送る事が判っていたイーサンはマックスのパソコンに妨害電波を送り彼女の陰謀を阻止する。

    その後クレアは金のあるTGVの荷物室に向かうとフェルプスの姿があった。クレアは夫の姿を目の当たりにし、真相を語ってしまう。
    しかしそれはフェルプスに変装したイーサンだった。
    IMFに失望したイーサンが汚名返上した後にとった行動は察しがつくかもしれない。
    一作目は、続篇に比べるとヒッチコックを思わせるミステリーサスペンス要素も強い作品になっているのが伺える。