映画『エスター』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「エスター」のネタバレあらすじ結末

エスターの概要:養子として引き取った少女エスターは、何かがおかしい。エスターから家族を守るため、母ケイトはエスターの正体を探り始める。原題は、孤児という意味の「ORPHAN」。

エスターの作品概要

エスター

公開日:2009年
上映時間:123分
ジャンル:サスペンス、ホラー、ミステリー
監督:ジャウマ・コレット=セラ
キャスト:ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン、CCH・パウンダー etc

エスターの登場人物(キャスト)

エスター(イザベル・ファーマン)
聖マリアナ女子孤児院で暮らしていた9歳の少女。手首と首のリボンを外すことを極端に嫌がり、古い聖書を持ち歩く。大人びていて、9歳とは思えないほど知識も豊富。ロシア出身で、エスターをアメリカに呼んだサリバン家は、火事で命を落としている。すべてに関して謎が多い少女。
ケイト・コールマン(ヴェラ・ファーミガ)
ダニエルとマックスの母で、ジョンの妻。3人目の子供ジェシカを流産し、セラピーに通うようになった。大学でピアノを教えていたが、辞めている。アルコール依存症だったが、酔っている間にマックスが湖に落ちたため、断酒会などには通わずに自力でお酒を断った。
ジョン(ピーター・サースガード)
ダニエルとマックスの父で、ケイトの夫。浮気した過去がある。養子のエスターが寂しくないよう、過剰に気を遣う。
ダニエル(ジミー・ベネット)
ジョンとケイトの息子。変わり者のエスターのせいで居場所を失ったため、エスターを嫌っている。妹のマックスのことを大切にしているが、手話は苦手。
マックス(アリアーナ・エンジニア)
ジョンとケイトの娘。生まれた時から耳が聞こえない。ろう学校に通っていて、手話で会話する。普段は、唇を読む手助けのために補聴器を着けている。家の近くの湖に落ちて死にかけたことがあるが、覚えてはいない。

エスターのネタバレあらすじ

映画『エスター』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

エスターのあらすじ【起】

娘ジェシカを流産したケイトは、悪夢にうなされるようになった。
そして、夫ジョンと相談して、養子を迎え入れることに決めた。
施設に行ったジョンとケイトは、他の子どもたちとは違う雰囲気の、ロシア出身のエスターという少女を引き取る事になった。

手話を覚えたエスターは、マックスと仲良くなる。
しかしダニエルは、エスターの事が気に入らない。

エスターはケイトが止めるのも聞かず、学校向けではないフリルがついたワンピースで学校に行く。
エスターは、学校でいじめられるようになる。
しかし首のリボンに触られたとたん、奇声を上げて騒ぎになった。

ある日、モデルガンで鳩を撃ってしまったダニエルに、鳩を天国に行かせるため、石で殴り殺すよう命じるエスター。
ダニエルが拒否すると、エスターが鳩を殺した。

ジェシカの灰を撒いて育てたバラをエスターに見せ、家族の日記を渡し、エスターも家族なのだと告げるケイト。

その日の夜、ジョンとケイトが半裸の状態でキッチンでいちゃついていると、エスターがのぞき見していた。
朝になってケイトが大人の事情を説明しようとすると、エスターは行為のすべてを理解しているようだった。

エスターのあらすじ【承】

休日、ジョンはエスターとマックスを連れ、公園に行った。
公園に来ていた、エスターをいじめていたブレンダは、エスターに突き落とされて怪我をする。

マックスとエスターを連れての買い物中、施設のシスター・アビゲイルからケイトに連絡が入る。
健康診断の書類が欲しいと言うが、エスターは歯医者を嫌っていた。
そしてブレンダの話になる。

その後、完璧にピアノを弾きこなすエスターを見たケイトは、違和感を感じはじめる。
しかし、ジョンは聞く耳を持たない。

シスター・アビゲイルが、コールマン家を訪ねてくる。
エスターには不幸がまとわりついているのだという。
前の学校では、問題が起こった場所には必ずエスターがいた。
エスターの前の家族、サリバン家は放火されて火事になったが、犯人は捕まっていなかった。

マックスを利用し、帰宅途中のシスター・アビゲイルを殺害したエスター。
手伝ったマックスを同罪だと言い、ばらしたら刑務所行きだと脅して口止めした。
凶器をツリーハウスに隠し、それを見てしまったダニエルも脅す。

エスターのあらすじ【転】

エスターを精神分析医に見せるが、問題はケイトにあると言われてしまう。

やがてシスター・アビゲイルの死体が見つかる。
エスターの問題を知るため、ロシアの孤児院に連絡するケイト。
どんなに探しても、エスターの記録は見つからない。

エスターはケイトと仲良くなりたいと言い、ジェシカのバラを積んだ。
ケイトは嘆き、思わずエスターの腕を掴んでしまう。
エスターは、万力で自分の腕の骨を折り、ケイトのせいで骨折したようにした。
我慢の限界だったケイトはお酒を買うが、飲む事はしなかった。

学校前でダニエルの荷物を落とさせ、その隙にサイドブレーキを動かしたエスターは、マックスを命の危険にさらした。
ケイトがお酒を買った事も発覚し、家庭は離婚の危機になる。

