映画『真実の行方』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「真実の行方」のネタバレあらすじ結末

真実の行方の概要:怪演、エドワード・ノートンのデビュー作にして代表作。デビュー作とは思えないほどの、圧倒的な演技力に、あなたは必ず引き込まれる。オチの全く読めない素晴らしいストーリー構成にも脱帽。

真実の行方の作品概要

真実の行方

公開日:1996年
上映時間:131分
ジャンル:サスペンス
監督:グレゴリー・ホブリット
キャスト:リチャード・ギア、ローラ・リニー、ジョン・マホーニー、アルフレ・ウッダード etc

真実の行方の登場人物(キャスト)

マーティン・ヴェイル(リチャード・ギア)
目立つことが大好きな弁護士。世間の注目を浴びたいがゆえに、今回の大司教殺人事件の弁護士を買って出る。
アーロン・スタンプラー(エドワード・ノートン)
大司教を殺した容疑者として逮捕された青年。しかし、彼には事件当時の記憶がなく、それにはとある理由があった。
ラシュマン(スタンリー・アンダーソン)
世間に愛されていた大司教だが、殺害されてしまう。なぜ、彼は殺されてしまったのか。
モリー・アーリントン(フランシス・マクドーマンド)
精神科医。アーロンの失われた記憶を取り戻すため雇われた。
リンダ・フォーブス(アザレア・ダヴィーラ)
アーロンと同じく、ラシュマンの侍者を務めていた女性。アーロンにとっては大事な人物らしく…?

真実の行方のネタバレあらすじ

映画『真実の行方』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

真実の行方のあらすじ【起】

ある日、国を揺るがす大事件が突如として起こった。大司教であるラシュマンが、遺体となって自室で発見されたのだ。その凄惨な死に様から、ラシュマンは自殺ではなく明らかに第三者に殺されたということが見てとれた。

警察は、急いでラシュマンを殺した犯人を捕まえようと動き出す。しかし、思っていたよりも早く、その犯人は逮捕された。その犯人はアーロンという、まだ19歳の青年だった。彼は血まみれの姿で隠れているところを、警察に見つかったのだ。そして、アーロンとラシュマンには繋がりがあった。アーロンは少年の頃より、ラシュマンの侍者という役割を担っていたのだった。

侍者が大司教を殺害したというこの恐るべきニュースは、たちまち全土に伝わった。そして、誰よりもこの事件に関心を持つ男がいた。それは、マーティンという弁護士だった。マーティンは非常に能力のある弁護士でありながら、目立つことが何より好きという厄介な性質を持っていた。

真実の行方のあらすじ【承】

一方、アーロンは裁判にかけられることになる。しかし、明らかに犯人であることが分かりきっているアーロンの裁判を担当しようという弁護士などどこにもいない。そこで、マーティンがアーロンの弁護士として立候補したのだ。今世間で一番の注目を浴びているこの事件を担当すれば、自らへの注目度も大幅にあがるからだ。

そして、マーティンは初めてアーロンと面会する。すると、アーロンが重要な証言をした。なんと、大司教が殺されたあの時、部屋には二人以外の人間がいたというのだ。しかし、アーロンの記憶は曖昧で、それを証拠とするには無理があった。しかし、重要な証言であることは間違いない。マーティンは精神科医のアーリントンに、アーロンの失われた記憶を取り戻してほしいと依頼するのだった。

それからしばらく、アーロンとアーリントンのセッションが行われた。そのセッションの中で、アーロンはとある人物の名前に大きく反応する。それは、リンダという女性の名前だった。

真実の行方のあらすじ【転】

その頃、マーティンも独自で調査を行なっていた。そして、アーロンの部屋にとんでもない物を見つけるのだった。それは、大司教がアーロンと、先程アーロンが反応したリンダという女性を犯す動画だった。大司教はこれらの行為を、悪魔払いと称して少年少女達に強要していたのである。

テープを見たマーティンは、アーロンが復讐のために大司教を殺害したと確信を持ちアーロンに詰め寄った。アーロンは否定するものの、マーティンはそんなアーロンを信じようとはしない。その時だった。アーロンが急にマーティンを殴り飛ばしたのだ。アーロンは気弱な人物で、到底そういった暴行に及ぶ性格ではない。なんと、アーロンには『ロイ』というもう一人の人格があったのである。

