映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」のネタバレあらすじ結末

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちの概要:その後何作も続編が発表される事になる大人気シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」の記念すべき第1作。ジョニー・デップが演じたジャック・スパロウは超人気キャラクターとなり、彼の代表作の一つとしても挙がる。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちの作品概要

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

公開日:2003年
上映時間:143分
ジャンル:アクション、ラブストーリー、アドベンチャー、コメディ
監督:ゴア・ヴァービンスキー
キャスト:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ etc

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちの登場人物(キャスト)

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)
七つの海をまたにかける大海賊。一年の殆どを海で過ごす為、陸に上がると陸酔い状態を起こす。
ウィリアム・ターナー・ジュニア(オーランド・ブルーム)
鍛冶屋の青年。エリザベスに恋しているが、身分違いの恋に気持ちを伝えられずにいる。
エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)
提督の娘という高い地位にいる女性。ウィリアムに恋をしている。
ヘクター・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)
ブラック・パール号の船長。自らにかかった呪いを解こうと躍起になっている。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちのネタバレあらすじ

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちのあらすじ【起】

舞台は今より昔の18世紀、まだ海賊が海に蔓延っていた時代のことです。カリブ海のとある場所にポート・ロイヤルという港町があり、そこにエリザベスという娘が住んでいました。提督の娘という恵まれた立場で生まれたエリザベスには、一つの宝物がありました。それは彼女が小さい時に、海で遭難していたところを助けられたウィルという少年が持っていたメダルです。その後ウィルはポート・ロイヤルで鍛冶屋として働いていました。実はウィルとエリザベスは密かに想いっていたのですが、あまりにも身分違いの恋にその気持ちを打ち明かすことはありません。

ある日、ポート・ロイヤルにジャック・スパロウという海賊が訪れました。女たらしのジャックは、美しいエリザベスを見てついつい手を出そうとします。それが提督の怒りに触れ、ジャックは捕らえられ、刑に処されることになりました。

しかし、ポート・ロイヤルを訪れた海賊はジャックだけではありませんでした。翌朝、ブラック・パール号という船の船長、バルボッサがポート・ロイヤルを襲撃したのです。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちのあらすじ【承】

バルボッサがポート・ロイヤルを襲撃した理由は、幼少期のウィルが持っていて、現在はエリザベスに渡っている金貨にありました。その事を知ったエリザベスは街の人を助ける為、金貨を渡すので即刻街から立ち去るようにという交渉を持ちかけます。しかし何とバルボッサは、金貨だけでなくエリザベスも連れ去ってしまうのでした。

愛するエリザベスを誘拐されたウィルは彼女の救出を試みますが、一人ではどうしようもない事も理解していました。そこでウィルは、エリザベスを共に助け出す事を条件にジャックを牢屋から脱獄させたのです。まず二人はトルツゥーガに立ち寄り仲間を確保しました。

一方、バルボッサがエリザベスを拉致した事にも理由がありました。実はバルボッサとその船員たちはある呪いにかかっており、その呪いを解く為には金貨と、その持ち主である人間の血が必要だったのです。しかし、儀式を行っても呪いが解ける様子がありません。それもそのはず、金貨の真の持ち主はウィルだからです。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちのあらすじ【転】

そんな事を知る由もないバルボッサは思わず動揺します。そしてその隙をついて、ジャックと共に追いかけてきたウィルがエリザベス救出に成功するのでした。しかし、ウィルは過去の経験から海賊を心の底から憎んでいました。そこで、エリザベスを助け出した今不要になったジャックを置き去りにして船を出したのです。

裏切られたジャックは、バルボッサに「本当の金貨の持ち主を知っている」と交渉を持ちかけます。そして手を組んだジャックとバルボッサの魔の手がウィルとエリザベスの乗るインターセプター号に迫ります。そして一斉攻撃を仕掛けたブラック・パール号は勝利を収め、金貨と持ち主であるウィルが拉致されてしまいました。

