映画『ペーパー・ムーン』あらすじネタバレ結末と感想

ペーパー・ムーンの概要:1973年制作のアメリカ映画。原作は「アディ・プレイ」という小説で、聖書を販売する詐欺師と交通事故で母を亡くした少女との心の交流を描いたロードムービーである。

ペーパー・ムーン あらすじネタバレ

ペーパー・ムーン
映画『ペーパー・ムーン』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ペーパー・ムーン あらすじ【起・承】

1930年代のアメリカは誰もが裕福な暮らしをしている訳では無かった。
9歳のアディは、母親を交通事故で亡くした。
その母親の葬儀に出席していた男がいる。
彼の名前はモーゼと言い、未亡人をターゲットに聖書の販売をしていた。
所謂詐欺師である。
母を失ったアディの近しい身よりは、ミズーリ州というところに暮らす叔母だけだった。
偶然モーゼがミズーリ州に行くと知った親族は、アディをそこまで送り届けてくれないかと尋ねる。

男は渋々引き受けた。
その道中、モーゼはアディの母親を交通事故に遭わせた本人のもとへ。
適当な事を言い、示談金200ドルをせしめる。
アディがそのことを知った時にはモーゼは金を使ってしまった後だった。
彼女はその金を稼いで自分に返すように言った。

ペーパー・ムーン あらすじ【転・結】

モーゼの詐欺師の手口は見事だった。
間近で彼の詐欺を観ていたアディは次第に彼の手伝いをするようになり、金を共に稼いでいく。
しかしモーゼの短所は浪費癖にあった。
女や酒に使い込みすぐに稼いだ金は亡くなってしまう。

ある日二人は酒の密売取引の場に遭遇。
男が密売の酒を受け取り積み込んだ車からこっそり全部盗んだモーゼは、何知らぬ顔でまた同じ男に同じ酒を売りつけた。
ばれずに成功したモーゼ達は大金を手にする。
しかし悲劇はここから始まる。
モーゼ達が目をつけた密売人の兄弟は保安官で、その一部紫綬を知った保安官に逮捕されてしまった。
刑務所を抜け出したアディとモーゼ。
しかし執拗に追ってくる保安官に捕まり、金を持っていかれる。

一文無しになったモーゼは、ミズーリ州の叔母のところに出向きアディを返すことにした。
その叔母は金に困っていなく、アディは十分な環境で暮らすことが約束された。
自分に優しくしてくれる叔母の元で幸せを手に入れたはずだったアディは、その家を飛び出してしまう。
そして再びモーゼの元に戻った。
二人はまた共に旅を始めるのであった。

ペーパー・ムーン 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1973年
  • 上映時間:103分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
  • キャスト:ライアン・オニール、テイタム・オニール、マデリーン・カーン、ジョン・ヒラーマン etc

ペーパー・ムーン 批評・レビュー

映画『ペーパー・ムーン』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

名作ぶっている雰囲気映画

本作品を名作だと騒いでいる人が割と多い。
期待をしてみるとそうでもないというのが正直な感想だ。
年の離れた友情をテーマに描いているわけだが、これといって変わり種のストーリー展開が待っているわけでも、大きな大騒動が繰り広げられる訳でも無い。

画面は白黒でハイセンス感が漂う撮影の仕方ではあるが、この時代の作品と言えばみんなこんなものであるとも言える。
若干10歳にしてアカデミー賞に輝いた少女が話題になったのと、出演しているこのおじさんと少女が実の親子であることが有名であることくらいだ。

いつからか本作品を見ているとオシャレというイメージが強くなった。
可愛らしいジャケットのDVDはいかにもアメリカの良い時代の名作を伺わせる。
私から言わせると名作ぶっている映画というところだろう。
評価ばかりが一人歩きしてしまった代表例だ。

ラストシーンの好き嫌い

この映画はラストシーンが見所であろう。
金のなくなった男が少女を本当の叔母に引き渡すのだ。
この叔母が金持ちで、しかも優しい。
再び男の元に戻ることは意味がないのだが、少女は敢えて彼の元に戻る。

それなりの贅沢や将来の安定が約束されているのに、男と共に過ごした時間が愛着を持たせているのだろう。
ここにぐっとくるか、何故?と思うか好き嫌いが分かれるところでもある。
鑑賞者によって感想が変わりやすい作品である。
個人的には良い終わり方であったとは思うが、アメリカ映画にありがちであるというイメージ。

ペーパー・ムーン 感想まとめ

映画というものは意見が様々で面白い。
誰もが名作と言う作品にはほとんど出会えないからだ。
本作品のように名作と謳われていても、たいした事無いと思ってしまう人間もいる。

年の離れた大人と子供の友情。
普遍的なテーマではあるが何か物足りない。
いかにもすぎて楽しめないのだ。
これを見るならチャップリン映画を見た方がよっぽど面白いかもしれない。

どこか変わっている作品が名作だとは思わないが、基本的には見所に波がある作品が好ましい。
最初から最後まで流れているだけの作品は面白みが無いのだ。

Amazon 映画『ペーパー・ムーン』の商品を見てみる