映画『CUBE(キューブ)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「CUBE(キューブ)」のネタバレあらすじ結末と感想

CUBE(キューブ)の概要:目覚めると、彼らは立方体の部屋にいた。低予算で制作されたとは思えない、まさに発想の勝利というべきホラー作品。果たして、参加者は無事その謎の空間から抜けだすことができるのか。

CUBE(キューブ)の作品情報

CUBE(キューブ)

製作年:1997年
上映時間:91分
ジャンル:ホラー、サスペンス
監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
キャスト:モーリス・ディーン・ウィン、ニコール・デ・ボア、デヴィッド・ヒューレット、ニッキー・グァダーニ etc

CUBE(キューブ)の登場人物(キャスト)

クエンティン(モーリス・ディーン・ウィント)
部屋に閉じ込められた一人で、警察官。感情の起伏が激しく、暴力的な一面がある。
ハロウェイ(ニッキー・グァダーニ)
部屋に閉じ込められた一人。精神科医の女性で、クエンティンからカザンを守る。
レブン(ニコール・デボアー)
部屋に閉じ込められた一人。女子高校生で、数学に強い。
レン(ウェイン・ロブソン)
閉じ込められた一人。今まで、いくつもの刑務所を脱獄してきた脱獄のプロ。
ワース(デヴィッド・ヒューレット)
閉じ込められた一人。周りには秘密にしているが、この謎の建物の建設に携わった。
カザン(アンドリュー・ミラー)
閉じ込められた一人で、自閉症。しかし、実はとんでもない特技を持っていることが判明する。

CUBE(キューブ)のネタバレあらすじ

映画『CUBE(キューブ)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

CUBE(キューブ)のあらすじ【起】

彼らは目覚めると、見覚えのない立方体の部屋にいた。彼らは共通性のない全くの他人で、なぜ自分達がここにいるかの検討もつかない。そんな状態で閉じ込められていたのは、警察官で現在妻と別居中のクエンティン、皆には隠しているものの、この建物の外壁を設計したワース、数学の天才である女子高生のレブン、精神科医師であるハロウェイ、そして、脱獄の天才であるレンの5人だった。

部屋の各側面には扉が設置されており、ここにいてもどうしようもない、と彼らは出口を探すためその立方体の部屋を出ることになった。彼らを率いるのは、数多くの刑務所を脱獄してきたレンである。何がしかけてあるか分からないその場所を、レンは慎重に進んでいく。

そんな頼りになるレンの後に従い、いくつかの部屋を抜けた5人は、一人の男性が部屋の隅っこに縮こまっているのを発見した。彼の名前はカザン。自閉症を患う男性だった。カザンを含め6人になった一行は、ゴールを目指し扉を開き続けるのだった。

CUBE(キューブ)のあらすじ【承】

レンを筆頭に順調に進んでいた一行。しかし、とある部屋に入った瞬間、なんと酸がレンの顔に吹きかかったのだ。酸を真正面から受けてしまったレンは、顔の殆どを溶かされ死亡してしまう。

希望の綱であったレンを失い、一行は途方にくれる。しかし、その部屋にずっと居座っていても助かる術はない。そんな時だった。彼らは各扉の前に、3桁の数字が書いてあるプレートが設置されていることに気がつくのだった。そのプレートを見ていた数学の天才、レブンは、3つの数字のどれかに素数が含まれている部屋が罠のある部屋である、という仮説を立てる。

その仮説のもと順調に進んでいた一行だったが、しかし、その仮説はやがて崩されることとなる。ここまで来て、彼らは手がかりを失ってしまったのだ。彼らが部屋で目覚めてから既に10時間ほどが経過しており、彼らのストレスはピークに達していた。そんな中、クエンティンがフラストレーションを爆発させ、周囲に当たり散らすようになっていった。彼の怒りの矛先は主に役立たずのカザンで、ハロウェイはそんなカザンを必死に守るのだった。

CUBE(キューブ)のあらすじ【転】

そんな時、ワースが衝撃の告白をする。それは、今まで他の5人に隠していた、彼がこの建物の外壁の設計に関わっていたということである。ワース曰く、この建物は立方体の計17576の部屋から構築されており、その中で出口はたった一つだと言う。

これだけ多くの部屋から出口を探すことは、とても不可能のように思われた。失意のどん底に落ちながらも、彼らは部屋を移動する。いつの間にか、彼らは建物の上階に辿り着いていた。彼らは、壁を伝って降りることができないかと考え、身体の軽いハロウェイが皆の洋服を繋いだロープを伝い、探索を行う。

しかし、その途中ハロウェイが落ちかけてしまう。咄嗟に、ハロウェイの手首を掴んだのはクエンティンだった。ホッとするハロウェイだったが、なんと、クエンティンはわざとその手首を話したのだ。クエンティンはハロウェイを煩わしく思っており、これを好機と彼女を殺したのである。そして、他のメンバーには、ハロウェイを助けられなかった、と悔しそうに告げるのだった