しかし、バルボッサにとって今度はジャックとエリザベスが用済みとなります。そこで彼は二人をとある孤島に置き去りにしてしまったのです。しかし、負けん気の強いエリザベスは何とか火を起こし、その狼煙を見たノリントンの船に救出されたのでした。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちのあらすじ【結】

ノリントンはかねてよりエリザベスに好意を抱いており、その事を知っていたエリザベスはもしウィルを助け出してくれれば彼と結婚すると約束をします。そしてエリザベスを手に入れる為、ノリントンの船はバルボッサのいる死の島へと向かいました。そこではバルボッサ率いる大群が待ち受けており、彼らは全面戦争へとなだれ込みます。

しかし、その身に受けている呪いのせいで不死身となっているバルボッサ軍団は、どれだけ銃弾を打ち込まれようが刀で斬られようが死ぬことはありません。その戦いの最中、ジャックはバルボッサに剣を突き立てられますが、息絶えることはありませんでした。実はジャックもまた、同様の呪いをその身に受けていたのでした。しかしそこでウィルが機転を利かします。ノリントン軍がバルボッサ達に銃口を構えた時、金貨と自身の血を使ってその呪いを解いたのです。一身に銃弾を受けたバルボッサ達は、とうとう命を落としました。

何とか街に戻った一行でしたが、ジャックの処刑が決定します。しかしウィルとエリザベスが彼を助け出し、ジャックはブラック・パール号に乗り込み再び自由気ままな旅に出るのでした。

Amazon 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』の商品を見てみる

関連作品

次作 パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ジョニー・デップ演じる、海賊ジャック・スパロウの引力に引き寄せられます。腰をクネクネさせながら、歩く登場シーンにはびっくり!軽口をたたきながら、上手く船を奪うところにも釘付けになります。ジョニー・デップが演じると、どんな役でも納得させられてしまう。

    本作にはそんなジョニー・デップの魅力が満載です。過去を一切語らないという点もキャラクターの魅力だったのですが、ギブスがあっさりエリザベスに話してしまいました。宿敵バルボッサに船をだまし取られたのも、そんな人の良さと油断が招いたのかもしれません。

    アクション・シーンも見どころです。特にオーランド・ブルーム演じるウィルとの剣を交えるシーン。舞うように軽やかです。”どこかで見たことのある顔だな?”とジャックが尋ねると、ウィルが”海賊とは付き合わない主義なんでね!”と返す会話がいい。
    どの角度から見ても、2人がかっこよく映るように計算されているので見応えがあります。ややジャックが押され気味だったようにも見えますが、2人にとって決着がつかないのがミソ。何度も巻き戻してみたくなります。

  2. 匿名 より:

    海賊映画は当たらない!そんなジンクスが数年前まであったそうです。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで、ジョニー・ディプは、自由な精神を持つ愛すべき海賊を演じてくれました。過去のどの作品よりも彼らしい演技だと思います。またイベントでは必ずジャックの扮装でファンと交流しています。

    本作の魅力は、役者の親和力と緊張感のあるアクション・シーンです。ウィルとジャックの剣を交えるシーンやノリントン大尉VS月下のバルボッサと仲間たち(骸骨)の船上での闘いが見どころです。テンポよく話が進み、飽きがこない展開も本シリーズの魅力です。
    本シリーズは4作目まで作られており、5作目からオーランド・ブルームが復活します。
    やっぱり、ジャックの相棒はウィルしかない!

  3. 匿名 より:

    「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のエルフ族レゴラス役で大ブレイク。クールで美形な彼に一目でトリコになった人も多いはずです。筆者もそんな一人ですが、ファンタジー映画だとより美形が目立つのではと感じています。本作では、キーラ・ナイトレイと共に運命の恋人を演じています。

    身分違いでお互い好意を持っていても、口にできないもどかしさ。注文された剣を提督に見せる時、自分が作ったと言えない弱さなどキュンとさせるシーンが多い。繊細な表現で柔らかく押してゆくのが、彼の演技の特徴だと思います。主張しすぎない点がまた、ジョニー・デップとの親和力を上げていますね。