映画『道』あらすじとネタバレ感想

道の概要:「道」(原題:La Strada)は、1954年のイタリア映画。監督はイタリア映画の巨匠として名を馳せ、「映像の魔術師」の異名を持つ、4度のアカデミー賞に輝いたフェデリコ・フェリーニ。主演は「西部の王者」、「革命児サパタ」などのオスカー俳優アンソニー・クイン。フェリーニ監督の妻であり、女優のジュリエッタ・マシーナ。音楽はフェリーニ監督の片腕とも言えるニーノ・ロータ。本作は1956年のアカデミー外国語映画賞を受賞。

道 あらすじ

道
映画『』のあらすじを紹介します。

オートバイで旅まわりをする旅芸人ザンパノ(アンソニー・クイン)は、アシスタントが急死したためその家族の許へ報告がてら、代わりのアシスタントを求めて訪れた。そこは貧しい家庭であり子沢山だったため、口減らしのため世間知らずで家から出たこともない妹のジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)がザンパノへ売り渡されるような形で引き渡された。ジェルソミーナは少々知恵遅れであり、年頃ながら社会に出た経験もなく、家族にとっては厄介者のような存在だった。ザンパノの芸は胸に巻き付けた鎖を筋肉で断ち切るという豪快な見せ物だったが、その剛胆さを絵に描いたような荒くれ者だった。彼はジェルソミーナを助手として街から街へと渡り芸を披露して行くも、殆どがバイクの後ろの荷台で寝食を共にする惨めな生活だった。ジェルソミーナは仕事の飲み込みが悪く、辛く当たるザンパノに愛想を尽かし逃げ出す事もしばしばだったが、行く宛も金もない彼女は結局彼の許に戻るしかなかった。ちょうどその頃、二人は小さな曲馬団に参加したが、その一団にいる若い綱渡りのイル・マット(リチャード・ベイスハート)が、事ある度にザンパノをからかい、彼が怒るのを見て手を叩いて喜ぶ始末。古い馴染みだという二人は会う度に諍いを起こしていた。しかしジェルソミーナは、イルが弾くヴァイオリンの哀しいメロディに惹かれ親しくなる。ある日、イルにからかわれたザンパノは街中まで彼を追いかけ、大暴れの末に警官に取り押さえられ留置所に入ってしまう。そんな中でイルはザンパノと共に生活をする彼女を不憫に思い、慰め励ましてくれた。ザンパノは釈放されたが曲馬団はクビになり、宛のない二人の旅芸人の日々が再び始まった。ある日、道中でザンパノとイルは偶然に鉢合わせになり、掴み合いになった末にザンパノの拳がイルを死に至らしめた。目撃者もなくザンパノは逃げるようにその場を去ったが、ジェルソミーナはショックで昼も夜も泣き通して食事も採らなくなり、うわごとのように「彼の様子が変よ」と呟くようになった。思い悩んだザンパノは、彼女が眠っている隙に一人その場を去ってしまう。数年が経って老けこんだザンパノは、立ち寄ったある町で、ジェルソミーナが好きだったイルのヴァイオリンのメロディを耳にする。それを口ずさんでいた女性に聞くと、数年前に町に流れ着いた後に病死した娘が、いつもこのメロディを聞かせていたと言う。その夜、酔ったザンパノは荒れまくって飲み屋を放り出された。そのまま夜の海岸に出た彼は、ジェルソミーナの死に砂を掴んで泣き崩れた。

道 評価

  • 点数:100点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1954年
  • 上映時間:115分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:フェデリコ・フェリーニ
  • キャスト:アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナ、リチャード・ベースハート、アルド・シルヴァーニ etc

道 ネタバレ批評

映画『道』について、感想批評です。※ネタバレあり

どこにも辿り着くことのない「道」

フェリーニ初期の作品ながら、特異な生活の中に生きる人間の人生を切り取った名作。戦後の不安定な状態の中で貧困に喘ぐ中、生きるために自分の体を切り売りするように見せ物をしながら生きる男。子沢山の家庭で厄介者扱いをされ、僅かな金で売られるようにして働きに出る娘。日本の時代劇によく出てくるような話ではあるが、敗戦国の底辺社会を如実に表しながらも、その中で自分の生き方に疑問も持つことすら許されず、唯々喰うために度を続けるジプシーのような生活。ザンパノのような男はどこにでもいるのだろうが、ジェルソミーナの存在が何とも哀しい。知恵遅れなのか、果たして金がないために学問を受けられず無学なのかよく解らない設定なのであるが、同じザンパノの下で働いていた姉が死に、口減らしと言って同じところに僅かな金で売られるという状況に胸が痛む。戦後の混迷の中で理不尽がまかり通っていた時代ながらのシナリオであるが、それがゆえに物語は胸に迫ってくる。「道」というものは目指す場所へ辿り着くべきプロセスだろうが、この物語の道の向こうには明日も見えず、目的地さえも解らない果てしなく続く迷い道でしかない。

取り戻す事のできない人生の悲劇

戦後の社会背景は描かれないが、戦争から解放されたにも拘わらず、明日の見えない社会で生きなければならない底辺の人間模様が浮き彫りにされる。人それぞれに内包する小さなドラマを抱えているものの、そこに人を殺してしまったという状況が介在すれば物語は大きく変わってしまう。荒くれ者のザンパノも人を殺したことによって気が変になってしまったジェルソミーナには抗えなかった。不必要とも思われるその展開が、ザンパノを単なる悪者に仕立てなかったという部分で、ラストシーンに深い感銘を与える要因になっているのであるが、やはりジェルソミーナの不幸を際立たせてしまう結果になり、どう転んでも哀しい結末にしかならない部分が皮肉である。失ってしまったものへの言い知れぬ無常観に溢れ、取り戻せない人生がレクイエムの様に紡がれる悲劇である。

道 感想まとめ

フェリーニ監督は映画のシナリオよりも、映像での心理描写を旨とする作風でいささか難解と思われがちであるが、映画でしか表現できないものを追究したそのインパクトたるや、どれほどの言葉を並べ立てたところで太刀打ちできるものではない。難解という言葉で片付けるのは簡単ではあるが、その難解さに触れるというのも映画のひとつの楽しみ方である。本作はしっかりとしたシナリオの悲劇として、万人にも理解出来る部分で評価は高くなっているが、描写力という点においても卓越しており、その悲劇性を一層高める効果的なフレーミングに独特の個性が際立っている。さらにアンソニー・クインとジュリエッタ・マシーナという存在がその悲劇性に拍車を掛けた大きな要因である。

Amazon 映画『道』の商品を見てみる