アーロンは、多重人格者だったのだ。気弱なアーロンとは裏腹に、ロイは非常に好戦的な人物だった。その様子を見ていたアーリントンは、今回の事件を起こしたのはアーロンではなくロイだったのではないかと考える。そして、別人格が起こした事件を、当のアーロンは覚えていないのだった。

真実の行方のあらすじ【結】

多重人格ということが認められれば、アーロンは責任能力なしと判断され、少なくとも有罪になることはない。しかし、この事実に気づくのが少々遅かった。今までの裁判でアーロンの無実を訴えてきたマーティンが、急に彼の二重人格説を持ち上げることはできないのだ。

そこで、マーティンは強行手段にでることにする。それは、裁判中にロイの人格を無理やり呼び覚ませ、彼の二重人格を人々の目に晒すことだった。そして、マーティンはそのために多くの罠をしかけ、見事裁判中にロイを引きずり出すことに成功する。二重人格であることが認められたアーロンは、牢屋ではなく精神病院に移されることになる。

マーティンは、最後にアーロンに面会をした。すると、アーロンがなぜか覚えているはずのない、ロイの時の記憶を口にしたのだ。そして、ロイは口元に歪んだ笑みを浮かべた。実は、元々存在していなかったのは『アーロン』の人格なのである。ロイは、大司教を殺し、二重人格を装うことでまんまと刑を逃れたのだ。事実を知ったマーティンだが、最早どうすることもできず、愕然とロイを見送るしかなかったのである。

Amazon 映画『真実の行方』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    この作品公開当時、アーロン役はレオナルド・ディカプリオが熱望したとして知られていた。
    それを奪い取り一躍スターダムに登りつめたのがノートンだった。

    特に映画のラストシーン。アーロンの化けの皮が剥がれる所は、ディカプリオが演じたとすれば、観客は意外性を感じなかっただろう。
    当時役者として無名かつイエール大学卒の秀才とだけ知られていたノートンが演じたからこそ、あのラストは観客を震え上がらせる事が出来た。
    ノートンの今後のキャリアを位置づける決定的な一作となったという点では、この作品見逃せない上に、ストーリー構成もあきさせないのでお勧めである。

  2. 匿名 より:

    ①大司教の裏の顔

    ジャネットは、教会の図書でアーロンが読んだと思われる本の謎の一文を発見する。
    それは、ナサニエル・ホーソンの『緋文字』の頁で、内容は『2つの顔を持つ者はどちらが本物かをやがて忘れてしまう』というものだった。
    もしかするとアーロンは二重人格者なのではないか、別の人格が出た場合の記憶は一切ないのではないかとマーティンに詰め寄るジャネット。

    マーティンは、大司教の一件を洗いなおすと、アーロンの部屋に忍び込んだ事があるという青年アレックス(ジョン・セダ)に出くわす。
    彼はマーティンに、その時大司教が行なっていた『悪魔祓い』の様子をビデオに映し出していた。そこにあったのは大司教が人々から慕われていた全く『別の顔』だった。

    大司教から性行為を強要され、アーロンは大司教を殺したとすれば、話の筋は合う。マーティンはショックを隠しきれなかった。

    ②アーロンの二重人格の意味とは

    最終公判で、マーティンは『賭け』に出る。
    ジャネットにわざとアーロンを動揺させるような揺さぶりをかけ別人格である『ロイ』を表面に出すという方法だった。
    アーロンは、激しく同様し別人格を露見させ法廷は収支が着かなくなり、アーロンは精神異常者として収監される事となった。

    しかしそれは、アーロンの『芝居』だった事は、マーティンが知るよしもなかった。

    ③アーロンの目的とは

    アーロンは『ロイ』という別人格になっている間は『記憶がない』と言い張っていた。
    しかし収監された後、マーティンに『検事さんによろしく』と皮肉めいた笑いを浮べつぶやいた。

    最初から『アーロン』という人格は存在しない、貴方なら気がついてくれたはずだと、笑うアーロン。
    大司教もリンダも最初から殺すつもりだったのにと、せせら笑うアーロンの姿を目の当たりにして、うなだれるマーティンの姿で映画は終わる。