映画『信長協奏曲』あらすじネタバレ結末と感想

信長協奏曲の概要:大人気漫画『信長協奏曲』のドラマが大ヒット、その結果生まれたのが映画『信長協奏曲』。キャストはドラマのままで、ドラマで描かれたストーリーの続編という形で制作された。

信長協奏曲 あらすじネタバレ

信長協奏曲
映画『信長協奏曲』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

信長協奏曲 あらすじ【起・承】

主人公サブローは、歴史についても特に詳しくない高校生。そんなサブローがある日突然、見ず知らずの場所で目を覚ます。しかも道端で、人気もない。携帯電話も圏外で、途方に暮れるサブローの前に現れたのは、馬に乗った男たちだった。そこで驚きだったのは、男の一人が自分と瓜二つ。男は、「自分は織田信長だ」と名乗り、病弱な自分と変わって織田信長を生きてくれと頼む。

そんな風にして、突如戦国時代にタイムトリップし、また織田信長として生きることになったサブロー。なんとか家臣の助けを借りながら、天下統一を目指し、戦のない世の中を作るために奔走していた。

そんななか家臣の一人の羽柴秀吉は、幼いころ自分の村を焼き討ちにした織田信長への復讐のチャンスをうかがっていた。彼は信長を亡き者にするために、家臣として表面上力を貸していたのだ。秀吉は、顔を隠している明智光秀こそが本物の織田信長であり、今信長として振る舞っている男が偽物だと気付く。そしてそれを利用して、織田家滅亡をたくらむ。

初めのころは、自分より周囲に慕われて、妻である帰蝶が彼を愛している様子を見てサブローに嫉妬心を燃やす信長だったが、次第にサブローの人柄に胸をうたれ、家臣としてサブローを支えていくことを決意する。しかし、秀吉はそれを許すわけがなかった。

信長協奏曲 あらすじ【転・結】

サブローを殺さなければ帰蝶や家族を皆殺しにする、と秀吉に脅される信長。仕方なく、帰蝶との結婚式をやろうと張り切って本能寺を飾り立てているサブローを襲撃した。しかし信長は、サブローを殺さずに、本能寺に火を放ってサブローを逃がす。やってきた秀吉に、信長はサブローの代わりに自分を殺せと言い、幼いころのことを詫びた。

無情にも信長を惨殺し、恨みを晴らした秀吉だったが、彼の執念はそこでとどまることなく、逃げたサブローを「反逆罪を犯した明智光秀」として追い詰める。帰蝶としばし逃げるも、万事休すとなったサブローは帰蝶を死なせないために、自ら秀吉の前にその身をさらした。自分の思いを多くの人々が継いでくれていると信じ、斬首に処されるサブローだったが、目を覚ますとそこは現代だった。

現代に戻って、平穏な日々を過ごすサブローのもとに、荷物が届く。彼の様にタイムトリップし、帰蝶に助けられた男からのものだった。そこには、タイムトリップの際持ち込まれたスマートフォンで撮影された帰蝶からのメッセージ動画が入っていた。

メッセージ動画で、帰蝶は、後の世がサブローのおかげで平和になったことを伝える。自分の思いがしっかりと形になったことを知り、自分の日々へとサブローは戻っていった。

信長協奏曲 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2016年
  • 上映時間:125分
  • ジャンル:歴史、ヒューマンドラマ、アクション
  • 監督:松山博昭
  • キャスト:小栗旬、柴咲コウ、向井理、藤ヶ谷太輔 etc

信長協奏曲 批評・レビュー

映画『信長協奏曲』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

キャストが豪華

何よりもキャストが豪華である。主演は小栗旬、ヒロインは柴崎コウ。サブローを支える家臣たちは、向井理、山田孝之、水原希子といった若手が並ぶ。時代劇にありがちな「似合わない」というがっかり感もなく、どのキャラクターもよく似合っていた。

山田孝之がすごい

山田孝之が演技派であることは有名だが、羽柴秀吉もすごかった。ただひたすら真顔で、恨みを晴らすことだけを冷徹にもくろむ男を演じていたが、怖いのなんの。その怖さの裏には、村を焼き討ちにされたことや母親の死など同情に値する出来事があったとわかっても、怖いものは怖い。鬼気迫る、とはこのことかと言わんばかりの演技だった。

特に頭を下げている信長を何度も何度も刺すシーンや、最後の斬首の際のシーン。必見である。「復讐は何も生まない」なんてことはわかってて、でもどうしようもないという、人間のある意味弱くて仕方のない部分を覆い隠すような、鬼の演技だった。

伝えたいテーマがはっきりしている

サブローの平和への一途な思い、といのがメインテーマであり、最初から最後までブレない。確かに戦のシーンのかっこよさ重視の演出や、現代に戻ってきた理由など突っ込もうと思えばいくらでも突っ込みどころはある。が、そんなことがどうでもよくなるくらい、サブローのキャラクターとその思いが強く強く観る人の心を打つ。

人間らしい

デフォルメはされていても、本物の信長の嫉妬、自分の死が歴史上決まっていることを知ったサブローの怯え、秀吉の感情の爆発、帰蝶のわがまま、とにかくキャラクターが人間らしい。デフォルメされてはいるが、人間の悲しくも愚かしい、そして愛しい部分がきちんと描かれている。

信長がサブローを逃がすシーンや、帰蝶との別れのシーン、帰蝶のメッセージ動画は涙なしには観ることができないので、ラストはただひたすら号泣しながら観る羽目になった。

信長協奏曲 感想まとめ

ああ良い映画だった、と思わず観た後につぶやいてしまう、そんな映画だった。こういう映画は、フィクションだからこそ荒唐無稽だからこそ、伝えたいことをはっきり前面に押し出して人に伝えることができる。そんな映画の力を存分に使った作品だった。

キャストのファン、という理由でもいいから気負わず観てほしい。子どもからお年寄りまで、観る人を選ばず、娯楽映画でいながら深いテーマ性のある良作と言える。

ちなみに私は原作を知らないのだが、じゅうぶんに楽しむことができた。

Amazon 映画『信長協奏曲』の商品を見てみる