マックスから、ツリーハウスに隠した凶器の話を聞いたダニエルは、それを取りに行く。
しかしエスターは、ダニエルをツリーハウスに閉じ込め、火を放った。

ケイトは、エスターの聖書に出所の孤児院に連絡をする。
しかしそこはエストニアの精神病院だった。

ケイトが孤児院のシスターに連絡している間に、ダニエルはツリーハウスから落ちて、エスターに殺されかけた。

エスターのあらすじ【結】

ダニエルを救ったのはマックスだった。

ダニエルは病院に運ばれ、一命を取りとめた。
ケイトは、自分は家を出ていくから、エスターも追い出してほしいとジョンに頼む。
2人が言い争っている間に、ダニエルは再びエスターに殺されかける。
パニックを起こしたケイトは、鎮静剤を打たれて病院に泊まることに。

マックスとエスターを連れて家に帰ったジョン。
するとエスターは大人びた恰好をして、ジョンを誘惑する。
ジョンはエスターを拒絶した。

ケイトに、エストニアの精神病院から連絡が入る。
エスターは少女ではなく、リーナという33歳の女性だった。
特殊な病気で子供にしか見えないリーナは、養子として家に入り込み、夫を誘惑して拒絶されては殺害し続けていた。
首と手首のリボンは、拘束着の跡を隠すものだった。

急いで家に帰るケイト。
子供のふりをやめたエスターは、ジョンを殺害。
マックスも殺そうとしていた。

銃を手にしたエスターからマックスを守るため、ケイトは必死に戦い、エスターは死んだと思われた。
しかしエスターは追ってきて、ケイトとマックスを殺そうとする。

もみ合いの末、エスターは湖の底に沈んだ。

Amazon 映画『エスター』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    この映画の見せ場は、エスターが豹変する姿と、一人の少女に翻弄される家族の様子です。
    エスターが9歳の少女から33歳の女性に戻るシーンは、特殊メイクの腕もさることながら、当時12歳のエスター役のイザベル・ファーマンの演技力もずば抜けていると思います。

    そして、ホラー映画オーメンのダミアンのように「悪魔に憑かれた不幸を呼ぶ少女」という展開と思わせておいて、実は少女の姿をした33歳の凶悪犯、という展開になるストーリーが斬新です。
    別エンディングが存在していて、湖から生還したエスターは再び化粧で傷をごまかし、警察に向かってきちんと挨拶をして堂々と逃げるのですが、これは後味が悪くて嫌です。
    別エンディングはDVD特典に入っており、未公開シーンと共に鑑賞できます。

    また、マックス役のアリアーナ・エンジニアは本当に聴覚に障害があり、作中の手話と読唇術は作品のために覚えたものではなく、本人が普段から使っているものなんです。

  2. 匿名 より:

    ケイトが大切にしていた、ジェシカの遺灰を撒いて育てたバラを摘み取り、ケイトにつかまれた腕の骨を自分で折るということまでしますが、ここまでするのは恐るべき執念としか言いようがありません。

    ラストで夫ジョンを殺され、ダニエルとマックスも危険にさらされたケイトと共に湖に落ちてからも、彼女の執念やケイトへの憎悪は消えません。
    後ろにナイフを隠しながら「助けてママ」と言うエスターですが、それを同じ世代であろうケイトに「あんたのママじゃない」と蹴られながら言われるシーンには納得ですし、今までドロドロとしていたストーリーをスッキリと感じさせる爽快感があります。

    ジョンは亡くなりダニエルは病院のICU、マックスの心も傷ついたでしょうしケイトも心身傷だらけですが、この一言と派手な蹴りはなぜか笑いを誘います。

  3. まきまき より:

    そう何度も見たい映画ではありませんが、とても面白いですよね。
    「あっ、そうきたか!」という感じです。予想もしていませんでした。
    本当にエスター役の彼女の演技力がすごい。圧巻です。
    何気にマックス役の子もあんな幼いのにすごいですね。
    心残りは安否が気にされるお兄ちゃんです…生きてて欲しい…。

  4. 匿名 より:

    エスターは、珍しいホルモンの病気から、外見が子供に見える女性でした。
    9歳の女の子として養子縁組を受け、養父に恋愛感情を持って接し、拒否されるとその一家を惨殺しては生き残った女の子として再び養子縁組を待つ、恐ろしい殺人鬼だったことがエストニアの医師からの知らせで明らかになります。
    その会話の中で、病院で暴れて手がつけられなかったために拘束した事があった。その時についた傷が首と両手首にある、とケイトが説明を受けると、シーンが変わってエスターがリボンを外し、傷跡があらわになります。
    そして、濃いメイクと大人びたドレスで鏡の前に座り、ジョンに拒否されたショックで泣きながらメイクがゆっくり崩れて、隠されていた33歳のリーナが現れてくるという、9歳から33歳への切り替えは素晴らしく、エスターという人間が見事に表現されています。

    当時11歳から12歳のエスター役、イザベル・ファーマンの演技力、特殊メイク、演出の全てが凝縮されたシーンです。
    また、ダニエルが運び込まれた病院で、ジョンの母に無垢な笑顔を向けたエスターが、一瞬の光の点滅の後に無表情になり、ダニエルのもとへ向かい殺人をしようとする、この切り替えも素晴らしくできています。