映画『もののけ姫』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『もののけ姫』のネタバレあらすじ結末

もののけ姫の概要:アシタカは人間でありながら山犬として生きる少女サンと出会い、森と人間の共存を模索し始める。シシ神の首をめぐる人間ともののけの戦いの中に宮崎駿監督が“生きろ”という強いメッセージを込めた名作。丹念に描かれた神秘的な森も素晴らしい。

もののけ姫の作品概要

もののけ姫

公開日:1997年
上映時間:135分
ジャンル:アニメ、ファンタジー
監督:宮崎駿
キャスト:松田洋治、石田ゆり子、田中裕子、小林薫 etc

もののけ姫の登場人物(キャスト)

アシタカ(松田洋治)
エミシ一族の若者。次の長になる予定だったが、村を襲おうとしたタタリ神に弓を引き、死を意味するタタリ神の呪いをもらってしまう。呪いの印として右腕に痣ができ、憎しみを感じるとその痣が疼く。ヤックルというアカシシを相棒にしている。
サン(石田ゆり子)
人間からはもののけ姫と呼ばれている。山犬のモロに育てられ、姿形は人間だが心は山犬。森を破壊した人間を憎んでいる。
エボシ御前(田中裕子)
神々が住む森を切り崩し、巨大なタタラ場を建設した。神や呪いを恐れず、鉄の武器を使って殺戮を繰り返す冷酷な女だが、不遇な境遇の女性や社会的弱者を労わる優しい一面も持つ。モロの宿敵。
ジコ坊(小林薫)
「唐傘連」のリーダーで、腹の読めない男。忍者のように身軽で、様々な知識を持つ。不老不死の力があるとされるシシ神の生首を狙っている。
モロの君(美輪明宏)
シシ神の森を守る300歳の犬神。自分の子供2頭とサンを同じように愛情深く育ててきた。
乙事主(森繁久弥)
鎮西の猪神。4本の牙を持つ大猪で、500年生きる長老格。高齢のため視力を失っている。人間と戦うため、一族を引き連れてシシ神の森へやってきた。
シシ神
昼は複数のツノを持つ鹿のような姿をしており、夜になると巨大なデイダラボッチとなる。生命を与えることも奪うこともできる山の神であり、シシ神の池にも再生の力がある。

もののけ姫のネタバレあらすじ

映画『もののけ姫』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

もののけ姫のあらすじ【起】

エミシの村。この村の勇者アシタカは山の異変を察し、相棒のヤックルに乗って山へ急ぐ。不吉な空気の正体は巨大なタタリ神で、タタリ神はまっすぐ村の方へ向かっていた。タタリ神に手を出すと呪いをもらうことはわかっていたが、アシタカは村を守るためにそのタタリ神を矢で倒す。

タタリ神に取り憑かれていたのは西の国の猪神で、その体からは鉄のつぶてが出てきた。アシタカの右腕にはタタリ神の呪いの痣ができており、その痣はやがてアシタカの命を奪う運命にある。アシタカは黙って死を待つよりも行動する道を選び、西へと旅立つ。村の掟で、呪われたアシタカは二度とこの地には戻れないことになっていた。

途中でジコ坊という唐傘連の男と知り合い、ずっと西の深い山には太古のままの巨大な姿をした獣たちが守るシシ神の森があるという話を聞く。アシタカはその地を目指す。

シシ神の森を守る犬神のモロ一族は、森を破壊してタタラ場を築くエボシの一行を襲う。巨大な山犬のモロとその子供が2頭、そしてモロに育てられた人間の娘サンの攻撃をエボシは石火矢で迎え撃つ。モロは石火矢で傷を負うが、そのまま駆け抜ける。

近くまで来ていたアシタカは先ほどの戦いで谷底へ落ちて怪我を負ったタタラ場の男を助け、シシ神の池にたどり着く。アシタカはそこでシシ神を見る。

怪我人を運んでくれたアシタカをエボシは丁重にもてなしてくれる。しかしあの鉄つぶてがエボシの石火矢だとわかり、アシタカは怒りを感じる。アシタカはここの人々がエボシに助けられ幸せに暮らしていることと、森を破壊することの矛盾に悩む。

もののけ姫のあらすじ【承】

その夜、タタラ場にサンが姿を現す。人々は山犬のようにどう猛なサンを“もののけ姫”と呼んで恐れていたが、アシタカはサンを救いたかった。アシタカはサンとエボシの戦いを止め、気絶したサンを担いでタタラ場を出て行く。しかし石火矢で腹を撃ち抜かれ、ひどい傷を負ってしまう。

