映画『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』あらすじネタバレ結末と感想

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛の概要:『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』は、C・S・ルイスのファンタジー小説シリーズ『ナルニア国物語』第二作の実写映画。前作のナルニアから1300年後の時代を描く。

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 あらすじネタバレ

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛
映画『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 あらすじ【起・承】

ナルニアは、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの四人の王が白い魔女を倒し王国に黄金時代を築いてから既に1300年の年月が過ぎていた。
今ナルニアを支配しているのは、テルマール人。人も動物も一緒に生きていた時代はとうに過ぎ、今では動物たちは森に追いやられ、完全に人が国を支配している。
国を統治しているのは、ミラース。先代の王である兄を暗殺して幼い王子の摂政の地位を得た。先代の息子であるカスピアン王子は大人になり、ミラースに男の子が生まれた日に命を狙われる。
森に逃げ込んだカスピアンは、大昔からのナルニアの住民である動物たちに出会う。そこでカスピアンが角笛を吹くと、伝説の四人の王であるペベンシー兄妹が呼び出された。

四人は、自分たちが統治していた頃のナルニアとは全く違う今の状態に驚くが、カスピアンの話を聞いて彼の助けになることを決める。
ミラースとの戦いを前に、戦いにかけては経験も多いピーターはカスピアンと意見が合わずぶつかり合う。

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 あらすじ【転・結】

カスピアンとピーターを筆頭に、仲間はミラースと戦う。なかなか決着はつかず、ついにナルニア対テルマールの全面戦争に突入する。
危機を救ったのはまたしてもアスランだった。ルーシーによって見つけ出されたアスランは、森や妖精などの自然の力を引き出して戦いを勝利に導いた。

テルマール人を追いやったナルニアは、カスピアンを王に迎える。森へ追いやられた動物たちは元のようにナルニアでの明るい暮らしを取り戻した。
テルマール人の内、ナルニアの先住民に友好的な人々は残された。そうではない残りのテルマール人は、ナルニアに攻め込む以前に住んでいた場所へと移された。

平和なナルニアを取り戻し、四人の兄妹の役目は終わった。アスランは、ピーターとスーザンは大人になりはじめたので、もう二度とナルニアに来ることはないと告げる。
カスピアン王子と想い合っていたスーザンは、最後にキスを交わして別れる。四人はロンドンでの暮らしに戻っていった。

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:150分
  • ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー
  • 監督:アンドリュー・アダムソン
  • キャスト:ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル etc

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 批評・レビュー

映画『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

すべて救世主アスランまかせのお決まり展開

前作同様、今回もここぞという時に現れてナルニアを救うのはライオンのアスランである。王子であるカスピアンも、そして過去王として戦いの経験を積んでいたはずのピーターもほとんど役に立っていない。活躍を見せ、前作よりも成長していると思えるのはエドマンドとルーシーだけだ。ピーターとスーザンはこれを最後にナルニアからは離れる設定なのでその辺も意識されているのかもしれないが、あまりにも無能すぎる。ピーターは昔の栄光が忘れられずにじれったくイライラ、スーザンは何をするのかと思えばただ王子に恋しているだけ。
ミラースとの戦いでまずい局面になると困ったときのドラえもんよろしくアスランの登場である。ワンパターンでちょっとつまらない。

カスピアンの成長ぶりは次回作に期待

今作では伝説の四人の王とアスランに頼らなければ何もできなかったカスピアンだが、戦いを通して成長した。ラストでナルニアの王となったカスピアンだが、国のリーダーとしてどれだけの力量を見せるのかは次回作に期待したい。
カスピアン王子を演じたベン・バーンズは、予想以上にこの役で人気となった。原作にはないスーザンとのロマンスがあったりと、事前には想像もしなかった方面での活躍をみせた。(この設定はストーリー上余計だったとしか思えないが)

エドマンドとルーシーが光る

今回でも良かったと思えたのは、前作同様にエドマンドとルーシーのキャラクター。一番役に立っているし、成長している。エドマンドは過去の過ちを悔いて今回は自分の力で白い魔女を倒して勇敢さと正義感を見せ、ルーシーは相変わらず一番ナルニアを愛しているという気持ちが前面に出ているのがいい。

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 感想まとめ

新しいキャラクター・カスピアン王子も登場し、時代も変わったナルニア。前作を見て『ナルニア国物語』の設定に慣れた人も、今回は全く毛色の違う作品になっているのでやはり一筋縄ではいかないシリーズである。
今回も、テルマール人がイスラムと重ね合わされ、キリスト教の歴史が見えた。そもそも前作でアスランが一度死に、蘇ったのもキリストそのもの。子供が観るファンタジーとしてどこまで理解する必要があるかはわからないが、馴染みがない日本人にとっては大人でもちゃんと見ていないと気づかないことも多いのかもしれない。

Amazon 映画『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』の商品を見てみる

関連作品