CUBE(キューブ)のあらすじ【結】

メンバーを失いながらも、彼らは進み続けた。そうして、彼らはとある事実に気がついた。なんと、この17576個の部屋は移動しているのである。正しい部屋に入っていれば、そのまま部屋が出口へと自動的に向かう仕組みになっていたのだ。

そして、彼らは例の扉前に書かれていた3つの数字についても読み解いた。それは、素数ではなく因数が鍵となっていた。しかし、3桁の因数を求めるには莫大な時間がかかる。そんな時、ふとカザンが口を開く。なんと、彼は数学の天才で、一瞬にして因数を求めることができたのだ。

しかし、クエンティンのフラストレーションがとうとう爆発した。周りに暴力を振るう彼を置いて、ワース、レブン、カザンは3人で移動をする。そして、3人はとうとう正解の部屋にたどり着いた。あとは、待っていれば自動的に出口へと向かうことができる。しかし、そんな時、怒りで我を失ったクエンティンが襲いかかり、レブンを殺してしまったのだ。クエンティンはそのままカザンにも襲いかかるが、重症を負ったワースがそれを阻止する。クエンティンは命を落とし、カザンだけが、光溢れる出口へと向かうことができたのだった。

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①つれて来られた理由についての考察

    作中でも、なぜこのメンバーが連れてこられたのか、建物はいったい何なのか憶説が飛び交っています。
    ハロウェイは陰謀説、黒幕がいるとこだわります。
    CUBEの外壁の設計をしたワースは、最初は何かの目的があった施設だが、使い道がなくなったから人を入れただけだと言います。

    ハロウェイの陰謀説は飛躍しすぎていますし、ワースの話では、わざわざ服を着替えさせたり意識を失わせて連れてきたり、レブンのメガネだけをヒントのように置いていった説明がつきません。
    おそらく密室に閉じ込められた人間がどのような行動にでるのかという実験か、お金持ちの道楽として何人生き残るかという賭けのようなものだと考えられます。

    レブンのメガネというヒントから始まり、脱獄のプロのレイ、設計者ワース、医者ハロウェイ、体力のある警官クエンティン、数学の天才カザンという6人が選ばれた説明はつきます。
    しかし明らかにならない謎、生きたいと宣言した次の瞬間には命を落とすレブンなど、後味が悪い不条理な結末こそが、この映画の醍醐味であるとも考えられます。

    ②不条理映画で有名な監督のデビュー作ならでは

    この作品は、ひとつの立方体のセットのみで行われ、部屋の色やトラップの有無で、多くの部屋があるように見せています。
    他にはCGを使い、出演者も最初にトラップにかかった一人の男性を含め7人だけなので、低予算で作ることができた映画なのです。

    しかし、独特の撮影方法や様々なトラップ、暴力的になって追いかけてくるクエンティンから逃げなければならないため、見ている側も閉塞感を感じつつ、楽しめるのです。
    ですが最初に出てきてトラップにかかる男性を始め、グロテスクなシーンが多いのが、この映画の難点です。

    出口へとつながる部屋が最初にいた部屋だとレブンのメガネの破片でわかるのは、後味を悪くするための絶妙なスパイスになっているのではないでしょうか。
    そして外の世界で生きる意味が無いと言うワースに、それでも生きていくと告げるレブンがクエンティンによって命を奪われるのは、この映画で最も後味の悪いシーンです。
    その暴力性に支配されたクエンティンもワースに引き止められ、出口にはさまれたままになるのは、因果応報という言葉がぴったり。

    生き残ったカザンがひとり、出口の光の中へ進んでいくシーンには、圧倒的な美しさを感じます。

  2. まきまき より:

    キューブ凄く好きです。ハラハラしました。
    シリーズありますが個人的にですが最初の1が一番好きですね…。

  3. 匿名 より:

    グロテスクなシーンの存在から、好みが分かれるであろう「CUBE」。
    監督は違うのですが、続編「CUBE2」「CUBE ZERO」も公開されています。
    しかし、肝心な謎がすっきり解決する作品はありませんし、独特の不条理感を楽しみたいのなら、ヴィンチェンゾ・ナタリ作品が一番です。

    途中から登場し、天才的な計算術を見せるカザンは、「レインマン」でも有名なサヴァン症候群ではないかと思われますが、医師であるハロウェイは何も指摘しないので、これも謎のうちのひとつです。
    スマートフォン用の脱出ゲームアプリが数多くありますが、それが好きな場合は、CUBEも楽しめると思います。

    因みに、低予算で作られたと有名なホラー映画「パラノーマルアクティビティ」の制作費は日本円で約135万円、「CUBE」は約5千万円なので、お金をかけずに作られたサスペンス映画も十分面白いと言えるのではないでしょうか。