人間を憎んでいるサンはアシタカを生かすべきか殺すべきか迷っていた。サンは瀕死のアシタカをシシ神の池へ運ぶ。シシ神には命を生かす力も奪う力もあった。シシ神はアシタカの傷を癒し、彼を生かした。サンはアシタカを助けると決め、献身的に介抱する。

人間に怒りを感じているのは猩々や猪の一族も同じだった。鎮西で暮らす巨大な猪神の乙事主も一族を引き連れ、海を渡ってシシ神の森へやってくる。

猪たちはシシ神の森に人間がいると怒り出し、シシ神がアシタカを助けたというサンの話を聞いて騒ぎ出す。そしてサンも敵視される。モロは“サンは私の娘だ”と言ってサンをかばう。乙事主はアシタカがタタリ神になった仲間にトドメを刺したという話を聞き、一族からタタリ神が出てしまったと嘆く。そして人間への憎しみを募らせる。

人間の戦も続いていた。豊富な鉄のできるエボシのタタラ場はあちこちから狙われており、エボシはそれに対抗する準備も進めていた。

もののけ姫のあらすじ【転】

ジコ坊はエボシに帝からシシ神殺しの許可が下りたと知らせにくる。ジコ坊は不老不死の力を持つというシシ神の生首を以前から狙っており、シシ神殺しを手伝う約束でエボシに石火矢衆を貸していた。エボシも後には引けず、計画は明朝決行されることになる。

アシタカは森と人間が共存することはできないものかと悩んでいた。モロはそんなアシタカに“お前にサンが救えるか”と厳しい言葉をぶつける。赤ん坊の時に生贄として森に差し出されたサンは、まさに森と人間の犠牲者だった。モロは夜明けとともにここを立ち去るようアシタカに忠告する。

朝。アシタカが目覚めるとモロやサンの姿はすでになかった。アシタカは安全な場所まで送ってくれたモロの子に、サンへのお守りを託す。

ジコ坊たちは嗅覚を麻痺させる煙を焚き、罠を仕掛けて猪一族をおびき寄せようとしていた。その様子を見たサンは、シシ神の森へ行くモロに別れを告げ、モロの子たちと目の見えない乙事主のもとへ向かう。

アシタカはタタラ場が鉄を狙う侍に襲われていることを知る。村の女たちは必死でタタラ場を守っていた。アシタカはこの窮状をエボシに知らせるため、シシ神の森へ向かう。

もののけ姫のあらすじ【結】

アシタカは途中で唐傘連の爆弾で殺された膨大な数の猪とタタラ場の男衆の死体を見る。そこには巨大な猪の下敷きになっているモロの子がいた。モロの子を助けようとするアシタカを唐傘連の奴らが攻撃してくるが、タタラ場の男たちはアシタカを助ける。アシタカはモロの子とサンのもとへ急ぐ。エボシもそこにいるはずだった。

サンはひどい怪我を負った乙事主をシシ神の池へ連れて行こうとしていた。しかし乙事主もタタリ神に取り憑かれてしまう。それを止めようとしたサンまでタタリ神の中に飲み込まれていく。

タタラ場の窮状を聞いてもエボシは戻らず、ジコ坊とともにシシ神を待つ。アシタカはタタリ神の中からサンを救おうとするが救えない。エボシを殺すために最後の力を残していたモロがサンを救い出し、そのまま力尽きる。そこへついにシシ神が姿を現す。シシ神は静かに乙事主の命を奪う。そして夜の訪れとともにデイダラボッチに姿を変えていく。エボシはその瞬間を狙ってシシ神の首を石火矢で吹き飛ばす。その直後、エボシはモロの首に右腕を食いちぎられる。デイダラボッチになったシシ神は首を探してドロドロを撒き散らしながら巨大化していき、触るものすべての命を奪っていく。森も人間もタタラ場も、みるみるうちに死んでいく。

アシタカはサンとともにシシ神の首を持って逃げたジコ坊を追いつめ、シシ神に首を返す。首を取り戻したデイダラボッチは朝の訪れとともに倒れ、強烈な爆風であらゆるものを吹き飛ばして消える。そして静かになった山々に緑が再生されていく。

アシタカはタタラ場で、サンは森で生きながら、双方が共存できる道を模索していくことを約束する。エボシは生き残った村人たちとこれから良い村を作っていこうと語り合う。

Amazon 映画『もののけ姫』の商品を見てみる

関連作品

参考 他のスタジオジブリ作品