映画『マイ・リトル・ブライド』あらすじとネタバレ感想

マイ・リトル・ブライドの概要:2004年公開の韓国作品。キム・レウォン演じるナンパ好きな美大生と韓国の国民的妹と有名なムン・グニョン演じる高校生が病気の祖父のいいつけで結婚生活を始めるというラブコメディ。

マイ・リトル・ブライド あらすじ

マイ・リトル・ブライド
映画『マイ・リトル・ブライド』のあらすじを紹介します。

ごく普通の高校生であるボウン(ムン・グニョン)。
美大に通24歳の大学生サンミン。
ボウンの祖父が病気で弱ってしまったため、2人は祖父の願いでもある結婚をすることになった。
しかしまだ16歳のボウンは彼氏もいたことがなく新婚生活もまともにできずにいる。
そんなボウンをどのように扱ってよいかわからないサンミン。

そんな時ボウンは高校で最もモテル野球少年と付き合うようになる。
しかしボウンの親友が彼を好きなことを知り、ギクシャクしてしまった。
本当は結婚しているのに遊びのようなものだからと、彼に伝えないボウン。
それは二股だと親友は怒ってしまったのだ。

しかし諦められないボウンは、そんな人間関係の狭間で悩んでしまう。
そのことに気がついたサンミンは、密かに妻ボウンの様子を探るように。
そして偶然にも教育実習でボウンの高校の美術担当になることになった。
そこで二人はお互いのことを少しずつ知るようになり、段々とお互いの存在を大事に思うようになる。

あるときひょんなことからボウンの担任に結婚の事実を知られてしまう2人。
この女性教師はサンミンに好意を寄せていたことからボウンをいじめるように。
来る学祭のステージの背景を1人で描くように言われてしまう。
しかしサンミンは気にしないふりをしながら影でこっそりと動く。
このことでサンミンがどれだけ自分を思っているかわかったボウンは学祭当日、野球青年の彼氏に別れを告げサンミンの元に走るのだった。

マイ・リトル・ブライド 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2004年
  • 上映時間:117分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:キム・ホジュン
  • キャスト:キム・レウォン、ムン・グニョン、パク・チヌ、キム・インムン etc

マイ・リトル・ブライド ネタバレ批評

映画『マイ・リトル・ブライド』について、感想批評です。※ネタバレあり

散りばめられた細かいエピソードが可愛らしくトキメク

ボウンの学校に教育実習生としてやってきたサンミンは顔も良く女性生徒から人気である。
そんな時お決まりの質問。
それは「先生の初恋は?」というもの。
サンミンは「初恋は自分が徴兵された時、唯一軍に面会に来てくれた女性である」と言うシーンがある。
この時ボウンはサンミンの大学の先輩で非常に美しい人がいることを思いだし、勘違いをしてしまう。
だがそれはラストに向かうシーンでボウン自身だと明らかにあるのだが、これがすごく良い。
ドラマとしてはありがちエピソードなのだが、こういう可愛らしい事実が少しずつ散りばめられているとその度に女子的にはトキメキがある。
また幼い時2人でブランコに乗っていたエピソードや、ボウンが怪我をするとサンミンが心配して大変だったという親が話すエピソードなどラストシーンに繋がる伏線がとても良いのだ。

絵が完成されている感動のラスト

1人で背景画を命令されるという教師からのイジメにあったボウン。
噂がたつと困るので手伝えないサンミンだったが、ボウンの様子が気になった親友の女の子を呼び出し何かを話す。
実際何を話したのかは明らかになっていないが、推測するに最後自分がこのように描くからこの通りの下書きをしてくれと頼んでいたのではないか?と想像できる。
そして親友が手伝ってくれて絵を描いていく2人。

ある日大学の先輩からボウンのことが心配で美大の友人と夜中に絵を仕上げに行っていると聞いた彼女は、夜中にペンキだらけの洗濯物をみつける。
そして帰ってきたサンミンと行き違いに学校へ向かう。
そこにはブランコに乗っている少女とそれを楽しそうに押している少年の姿が。

思わず泣けてしまうボウンだったがこれで自分の彼への愛情を確認。
学祭で悪意で結婚していることをばらされたボウンはステージにあがりサンミンに愛していると告げるという思わず顔がにやけてしまうようなエピソードが満載の作品だった。

マイ・リトル・ブライド 感想まとめ

韓国映画というと復讐系や大人の恋愛映画というイメージが強い。
しかし実はラブコメが主流で他の国の映画に負けないくらい可愛らしく味がある。
特にキュンキュンさせるような演出が上手で、時間をかけながら俳優の表情で相手に行為が募っていく様子を描くのがピカイチなのだ。
だから日本の女性も昔懐かしい淡い初恋を思いだし、韓国映画やドラマにはまってしまうのかもしれない。
しかしそれも納得できるほどの仕上がりなのである。
このキム・レウォンは最近日本でも人気の俳優で、演技力が高い。
比較的恋愛ドラマが専門で可愛い役柄が多い彼はファンが多いのも頷ける。
また国民の妹とも慕われているムン・グニョンは子役の時から有名である。
この2人の共演のラブコメと言われればはずれるわけもなく、十分に楽しむことができた。

Amazon 映画『マイ・リトル・ブライド』の商品を見てみる